Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験して、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

コンディション下降期の対処トリガーもってますか?

こんにちは。ぐっちです。

「本心からくる行動」を積み重ねて3カ月。気分の下降期がやってきたかもしれません。

わかりませんが。

なんとなく、行動に対して、「だからなんなの?」っていう内なる声が聞こえます。

36年最も親しく付き合った、本心を抑え込む自分の声。「おまえがはしゃぐと、ロクなことがないんだよ」「お前は大人しくしてた方がいいんだよ」「ほらみろ、やっぱりだめじゃないか。自分になんか最初から期待しない方がいいんだよ」って声が大きくなってくる。

www.artofnaturalway.com

わたしは、まわりの空気の変化にものすごく敏感なんですよね。

でもこれ、予言している人がいました。

しかもその予言を、人づてで、たまたま聞くことができました。

その方は、サンディースパの山口ユウスケさん。

先日サンディースパにいった友人Kから、その話を聞いていました。

www.artofnaturalway.com

ぐっちさんは、いままで抑えていたものがはじけている状態なのでひゃっほーいとなっているが、反動がくる。その時に、反動を止めて反転させるトリガーが必要

って言ってたらしいです。

ユウスケさんすごすぎます。

どんだけ分かってるんですか。

確かに、武田双雲さんも、ネガティブとポジティブはどちらかにしかならないんじゃなくて、円運動って言ってました。

自分のカラダの中にはどちらもある。

だからネガティブ期が訪れるのは必然で、大事なのはネガティブにならないことではなくて、ネガティブの時間を短くすること。

www.artofnaturalway.com

ポジティブ、ネガティブ。

上機嫌、不機嫌。

ひゃっほーい、どよーん。

円運動。

ただ、わたしのトリガー知らないんですよね。

それで、ズルズルと下降して休職にいたるのが典型パターン。

「じゃあ自分のトリガーはなんだろう」って頭で考えても、トリガーは体感だと思うので、遠慮せず心の動く方向にまっすぐに動き続けるしかありませんね。

新しい地平が見えるかどうか。

引き続き、みなさんとシェアしていきます。