ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

武田双雲流人間関係を良くする方法が超シンプル!

こんにちは。ぐっちです。

最近はいたるところで「武田双雲」「武田双雲」言ってます。笑

このブログ、ご覧になりました?

ameblo.jp

武田双雲さんのエッセンスが濃縮された最高の記事ですね!

わたしも人間関係については何度もブログで書いてきましたが、今回の双雲さんの記事でほぼ全て言い表されているのではないかと。笑笑

関連記事:【人間関係】同僚に振り回されている皆さん!モンスター社員に割いてやる自分の大事なエネルギーはない! - ナチュラルなイキカタ

関連記事:【人間関係】板挟みで悩む皆さん!自分の成長につながる問題にだけ悩んでみましょう! - ナチュラルなイキカタ

わたしの記事の主旨は、

合わない人間にいかに振り回されないか。

言い換えれば、友達100人幻想からの脱却。

地域性しか共通点のない人間と友達になるためには、自分の本心をしまいこんで過剰適応する以外に方法はありません。

それは、自分の本心をズタズタにするか、無になることです。

「あの人と合わないのは」「気持ちが伝わらなのは」「どうしても揉めるのは」「会うたびに嫌な思いをするのは」、自分に直すところがあるのかな・・・。

いやいや。

距離、それだけです。

というのが武田双雲流。

おもしろいですねー(≧∇≦)

新しい発想です!

発見です!

理由もおもしろい!

武田双雲さんが上げるのは、地球と太陽の距離の話。

太陽から少しでも近くても遠くても、地球は今のように豊かな星にはなっていなかったことは有名な話です。

いまも、温暖化で1度上がるかどうかは地球の生態系にとっては大問題。

わたしの職場の湿度問題が消し飛ぶくらいです。笑

それはそうと大事なことは、「宇宙には、ちょうどいい距離という法則がある」ってことなんです。

これは、疑いようのない事実ですよね。

何十億年もかけて最適な距離にたどり着いたのです。

人間も地球から誕生してますから、その構成要素は地球の一部。

だから、その宇宙法則の中にいます。

ある意味、ユニバースの意思。

人間一人ひとりが、惑星のようなもの。

そしたら、惑星同士には、必ずちょうどいい距離があるはずです。

その惑星同士のちょうどいい距離を、人間関係って呼んでるのでは?

だから、同じもの。

あれほど深刻だった人間関係が、なんか肩の力を抜いて考えられるような気がしませんか(^^)??