Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験したからこそ、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

ACTをはじめる

こんにちは!

人生を自然で豊かにするヒントを紹介していくブログ「Restart with True Engine」のぐっちです!

 

久々に僕の主治医の精神科の原井先生の話。

関連記事:

あなたは断薬できません!向精神薬断薬のスペシャリストに会いに行く。 - Restart with True Engine

 

僕が7月に扁桃炎になって、

8月は新型コロナ対策部署で働いて、

9月は扁桃炎と副鼻腔炎になって、

かなり身体のコンディションは落とした。

3年前の僕なら、高確率でメンタルのコンディションを落としててもおかしくなかった。

それが、今回はメンタルのコンディションを崩さなかったのは、

自分のできる対処をしたら、一つひとつの現象を掘り下げずに手放していったから。

 

自己啓発の原点と言われるアドラー心理学もそういう考え方らしいので、「嫌われる勇気」でも読んでみようかと原井先生に言ったところ、

 

「精神科医の立場から言うと、アドラーに限らず、あらゆる人が同じことを言っていますね」

「それこそ、仏教、ブッダもそう言ってます」

「そういうぐっちさんにオススメの本はこれです」

 

 

原井先生も訳者に入ってます。

ACT(アクト)とは、“アクセプタンス&コミットメント・セラピー”のことだそうです。

アクセプタンス、心理的な受容に重きをおいた、新時代の認知行動療法だとか。

原井先生の病院で買えたので、さっそく購入。

Amazonに書かれてる紹介によると、

今までの心理療法が、人間の苦悩を変化させようとしたり、除去しようとして、どれだけ成功したでしょうか。ACTにおいては、私たちはなぜ悩むのか、精神的に健康であるということは何なのか、と言いうことに新たな見方を提供します。苦悩は、避けられないもので誰にでもあるものです。だから苦悩を避けようとかコントロールしようとすることが、さらなる苦悩の原因となり、問題が長引き、生活の質を破壊します。ACTでは、苦悩のように個人のコントロールの出来ないものをアクセプト(受け入れ)し、自分の求める生き方を自覚し、生活を豊かにする方法を提供します。

とな。

なかなかおもしろそう^_^

 

ただ、おもしろかったのはその後の原井先生の話。

 

「こうして新しい技法は次々に発明されていますが、本質的には同じなんですね」

「看板をすげかえて新しい本を出してビジネスしてたりもするし」

「新しい技法が次々発明されても、人間関係の悩みがなくなるわけではないよね」

「はっはっは」

 

まさにそうなんですよ。

それこそが本質

なんだと。

人間の悩みはなくならない

ってことです。

ACTもその前提に立っているんだと思いますが、悩みをなくすことにエネルギーを浪費しない。

悩みをなくすことは、個人の人生の主題じゃない。

じゃあ人生の主題はなんだろう。

ここに、クリエイティビティーを使っていく。

すぐには軌道修正できないけど、気づいて、ベクトルを変える。

 

しだいに、人生の主題に使うクリエイティビティーが大きくなっていく。