私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

大企業で働くことに翻弄されて消耗し、うつ病で2回の休職と復職を経験したketoraaaです。私がうつ病の治療で出会って感動した、肩の力が抜け、足りているものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心を持った自分に近づくための小さな工夫をご紹介します!【毎週末更新】

【人間関係】本来の目的地を見失って、無意味な労力を費やす組織のコミュニケーション

こんにちは!

ketoraaaです。

前回は、マイルール強要タイプの課長が登場した話でした。

そういった相手とのコミュニケーションを旅行に例えるなら、東京を出発し、大阪に行くのと仙台に行くのでは、ルートが交わらないのと同じです。

目的地はニューヨークだったとすると、大きな視点で見れば、大阪を通ろうが仙台を通ろうが、目的地がニューヨークという事業の大目標は同じです。

ですが、形式やルールにあまりに拘泥することは、出発前にリュックでいくかボストンバッグで行くかということについて、さらにはボストンバッグの色は絶対に紺でなければならないということについて、多大な労力を費やして議論しているようなものです。

さらに、経済性や安全性といった観点から、ニューヨークへ行くためのベターな選択をするための議論になればよいのですが、勝ったか負けたかという感情のぶつかり合う、本来の目的から外れたただの「言い争い」になってしまうことがほとんどです。

メインの業務が暇だと、余計に重箱の隅をほじくる時間が有り余っているので、自分の怒りに自分自身でせっせと燃料を投入できてしまいます。

または、忙しすぎるあまり冷静な判断がつかなくなっても、燃料の投下先について熟慮する余裕なく、とにかく目の前の的に向けて投下してしまいます。

そうすると形式やルールだけでなく、「そもそもお前の態度は」と本筋を逸れて個人への攻撃となり、親切心から始まったはずの指導が、次第にパワハラに行きつくことすらあります。

本人は真理を教えていると思っているので、パワハラだとは思っていません。

仮に会社の上層部が、目的地を具体的に示さず、「アフリカ大陸」くらいしか会社全体で共有されていなかった場合、ケニアなのか南アフリカなのかと、忖度の余地がありすぎて大騒ぎはもう収拾がつきません。

 

f:id:ketoraaa:20180208082903j:image

  

皆さんの周りにも必ずこういう人がいると思います。

他にも、むやみに他人を消耗させるタイプがいます。

最初からお読みいただける場合は、こちら↓

関連記事:紙一枚分の厚さの工夫を積み重ねることで、生きる力になる - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫