Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験して、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

職場から復職できそうか連絡がきました。

こんにちは。ケトラーです。

現在、神経衰弱状態と診断され、7月下旬から休職中です。

関連記事:とりあえず2週間、地元の群馬県館林市に帰って休みます。 - ナチュラルなイキカタ

診断書が9月末までとなっているので、診断書の期限を前にして、職場から連絡がありました。

内容は、

10月から復職できそうか?

10月も休むと新たな手続きが必要になる。

復帰するのも気分転換になるのではないか。

というもの。

いや、わたし、仕事大好きキャラだったかな・・・。

ま、わたしならこういう言い方はしません。

関連記事:復職して感じたうつ病への誤解 - ナチュラルなイキカタ

10月からの予定について、主治医はどのように言っているか?

とだけ連絡すると思います。

この方は本気で職場復帰が気分転換だと思っていて、親切心だとは思いますが。

これがわたしの会社だよなー。

起きることをリアルタイムに観察し続けるマインドフルネスであってはいけない。

全て見通しを立てなければならない。

こういう中でナチュラルにイキルって、「水の中で燃える」みたいなものだと思います。

水と炎のどちらが正しいか、という問題ではありません。

こういうものも含めて、全てを伝える資源として生かしていきたいです。

復職したら、とらえ方の千本ノックになりそう(・・;)