ナチュラルなイキカタ

うつ病生活6年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

冬の避寒に格安沖縄旅はいかがですか?

こんにちは。ケトラーです。

前回は、冬は「避暑」ならぬ、「避寒」を、という話でした。

わたしは去年のお正月、沖縄に2泊3日の旅行に行きました。

「お正月で沖縄!?高そうでムリ!」と思われるかもしれません。

確かに、12月29日から1月3日くらいまではとてつもなく高いです。

ただ、そこさえ外せば、冬の沖縄は完全なオフシーズンですから、かなり安く行けます(^^)

これも避寒旅行のメリットです。

逆に冬の有名観光地にいくと、人が多くて人疲れ、ハイシーズンで旅行代金が高額、寒い中の観光地巡りで全く休まらない、ということにもなりかねません。

実際わたしもお正月に、ある有名温泉地に旅行にいったこともあるのですが、観光中に寒すぎて4回もカフェに入って温かい飲み物を飲んでいました。

電車を待つ間も、もうとにかく寒くて寒くて。

寒さが強烈に印象に残った旅でした。

いま思えば、「寒さを味わうぞ!」と、あえて寒冷地で寒さに感覚をひらくのも、それはそれで面白いと思います。

正月の沖縄旅行の際は、2泊3日で読谷村にある日航アリビラに朝食付きで泊まり、現地でのレンタカーもついて5万円くらいでした。

沖縄なら、冬でも空気が乾燥していません!

気温も15度くらいなので、身体がめちゃめちゃ楽です。めちゃめちゃ楽なんです!!

冬でも薄着で素足で砂浜を散歩する贅沢!

f:id:ketoraaa:20181019221740j:image

ただそこにいるだけで、カラダが「楽だよー」とよろこんでいるのが分かります。

真冬でもスムージーが飲めちゃいます笑

f:id:ketoraaa:20181019221759j:image

冷え性の方なら、この感覚はより鮮やかに。

猛暑の時に避暑地に行くのとは違った驚きがあります。

体からダルい、重い。

気持ちが沈んでるんだ。

って、マイナスの方向ではなくて、プラスの方向に、カラダの感覚と、こころのつながりを感じます。

海の資源を活用して自然治癒力を高めるタラソテラピーをやって、よりリラックスするのもいいです。

オススメは読谷村のこちら(^ ^)

www.beauty-seaspa.com

丁寧で最高に気持ちよかったです!

荷物もできるだけ少なく、「何もしない」を味わいます。

星野リゾートのキャッチコピーは見事ですよね。

現代を休む日

避寒旅行では、メンタル不調対策に大切な「睡眠時間を多めにとること」「予定を減らすこと」も実現できます。

www.artofnaturalway.com

先日の気ままな沖縄旅でわたしが感じたように、時間にも予定にも追われず縛られず、頭に余白が生まれると、自然と錆びついた感覚が開いて、やる気・意欲という苗が育つ土壌ができます!

今年の冬は、避寒で五感をよろこばせてみてはいかがでしょうか。

いまならまだ年末年始の沖縄も予約できますよ(^-^)