Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験して、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

Awakener Project「やることはもうわかってますよね?w」

Awakenerのフォローセッション2回目!

前回は抽象度の高い話に圧倒されましたw

関連記事:Awakener Project「ビジネスのゲシュタルトを理解する」 - ナチュラルなイキカタ

 

あれから1ヶ月くらいですが、僕のマインドは低下してます。

Tさんにその話から。

僕は、何かをやろうとすると、「今そうなっていない自分」「叶えている他人」「華やかな世界」と比較してしまいます。

そうして「焦り」が出てくる。

華やかな世界との壁を感じてつながれていなことに孤独感がでてくる。

f:id:ketoraaa:20200216004121p:plain

焦りが出ると、もう意識は今この瞬間には止まれなくなって、自分以外のものが気になり出します。

実感してることはリアリティを持てますが、実感してないことには持ちづらいので、エネルギーが循環する「叶っている未来」が幻に思えてくる。

その比較の二元論の中で、そういう自分もどの世界も「ジャッジしたくない」という思いと、「嫌なものは嫌」という否定的な思いとで葛藤して疲弊し、結局自分の本当の声がわからなくなっているのかもしれません。

掘り下げて自分アンテナを磨いてきたはずなのに、共感、愛、創造性、本質という理想像から離れていくようで、なんで?って。

どこかで道を踏み外してる?みたいな。

なんでしょ、理屈は分かってるけど道に迷ってるみたいな状態w

わかりますかね?

 

結論から書いちゃうと、何度も同じところに戻ってくるようですが、Tさんの出したこの状況への一つのヒントは、

自分の畑を丁寧に耕す

それだけ大事だってことか。

 

Tさん:

焦っていいんですよ、焦らない人はいないですから。

怖いのも当たり前なんです。慣れ親しんだ世界を離れることは怖いにきまってますw

なんでエネルギーが回らないと思います?

「承認欲求があるからですかね」

承認欲求、愛情欲求、ダークサイドもあってもいいんです。これもない人はいないです。

それを消そうとしてる人って、もともとの目的を忘れちゃいますw

承認欲求を消すことが人生の目的じゃないですよね。

すべてつながっているので、絶対に承認欲求の続きの物語はあります。

いまは通過点ですよ。

大事なことは「すでに変わっている自分だったら、今の自分にどう声をかけるか?」という視点を忘れないことです。

変わることはゼロイチじゃないです。

承認欲求や愛情欲求はあってもいいんですが、そこを土台にしたら、世界は狭まってヒエラルキーができますよね。

f:id:ketoraaa:20200216004516p:plain

土台にするのではなくて、

それも込みで世界を広げていくんです。

そうすると、承認欲求も愛情欲求もダークサイドも、すごく狭い世界、全体の一部になっていきますよ。

f:id:ketoraaa:20200216005215p:plain

人生は「自分の世界を広げていくこと」にあると思うんですよ。

そのために旅したり人に会ったりするわけじゃないですか。

すべての感情もすべての世界もひっくるめて世界を広げていく。

「今壁を感じていること」を否定する必要もないです。

森羅万象は、否定する必要ないです。

エネルギーが縮小しているときには、価値観を破ることが起きますよw

エネルギーが下がったっていいんです。

それも否定する必要ない。

エネルギーが下がった時は、別人格です。それは脳科学的にも分かってます。

「ポジティブな私」という一個のパーソナリティーに収めようとするから、エネルギーが下がった状態を否定してしまうんです。

「これは違う私だ」ととらえたら、ジャッジしないで「整える対処策」をただやります。

瞑想する、ヨガをする、サウナに行くとか。

ちゃんと自分と向き合って日々の生活を丁寧にしていくと、エネルギーが増えていって、人生の転機を作れます。

エネルギーが下がっている状態だと作れないです。

それが直感的に分かっているから「今じゃない」と思うんです。

エネルギーが高まって自分に集中できてくると、SNSとか周りのことは気にならなくなります。

その時に人生の転機が作れます。

自分で自分を丁寧に扱う。

毎日毎日満員電車に乗ったり、会社で自分の感覚を鈍らせたり、なかなかの筋トレをしているわけですよw

だから余計に整えるということに時間を割いて欲しい。

「日々の消耗が激しくて、整えることだけで一生が終わっちゃいそうなのがすごい嫌で…」

いかにぐっちさんを保つかですよね。

会社で本来の自分を隠すってエネルギーが循環しないで腐らせていることと一緒ですからね。生命体ですから。

まずエネルギーを高める。

それから何するか考えることが適切だと思います。

「僕は何度も同じところに戻ってますよね。岡本太郎さんも“平気で生きる”って言っているし、平気でチンケな人生を送るのもいいかってw」

チンケな人生ってぐっちさんの中でどういうイメージなんですか?

「人に言われたことをやって一生が終わる」

じゃあ、チンケじゃない人生は?

「自発的に決めている」

自分の選択を積み重ねるってことですね。

もやは自分の中の答えがちゃんと出てくるじゃないですかw

もっと自分に集中して欲しいです。

「アンテナが弱ってくると、にぶっちゃうんですよね、その感覚が」

そのために日々丁寧に過ごしてほしいです。

話が回っちゃうけどねw

散々落ちたらいいじゃないですか。

落ちることにも意味はあるし。

気づかないちょっとの我慢が溜まれば、ドーンと落ちる時期はありますよ。

そこで学ぶこともあります。

落ちても腐らないで、そこでできる範囲のルーティーンをやっていく。

そうすると、勝手に抜けていきます。

落ちない人はいないですよw

「落ちてく自分はダメだー」って、それじゃ自らゲームオーバーを選んでますよねw

ほんとにちょっとのことを大事にする。

そこだけ。

ビジネスってどういうイメージもってるんですか?

「お金を稼ぐっていう高い壁であり、山ですかね」

壁の向こうと何があったら関われそうですか?

「関わりたいけど、なんか嫌なんですよ。そういう壁を作る自分も嫌」

壁すらもひっくるめて、ぐっちさんの今の世界観ですよね。

壁とか山は、自然の流れを信頼していれば消えていきますよ。

この変化に乗っちまおうぜっていうノリですよね。

壁(ホントはないけど)の向こうの世界と関わるには、自分のエネルギーを高めておかないと飲まれちゃう。

ぐっちさんが認識として壁を作っているのは、自分の中の何かを守ろうとしているわけですよ。

それは、自分への信頼が薄いから、飲まれちゃうことが分かってるんです。

f:id:ketoraaa:20200216010002p:plain

自分との信頼を厚くするのは、ひたすら自分の畑を丁寧に耕すことだけですよ。

f:id:ketoraaa:20200216010630p:plain

隣の畑を見ても自分の畑は耕せないですよね。

エネルギーロスは本当に小さいことです。

実はテレビを見たくないのに習慣でつけている、という程度の。

そういうことを止めていきます。

その選択をしてあげられるかどうかが、自分との信頼関係につながっていきます。

一生そこなんです。

流れってそういうふうにできていて、自分の感覚だったら時代と合致していくんです。

f:id:ketoraaa:20200216011008p:plain

誰でも、最初から行動や感覚が時代と合致してブレイクスルーしたわけじゃない。

自分の世界観を諦めないことです。

自分の感覚であれば、アンテナの方向が明確ですから、承認欲求側に目が行かなくなります。

壁が嫌だなって感じてるってことは、自分の中に何かあるからです。

他人に感じている壁=自分の壁

他人に感じている怒り=自分への怒り

です。

嫌なものが気になって仕方ない、大きな壁を感じているのは、自分に納得いってないからですよ。

「これやっちゃいけない」って自分に感じていることが、本当の壁ですよ。

自分が自分の望みを叶えていていたら、他人が何をして何を言っているか、隣の芝生はどうでもよくなりますよねw

ぐっちさんは「海外放浪がしたい」とか、アンテナが合致することが見えているのに、それをガマンしてる。

それをやらないと、あっという間に65とかになっちゃいますよw

やりたいことが見えてるんだったら、それをやるしかないです。

それを全てやっている自分だったら、他人の畑は気になりますか?

英語勉強したいってずっと言ってますよねw

そうしないと5年後もこの状態が続きます。

ぐっちさんがいいならいいよ。

そうやって信頼で結ばれた自分の世界観を発信することは、

こんな世界どうですか?

僕はこういう世界がいいと思っています。

みんな、その世界に行かない?

ということですからね。

何も誰も否定してないですよね。

これは動画じゃないと伝わらない!という自分の世界観があったら、Youtubeやるじゃないですかw

「Youtubeやらないと時代についていけない」という義務感からじゃないですよ。

自分で決められるし、すべては繋がっていて良い悪いはないんだから、

「どうせうまくいく」

んですw

「どうせうまくいかない」というネガティブクリエイティビティーが働いたら、その反対をイメージするといいですよ。

「うまくいかない」を経由してでもいいから「うまくいく」のイメージを作っていく練習をすると感覚が鍛えられていきます。

感覚を知らないから自分のストーリーを書き換えられないんですよ。

「あぁ、それが納得しているのに道が見えない感じw」

臨場感とも言えます。

臨場感がすごい大事です。

今は「うまくいかない」「循環しない」イメージに臨場感を感じていて、そちらにあわせちゃって、どんどんそちらが現実化していく。

自分の畑を耕して、「どうせうまくいく」臨場感を体感していきましょう。

エネルギーの差に人は集まってくるので、ぐっちさんが世界旅行してエネルギーが大きくなると、おのずと仲間は集まってきますよ。

 

はっきり言って、武田双雲さんも、Tさんも言ってることは同じです。

道に迷うと、ちゃんと気づきの種が現れてくれる。

外側に意識が向きすぎて、壁とか山を作り出して、ガマンの世界に入ってイライラしていた…。

最近感じてた落ち込みやら孤独感やらは、

価値に沿った行動ができてないよ!

というサインだったわけ!

ほんとに、心と身体ってすげー(≧∀≦)!

やることはシンプルで、自分に集中して日々を丁寧にしていく。

もうこれなんですよ。

おもしろいですね〜

 

なんとなく消化不良感が残ってますが、たぶんこれは「どうせうまくいく」臨場感がないから、疑ってるんですよね、はっきりいってw

でも、サイコーだよなー

どうせうまくいくんだったら。

色々試してきましたし、人生は一度きりで、同じことの繰り返しに飽きてきたなら、どうせうまくいかせてみようかなw

こうご期待!!

 

ぐっち