Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験したからこそ、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

GoTo保健農園フフ山梨!

こんにちは!

人生を自然で豊かにするヒントを紹介していくブログ「Restart with True Engine」のぐっちです!

 

いえい!

SUPヨガに続いて、山梨にココロとカラダをととのえに行ってきました!

GoTo保健農園ホテルフフ山梨。

東京からたったの1時間。

 

f:id:ketoraaa:20201116212340j:image

新宿から30分もすると景色が一変。

塩山駅で降りて、武田信玄公がお出迎え。

f:id:ketoraaa:20201116212505j:image

駅から送迎車で20分。

山の中腹にホテルはあります。

f:id:ketoraaa:20201116212541j:image

 

ここも1年前くらいに友人に聞いてから「いつか」いきたいと思っていた場所。

「いつか」を「いま」に。

GoToありがとう。

 

もう何よりも、場所がいい。

このホテルからの富士山は、「関東の富士見百景」というのに選ばれているそうですが、息をのむ美しさです。

 

ホテルから見える富士山が、一瞬一瞬、姿を変える。

f:id:ketoraaa:20201116212938j:image

f:id:ketoraaa:20201116212640j:image

f:id:ketoraaa:20201116212819j:image

f:id:ketoraaa:20201116213024j:image

ひとつも、同じ一瞬はない。

普段は意識することのない地球の動きを感じることができます。

“地球の生命の躍動感”とでも言うのでしょうか。

 

それから、ホテルの作りが立体的でかなりユニークです。

ちょっと迷うくらい。

夏だったらバルコニーで本読むね!

f:id:ketoraaa:20201116213230j:image

f:id:ketoraaa:20201116215108j:image
f:id:ketoraaa:20201116213234j:image
f:id:ketoraaa:20201116213225j:image
f:id:ketoraaa:20201116213237j:image
f:id:ketoraaa:20201116213241j:image

ボクの経験では、人は立体的な空間に放り込まれると、嫌が応なく五感を刺激される。

子供がジャングルジムが好きなのはそれが理由じゃないかと思ってます。

知らんけど。笑

 

もう一つユニークなのは、宿泊にプログラムがセットになっていること。

朝7時と夕方5時。

あとは、ボクの大好きなジャム作りまで。笑

関連記事:

【暮らし】生活のたのしみ。五感を刺激するいちごジャム作りの快感 - Restart with True Engine

しかも、贅沢にも巨峰ジャム。

f:id:ketoraaa:20201116213346j:image
f:id:ketoraaa:20201116213319j:image
f:id:ketoraaa:20201116213310j:image

f:id:ketoraaa:20201116215650j:image

↑映えるように撮り直し。笑

ジャム作りながら富士山がみえる。笑

f:id:ketoraaa:20201116213418j:image

ボクは2泊3日の滞在で、

マインドフルネス

チネイザン

操体法

座禅

を体験。

けっこう盛りだくさんです。

やっぱ操体法の発想はおもしろい。

関連記事:

カラダと仲直りするシンプルな方法 - Restart with True Engine

f:id:ketoraaa:20201116213504j:image
f:id:ketoraaa:20201116213459j:image

朝7時からはちょっとキツイかもネ。笑

 

夜は、暖炉で温まりながら読書。

f:id:ketoraaa:20201116213535j:image
f:id:ketoraaa:20201116213539j:image
f:id:ketoraaa:20201116213543j:image

ボク好みの本がたくさんあったので、ほとんどここで過ごしてました。

紅茶に手作り巨峰ジャム入れてね( ^ω^ )

f:id:ketoraaa:20201116215214j:image

テレビはありません。

時間がゆっくり流れる。

写真には撮れませんでしたが、星空と甲府市街の夜景が宝石のように輝いていました。

 

東京ドーム3個分という敷地は、散歩にも最適。

f:id:ketoraaa:20201116214018j:image
f:id:ketoraaa:20201116214004j:image

f:id:ketoraaa:20201116215330j:image
f:id:ketoraaa:20201116215326j:image
f:id:ketoraaa:20201116214012j:image
f:id:ketoraaa:20201116214008j:image

日中はあたたかく、紅葉は美しく、ちょうどよい季節にきました。

 

食事は、優しい味わいのシンプルなもの。

自家製野菜の新鮮さに驚き、

ここでも富士山を見ながらの食事です。

f:id:ketoraaa:20201116213701j:image
f:id:ketoraaa:20201116213656j:image
f:id:ketoraaa:20201116213651j:image
f:id:ketoraaa:20201116213706j:image

f:id:ketoraaa:20201116213755j:image

 

フフ山梨だけでなく、実はけっこうココロにフォーカスした宿はあって、まだ行ってみたいところもあります。

フフ山梨は気軽に行くにはちょっとお高めなので、

ボクのオススメは、長野のホリスティック・リトリート穂高養生園です。

関連記事:

究極のリラックスの宿!ホリスティック・リトリート穂高養生園に行ってきました。 - Restart with True Engine

休職中のボクにゆとりを気づかせたすごい宿。

残念ながら現在は冬季休業中。

オープンは来年の4月下旬から。

 

こういう旅ですごく大事なことは、

余白ができること

だと思う。

フフ山梨も、部屋にはあえてWi-Fi入らないようにしてます。

普段情報の洪水のなかに暮らしていると、気づきの余白ができた瞬間に情報が埋めてしまうから、不自然な流れに気づきにくい。

 

あ、ホテルではGoToクーポン使えないとのことなので、新宿に戻ったらうなぎ食べました。

f:id:ketoraaa:20201116215415j:image

ふふふ。

山梨!