ナチュラルなイキカタ

うつ病生活6年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。毎週末ゆるりと更新中。

やりたいことは今やってみる!沖縄気ままにぽかーん旅(2日目)

こんにちは。ケトラーです。

気ままな沖縄旅2日目。

f:id:ketoraaa:20180926153723j:image

念願の、海でぼけっとしてきました。

朝、今日はどんな一日になるのか、何も決めていないのでワクワクします。

予定、締切、ToDoがないと、気持ちがオープンでいるみたいです。

開いても、じゃんじゃんグッドなものが入ってくるから、安心して開けます。

東京で仕事している時は、守ろう、遮断しようって、感覚を閉じているので、対照的です。

心地いいフィーリングです。

部屋を出ると、宿オーナーミツヨさんの旦那さんガクさんがいて、お茶を入れてくれました。

手作りのめぐすりの木のお茶です。

外も雨だし、ガクさんとゆんたく(おしゃべし)しました。

f:id:ketoraaa:20180926100730j:image

右がガクさん。

ガクさんの人生が波瀾万丈で面白い!

祖父はカフカやゲーテを日本で初めて翻訳した大学教授という長野の名家に生まれ、東京のアパレルで18年間勤務。

楽しかったけど、朝昼晩と精神安定剤を飲むような激務だったようです。

このあと出てくるガクさんの友達、がじろう飯店のマスターが言うには、アパレル時代には忌野清志郎の舞台衣装のデザインをやってたとか。

その後長野に戻り、色々あって、やちむん(焼き物)職人になろうと沖縄へ。

わたしも泊まっているリトリートハウスAcha-neにとまり、やちむんの里の工房に弟子入り。

やちむんの話をするガクさんは自然と、熱を帯びてきます。

1300度の別世界に魅入られ、師匠から見ると目をやられると言われても目が離せなかったそう。

やちむんは本当に素朴でステキです。

f:id:ketoraaa:20180926153847j:image

これはガクさんの師匠が作った一石釜。

大人が一年に食べるお米が入る大きさ。

百万石って、百万人が一年間お米食べれられるってことなのね。知らなかったです。

火の通り道がそのまま模様となって味わい深いです。


f:id:ketoraaa:20180926154135j:image

f:id:ketoraaa:20180926154132j:image

f:id:ketoraaa:20180926154128j:image

読谷村で年に数回開催されるやちむん市では、ビームスやユナイテッドアローズが大量買いしていくほど人気だそうです。

素朴だけど洗練されてますね。

さて、Acha-neで奥さんとなるミツヨさんと出会ったガクさんは、一週間の断食を条件に付き合ってもらったそうです。

ところが、修行中に肩を骨折し、職人としての道が断たれます。

次の生業を探して奥さんとなったミツヨさんと行ったマッサージの講習で、たまたま隣にいた方から石鹸作りを教わり、現在は日光アリビラホテルやホテルモントレで石鹸作りや陶芸のワークショップをされてます。

そんなガクさんの人生のモットーは

その日暮らし

これ、刹那的でネガティブなイメージを持たれる言葉ですが、ジョンレノンが長野の飯山の禅寺でこの言葉と出会い、イマジンにインスピレーションを与えた言葉だそうです。

ガクさんは未来や過去じゃなく、一日一日を感じる心のあり方ってとらえてるそうです。

マインドフルネスですねー。

関連記事:【マインドフルネス】「いま・ここ」をありのままに受けとめて、過去(後悔)と未来(不安)に振り回されなくなる - ナチュラルなイキカタ

あと印象的だったのは、

わび、さび、かび

って言葉。

ものの奥行きには、かびも必要だよって、バツ2のガクさん談。

あと、沖縄のあいさつに「さよなら」はないそうです。

すべて、

あちゃーね

「また明日ね」とお別れするそう。

つながりを大切にする沖縄ならではで、好きです。

それから、チビチリガマとシムクガマの話も心に残りました。

大平洋戦争の沖縄戦で、一般市民が集団自決した鍾乳洞です。

チビチリガマでは、アメリカ兵に殺されると考えた一般市民が、集団自決。

シムクガマでは、英語が話せる人がいてアメリカ兵と対話し、降伏し全員助かったそうです。

ガクさんは、この話から周りに流されず、自分自身で考えることの大切さを感じるのだとか。

沖縄戦では、県民の四人に一人がなくなったとは・・・。

うーん。本当に沖縄には様々な面があります。

Acha-neは、新しい宿を残波に近いところに海が見える場所に建設中で、ミツヨさんは自ら漆喰塗りに勤しむ日々だと楽しそうに話してくれました。

ステキな宿が一つ増えそうで楽しみです。

f:id:ketoraaa:20180926160343j:image

ガクさんとひとしきりゆんたくし、雨も弱まってきたようなので、貸してもらった自転車でガクさんオススメの浜辺へ。

f:id:ketoraaa:20180926160203j:image

外は雨が降ったりやんだり。時おり強烈に降ります。

浜辺に降りられる場所を探してぶらぶら。

沖縄の道は坂が多くて、自転車だときついことも。

でも、坂道を下る時に感じる風は、最高の天然クーラーです。

道を進むと行き止まりだったり、道が入り組んで複雑です。

ん!?

f:id:ketoraaa:20180926160524j:image

降りられそうなところ発見!!

けもの道です。

f:id:ketoraaa:20180926160605j:image

ほうほう。ハブに注意とな。

いまのわたしはかまいません。

行きましょう。

f:id:ketoraaa:20180926160705j:image

お、いけそうです。

f:id:ketoraaa:20180926160754j:image

お!

f:id:ketoraaa:20180926160821j:image

おお!!!

f:id:ketoraaa:20180926160848j:image

f:id:ketoraaa:20180926232750j:image

完全プライベートビーチ(*≧∀≦*)

誰一人いません。

f:id:ketoraaa:20180926160940j:image

透明な海水。

f:id:ketoraaa:20180926161525j:image

珊瑚のカケラがたくさん落ちてます。

f:id:ketoraaa:20180926161017j:image

秘密基地はっけーん(*≧∀≦*)

ここをベースにしよう。

f:id:ketoraaa:20180926161246j:image

雨が強く、秘密基地に避難して腰を下ろして、海を眺めながら、ぽかーんとします。

念願の時間です。

ほんとうに誰もいません。

神経を刺激する人工的な要素が一切ない。

解放。

静寂。

余白。

深遠。

f:id:ketoraaa:20180926161704j:image

・・・

・・・

あ、外国の女性が一人通った。

・・・

ふと色々な場面が頭をよぎったり、これからのことを考えたりしますが、目の前に美しい海が広がったいることで、また今に戻ってきます。

時間を忘れます。

結局、唯一見た人は横切った外国の女性だけでした。

お腹すいたので、カンバンが気になった「島野菜食堂てぃーあんだ」へ。

f:id:ketoraaa:20180926161916j:image

いまのわたしと同じように過ごしてる猫さんがお出迎え。

f:id:ketoraaa:20180926162024j:image

f:id:ketoraaa:20180926162044j:image

ここもやちむんに囲まれてます。

読谷村は、移住された方を中心に、村とは思えないステキなお店がびっくりするくらいたくさん作られています。

村って聞いてイメージする民家がポツポツとは全然違って、活気があります。

メインストリートの交通量もすごいです。

f:id:ketoraaa:20180926230443j:image
f:id:ketoraaa:20180926230441j:image

沖縄の味を堪能。

これ全部セットです。

お腹パンパンになりました。

f:id:ketoraaa:20180926162610j:image

道すがら、いろんなお家の外壁で、このマークを見かけました。

気になっていたところ、宿で読んだ本に「いしがんとう」という魔除けと書いてありました。

魔物は曲がることができずT字路で直進して家に入ってきてしまうので、この魔除けが置かれてるみたいです。

シーサーもそうですが、沖縄では目に見えない世界を身近に感じます。

シュノーケリングの道具を持って再びマイプライベートビーチ向かいます。

f:id:ketoraaa:20180926163137j:image

いい具合に雨もあがりました。

いざ、シュノーケリング!!

台風の影響か少しにごりはありますが、十分よくみえます。

・・・

ナマコがめっちゃいる(^^)

あ、魚もいたー!さんごっぽいのの近くにたくさんいます!

青いのと黒いのとシマシマのとでかいのと!

最高です。

いつまでも見ていたい。

ブクブク。

海面から顔を上げても、

やっぱり誰もいない・・・。

なんだか叫びたくなってきました。

もーうっ、海に向かって叫んじゃおう。

アーっ!アーっっ!

まだ叫びたい。

オレは好きなことやるぞー!

無防備な大学生みたいでいい気分です笑

生まれてはじめてかも笑笑

f:id:ketoraaa:20180926164927j:image

思う存分シュノーケリングを楽しんで、さきほどの秘密基地でぽかーんと過ごします。

波の音。

少しの雨粒。

滴り落ちる汗。

体にとまる虫。

やわらかな風。

五感を優しく呼び起こすものがたくさんあります。

いくらでもいられそう。

f:id:ketoraaa:20180926163838j:image

わたしがいくらも動かないので、やどかりがやってきました。

やどかりの警戒心ってすごいんですね!

ピクリとでも動くと、途端に警戒心マックスで後退ります。

目が見えてるのかしら。

あーしあわせや。

でも、この一つ一つの出来事は妻と共有できたらもっとしあわせだろうなぁ。

幸せは2倍、悲しみは半分。

 

 

ん。

さっきより波が近いような。。。

f:id:ketoraaa:20180926164901j:image

あ!!!!

まさか、満潮が近い:(;゙゚'ω゚'):

しかもつい先日満月だったので、ほぼ大潮。

やばい!

帰り道がなくなりかけてるー!

大慌てでけもの道の近くに移動します。

一瞬命の危険を感じました。

完全プライベートビーチならでは。

ほっと一息ついて、目をつぶり、再び視覚以外で感じる感覚に耳をすませます。

 

 

しばらくすると、急に何かの気配が近くに!

おっ!

f:id:ketoraaa:20180926165222j:image

突然の訪問者はジェイジェイ6歳。

懐っこくって、シッポをふりふり遊びました。

f:id:ketoraaa:20180926165342j:image

ジェイジェイの飼い主さんは、横浜からの移住者。

なんでこちらにいらっしゃったんですか?

なんか疲れちゃってねー

って、明るく話してくれました。

分かりますよー。

一人シュノーケリングでテンション上がって叫んだって話したら、

最高笑。そういうのいいよー。沖縄の人は全然海に入らないし、ましてこの波だと誰も入らないよ笑

あら、そうなんですか。

本土だったら普通より弱めの波かと。

しかも、沖縄の人って海に入らないんですね。

これだけまっさらな海があるってすごいと思うけどなー。

沖縄の人にとっては当たり前なのかな。

本当に大切なものは無くして気づく。

さらに、

朝6時半くらいだと、魚が眠りにきてて、数千匹いるよ。口開けて泳げは食べられるくらい。

という耳より情報をゲット!

明日ちょっと早起きしてみようかな。

ありがとう!

f:id:ketoraaa:20180926165852j:image

あぁ。息をのむほど美しい夕陽。

宿に帰り、お茶を飲みながらまったりしていると、今日の漆喰塗りを終えたミツヨさんが帰ってきました。

f:id:ketoraaa:20180926220026j:image

アーユルヴェーダのカウンセリングです。

ミツヨさんエネルギッシュです。

カウンセリングで、風、火、水の自分のタイプを知ります。

アーユルヴェーダでは、万物は風、火、水、土、空の五元素からなると考えます。

人間は、そのうち風、火、水です。

左のシートが幼少期。右が現在。

これで、わたしは本来は風のタイプなのに、現在は水のタイプが強くなっていることが分かります。

風のタイプは、風のように大きなものを巻き込み、動かします。

想像力がある。

頭などの上にエネルギーがあつまる。

だから心がザワザワしやすい。

すごく高く一気にエネルギーが上がったかと思うと、ズドンと落ちるを繰り返す。

といった特徴があるそう。

なるほど、わたしに当てはまってる。

どのタイプだと良いとか悪いとかってことではなく、この特徴を知って、うまく付き合うこと。

落ちて上がってをあまりにも多く繰り返すと、すり減りますから。

水のタイプは安定感の一方で、重かったり、鈍かったり、寒かったりする。

だから、うつ状態の人は水のタイプになっていることが多いと。

なるほど、これもいまの自分と当てはまってる。

うつの真っ最中は、頭だけザワザワしっぱなしなのに、体は動きませんでした。

風と水の特徴に、ぴったり符合します。

アーユルヴェーダは、翻訳すると、生命哲学。

だから、アーユルヴェーダはすごく広い概念で、ヨガもアーユルヴェーダの一部なのだそうです。

例えば、人間がどれだけ強く念じても、いま太陽を西から登らせることはできません。

そのような大きなもの、流れの存在、自分とのつながりを感じ、バランスをとる。

それがアーユルヴェーダのようです。

宇宙や祖先、魂、目に見えない世界、手で触れられない世界ともつながる感覚。

それは、直感、第六感です。

だからアーユルヴェーダでは、直感を開く施術を行います。

チャクラとも言いますね。

なんと、わたしの実体験での気づきとアーユルヴェーダがシンクロしました。

なんとなく興味があるものって、自分にとって何かあるものですね。

関連記事:【マインドフルネス】五感に豊かな生活と第六感で、日常に少しの新鮮さをもたらす - ナチュラルなイキカタ

アーユルヴェーダでは、施術はエネルギーの交換と考えます。

肌と肌が触れ合うことで、施術者のエネルギーが巡り、受け手の本来持っている力を呼び起こします。

その場のリラックスではなく、自然治癒力を高めることを目指します。

一回で長くやるよりも、細かく複数回やった方が効果的とのことで、今日は軽めにヘッドマッサージです。

実際の施術は、揉むとか、流すというよりも、ひっぱるってイメージに近いかもしれません。

耳が風、目が火、鼻が水とつながるため、他のマッサージではアプローチしない、目の眼球の間とか、耳の付け根とかをぐいぐいひっぱったり押したり。

新鮮な感覚です。

普段意識しない場所に、血流が流れていく感じがします。

これが、体の新しい感覚につながっていくのかも。

f:id:ketoraaa:20180926222502j:image

マッサージが終わり、夜もだいぶふけてきました。

ランチでパンパンなお腹は、まだあまりすきませんでしたので、ミツヨさんオススメの居酒屋「がじろう飯店」へ。

ここなら、好きな単品を好きな品数食べられます。

f:id:ketoraaa:20180926222726j:image
f:id:ketoraaa:20180926222723j:image
f:id:ketoraaa:20180926222720j:image
f:id:ketoraaa:20180926222729j:image

沖縄とエスニックがミックスされて、おいしいです。

特に、豆腐が絶品。

シフォンケーキのようにふわふわほろほろです。

沖縄の小さな豆腐屋さんから仕入れているそう。

f:id:ketoraaa:20180926222920j:image

マスターと料理担当の奥さんと、たくさんお話できました。

オイルマッサージ終わったままなので、わたしテッカテカです(^^)

マスターは茨城出身。奥さんは大阪出身。

ほんとうに色々な地域から移住してきた方たちが沖縄を盛り上げてます。

マスターは東京で勤め人をやってたそう。移住してきたのは20年以上前のベテランです。

なんで移住したのか聞くと、

なんか疲れちゃってさー

って、つい最近聞いたフレーズ。

疲れるのって自然なんだなぁ。

そういうお二人は、沖縄の缶詰文化に危機感を持たれてました。

ツナ、スパムなど沖縄の人は大量に缶詰を買い、何にでも缶詰を加えるのだとか。

手軽なんでしょうか。

そのかわり、戦前沖縄が持っていた食文化は急速に衰退しました。

いま長寿で元気なおじぃおばぁは、缶詰文化以前に育った世代。

缶詰文化で育った世代は、どうなるんでしょう。

わたしの話も真剣に聞いてくれました。

最後は握手であちゃーねしました。

沖縄で会う移住者の方は、みなさんゆとりがあって、穏やかで、陽気で、太陽のような気に包まれてます。

出会いと、海に感謝です。

ありのままでいることの大切さ、喜び、清々しさを伝えたい!気づきにあふれて心が震えるきゃろさんのブログ

こんにちは。ケトラーです。

有名プロブロガーイケダハヤトさんのブログで紹介されていた、きゃろさんのブログ「鬱らしっく天国!!ワイはうつなんや!だがしかし!クソ楽しい」を読みました。

f:id:ketoraaa:20180925124652j:image

きゃろさんのブログは、

「他人の価値観で自分の価値を決めない。本物の幸せのカタチを見つける旅」
の物語です。

心の琴線に触れました。

多くの人に読んで欲しくてご紹介します。

うつ病から自然な生き方を目指す仲間を見つけた気持ちです。

果てしない宇宙で、兄弟と会ったような。

きゃろさんブログ:うつ病がホントに好きなことを教えてくれた【ありのままの自分を信じて】ぼくは絵を描いていたい : 鬱らしっく天国|うつでも楽しんで生きるっ

きゃろさんは、「ほんとうの自分の見つけ方」を、病気を思いやる優しい言葉でシンプルに語ります。

ステップはこの4つです。

・嫌なことから逃げる
・心の叫びに耳をすませる
・自分が世界で1番の親友だと理解する
・ありのままの心に協力してあげる

孔子の「論語」とシンクロするステップ。

関連記事:現代が2500年前の言葉とシンクロする。孔子「論語」 - ナチュラルなイキカタ

想像を絶する苦しい思いをして、いま「鬱でも世界一陽気だ!」とおっしゃってるのだと思います。

だから、複雑なものは複雑なまま、人間な豊かさが文章にあふれている。

他人には認められることへの執着を知った人でなければ紡げません。

途中途中に差し込まれるきゃろさんの絵が、心を揺さぶり、固く閉ざされていた隙間に、言葉が染み込みます。

ほんとうに、心の底から、自分の声に耳をすませてほんとうの自分を見つけたいし、たくさんのひとが見つけてほしい。

野生の犬の例え話が分かりやすいです。

野生の犬に噛まれて大怪我する人もいれば、擦り傷で済む人もいる。

それは、他人の暴言でも同じです。

傷つく人もいれば、傷つかない人もいる。

だから、立ち向かえない脅威からは逃げるのは自然なことって。

すごく分かります。

自分は大怪我しない!大怪我する奴は努力が足らない!って思い込まされて、親友が置いてきぼり。

大怪我するか擦り傷か分かるためには、自分の最大の親友である自分自身の声を聞ける必要があるし、それだけは、絶対に練習でなんとかなります。

ぼくは、知らなかった。
『自分がなにをしたいのか』
『なにが好きでどんな旅がしたいのか』
『なにに触れて何を感じ』
『どこで幸せを感じたいのか』だれよりも、ぼく自身が、ぼくの心に興味を持っていなかったんじゃないか。
ぼくの心にいちばん優しく耳をすませてあげられるのは、ぼくだけなのに。

あぁ!お会いしたい!

 

やりたいことは今やってみる!沖縄気ままにぽかーん旅(1日目)

こんにちは。ケトラーです。

不安からくる行動ではなく、本心からくる行動をとったときに、わたしはどう感じるかお試し中です。

詳しくは過去記事にて。

関連記事:責任は、重いものじゃない。自分を生かすこと。シータヒーリングのセッションをやってきました。 - ナチュラルなイキカタ

さらに鵠沼海岸のサンディースパで出会いがあったり、武田双雲さんの本も読んで、

未来のために今を犠牲にしない!

今のために、今を使う!

って行動してみることにしました。 

「いつか」の楽しさではなく、「今」の楽しさの先に楽しさが続く。

関連記事:とらえ方を変えるだけで人生が変わる!武田双雲さんの「ポジティブの教科書」 - ナチュラルなイキカタ

で、

f:id:ketoraaa:20180924213749j:image

沖縄に来ましたー!

前から仕事で疲れるごとに言ってたんです。

 

あぁ、いつか南の島のビーチでぼけっとしたい・・・。

 

って。

それで、いつかじゃなくて、いますぐ行こうと。

でなければ、いつまでも満たされない自分が続いて、いつの間にかそっちが標準になってる。

そしたら、いざ楽しもうと思っても、もう心が踊らない。

いつかいつかって、先にしなければならない理由はない。

実際に南の島でぼけっとして、たいして何とも思わないかもしれない。

でもそれは、やらないと気づけない心の領域。

うつ病というカセ、お金というカセが外れた自分なら、

肩の力が抜け、足りてるものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心をもった自分なら、まず実際に南の島のビーチでぼけっとしてみる。

2週間前にそう思いつき、妻にも主治医にも相談して、今を感じる4泊5日の沖縄一人旅に出ました。

宿以外は何も決めず、あとは全て現地でのフィーリングで、ビーチでぽかーんとしてこよう。

事前の天気予報は、見事に並ぶ傘マーク!

f:id:ketoraaa:20180924220318j:image

それもそのはず。

猛烈な台風24号が沖縄の南側に接近中です。

f:id:ketoraaa:20180924220239j:image

雨男の面目躍如です。

ま、それならそれで雨の沖縄を体験してこよう!

f:id:ketoraaa:20180924214746j:image

朝8時。東京駅から成田空港へ。

f:id:ketoraaa:20180924214840j:image

初LCC!初第3ターミナル!作りが倉庫みたい!

f:id:ketoraaa:20180924214958j:image

荷物を預けたら、荷物をチェックされてる間、10分その場で待機。これもLCCならではで新鮮です。

f:id:ketoraaa:20180924215107j:image

バスに乗って滑走路内をしばらく運ばれて、本日お世話になる飛行機へ。

よろしくです。

f:id:ketoraaa:20180924215213j:image

おぉ。前の座席に膝があたりそう。

でも、意外と大丈夫。

狭いので、座席を倒してる人はいなそうでした。

長時間だとしんどいかもしれません。

f:id:ketoraaa:20180924230011j:image

以前は高いからと絶対買わなかった機内販売で、食べたい!と直感的に思ったクリームパン買ったりして。

ん、3人並び席の隣のカップルさん。

わたしのシートベルトを使いそうになったり、るるぶの気になるページの端をやぶったり、飛び立つときソワソワ感といい、なんか楽しそう。

病気ベースじゃないわたしならどうしたい?

うん、話しかけたい。

f:id:ketoraaa:20180924230311j:image

というわけで、行きの機内はおしゃべりでめちゃ楽しく過ごせました(^o^)

父親にはまだ付き合ってることを言えてないってことで、顔は星マークで。

勇気を出して、

何泊するんですか?

って声かけてよかった!

旅行プランの相談にのって、沖縄料理の店、石なぐをおススメしてみたり。

長野の大学生カップルさん、ありがとー。

ほんとうに楽しそうに笑うステキな彼女さんで、彼氏さんについ「太陽を手放さないようにね」って言いました。

彼氏さんは80センチのマダイを釣り上げるほど釣りの達人。

良い旅をー。

離陸から3時間。

f:id:ketoraaa:20180924220004j:image

ついたーオキナワー。

晴れてるー(≧∀≦)

f:id:ketoraaa:20180924221607j:image

LCCのターミナルでの荷物受け取りは、いつもの回転テーブルじゃなくて並べられていくみたい。新鮮。

さらに、那覇空港のメインターミナルとは離れているので、シャトルバスで移動。

f:id:ketoraaa:20180924221728j:image

メインターミナル着きました。ターミナル内にある水槽。

f:id:ketoraaa:20180924221804j:image

空港にあったスパムおにぎりで軽く腹ごしらえ。

意外なことに甘味噌味でおいしかった。

f:id:ketoraaa:20180924221914j:image

初ゆいレールで、那覇バスターミナルへ。

車があると、いろいろ回りたくなるので、あえてレンタカーなしです。

f:id:ketoraaa:20180924222037j:image

バスターミナルから、路線バスに乗って。最初は貸切状態。

その後はけっこう乗り降りがありました。

那覇から北に向かいます。

f:id:ketoraaa:20180925142355j:image

道も混雑。

ここまで、電車→バス→バス→飛行機→バス→モノレール→バス、ときてます。

f:id:ketoraaa:20180924222243j:image

途中、ふと信号待ちで見かけたおじいさん。

バス停掃除中なんですが、葉っぱ3〜4枚をはくのに、1分くらいかけてます。

全体掃き終わるのに何時間!?

勝手にウチナータイムを感じとって感動。

そんなこんなで90分。

f:id:ketoraaa:20180924222515j:image

夕方5時。ついたー(≧∀≦)

読谷村!!日本一人口の多い村(人口4万人)。風水で作られた村。やちむんの里。ヨミタン!

f:id:ketoraaa:20180924222626j:image

f:id:ketoraaa:20180924222653j:image

f:id:ketoraaa:20180924222718j:image

これから四日間お世話になるお宿。初ゲストハウス!

リトリートハウスAcha-ne。

落ち着いた雰囲気。清潔感があって、部屋も快適そう。

しかも、アーユルヴェーダ、チベット医学サロンを併設。

アーユルヴェーダを受けたくて、このお宿に決めました。

関連記事:東京に戻ってきました。東京なりのラッキーを探して。 - ナチュラルなイキカタ

どんな形で施術を受けるかは、明日カウンセリングして決めます。

f:id:ketoraaa:20180924223051j:image

f:id:ketoraaa:20180924223431j:image

荷物を置いて海をみたくて街をぶらぶらしてたら、おいしそうなパン屋さんを見つけたので、明日の朝食ゲット(^^)

f:id:ketoraaa:20180925234711j:image

海辺には、外国人のおしゃれな一軒家ばかり。

宿オーナーのミツヨ(京都から移住)さんが、

海辺は土地が高いので外国人ばっかり

家のお金も水光熱費も日本の税金からでているから

って教えてくれました。

沖縄にはいろんな面があります。

そして、

f:id:ketoraaa:20180924223734j:image

f:id:ketoraaa:20180924223747j:image

シーサー!

やどかり!

カニ!

沖縄っぽい屋根!笑

南国の花!笑

f:id:ketoraaa:20180924223844j:image

うみー(≧∀≦)

おきなわだー!!

f:id:ketoraaa:20180924223927j:image

なんてきれいな夕日のグラデーション・・・。

しばしたたずむ。

波の音。

Spotifyじゃないよ、生だよ(≧∀≦)

幸せ。

帰り道、座って話し込む4人のおばぁを見かけました。

よし、あいさつだけしてみよう。

こんにちは!!

笑顔で返してくれました。

一旦通り過ぎましたが、、、話してみたい。

戻って、少しだけ話に混ぜてもらいました。

一人ダーツの旅みたい。

90歳近い同級生おばぁ。

今度は奥さんを連れてきなさい。

それまでここでおしゃべりしてるから。

って(≧∀≦)

f:id:ketoraaa:20180924224247j:image

宿に帰って、ミツヨさんと病気と東洋医学の話。

人間は火、水、風で構成されていて、それぞれどの元素が大きいかで3タイプある。

火のタイプなら火しかないのではなく、その3つのバランスで成り立つ。

ただ、現代は圧倒的に火重視。

火は、一番になろうとか、強くあろうとか。

だから水や風が大きい人は、心のバランスを崩す。

さわりだけでも、なんとも面白そうな話、

夕食は、ミツヨさんおススメの、お宿向かいの中華料理店「中華ラーメン醬」で。

沖縄きたから沖縄料理ってこだわらず、食べたいものを食べます。

f:id:ketoraaa:20180924224326j:image

サンラータンメンと焼き餃子。

焼き餃子は味噌ダレで。

おいしー(≧∀≦)

これほどおいしいサンラータンメン食べたことない!

絶妙なすっぱさが、疲れた体にちょうどいい。

具材たっぷりで飽きない。

席はほとんど満席。

他のメニューも食べてみたい!

近くにあったら絶対通います。

すばらしい一日に感謝。

ただ自転車で風に吹かれたかった。

こんにちは。ケトラーです。

なんでもない休職中の一日。

いつもだったら午前中は図書館で過ごすけど、今日はなんか違う。

なんだろう。

気持ち良い天気。

・・・

自転車で風に吹かれたい、のかな?

ちょっとめんどい気もするけど。

やってみてどう感じるかみてみたい。

風に吹かれるなら、電動自転車がいいな。

f:id:ketoraaa:20180923134502j:image

だれでも利用できる電動レンタサイクルにします。

一度行ってみたかった、カフェの街になりつつある蔵前へ。

電動自転車は、少しこぐだけでギュンギュン進みます。

すげー便利。

f:id:ketoraaa:20180923140657j:image

隅田川を横目に北上。

風が心地いい。

f:id:ketoraaa:20180923134625j:image

スカイツリー。

蔵前をフラフラして、直感で惹かれたカフェへ入ります。

お店の人に、写真とってもいいですか?と聞いたら、笑顔でOK。

それで何もかも充分な気がする。

f:id:ketoraaa:20180923134842j:image

木製の家具に囲まれて雰囲気がよかったです。

f:id:ketoraaa:20180923135127j:image

f:id:ketoraaa:20180923135139j:image

小上がりもあります。

f:id:ketoraaa:20180923135219j:image

とうがらしの効いたナポリタン。

これも、直感で注文。

蔵前のエンというカフェでした。

帰り道、写真を撮ろうと道の右に寄ったら、10メートル先をこちらに向かって歩いてきたおじいさんからにらまれ、どけ、のジェスチャー。

はいはいどきますよー。

過剰な敵意はさっさと忘れる。

軽い材料を提供してくれてありがとうおじいさん(^ ^)

関連記事:【認知行動療法】悩みはなくならなくていい。成長の余地だから。 - ナチュラルなイキカタ

やりたいことをいますぐやるって、いい感じです。

めちゃめちゃはしゃぐ時ばかりでもないけど、それもやったからこそ分かること。

やった後悔よりやらない後悔の方がデカイ。人を縛る。

この地平で、もっと広がってみたい。

癒しの香りを玄関に。

こんにちは。ケトラーです。

アロマを使っても感じますが、香りの力ってすごいですよね。

森林のなかで癒されたり、妻の香りに愛情がこみ上げてきたり。

焼きたてパンの香りに満ち足りた気持ちになったり。

イチゴジャム作りも香りが楽しめます。

関連記事:【暮らし】生活のたのしみ。五感を刺激するいちごジャム作りの快感 - ナチュラルなイキカタ

逆は、満員電車の汗、タバコ、酒・・・。

インパクトがえげつない。

人間は、香りで遺伝的に遠い人を見分けるって言われてるくらい実は嗅覚がすごいみたいです。

犬にいたっては、ホルモンの香りで一瞬で相手の感情を見分けるくらい、香りには深い情報が入ってるんですね。

我が家は、マインドフルネスな妻が香り大好きで、リビングと玄関、トイレにルームフレグランスを置いてます。

香りを変えるだけで、家がまるで高級リゾートに変化したりするので、楽しいですよ。

いちおしは、リビングに置いてるこれ!

f:id:ketoraaa:20180923091411j:image

LINARI(リナーリ)っていうメーカーの、SFERA(スフェラ)っていうルームフレグランスです。

香りを言葉にするのは難しいですね。

この香り、ブログでなんと伝えたものか。

公式ページには、

悠久の悦び

ローズウッドとアンバーが溶け合う官能の中に、きらきらと弾けるベルガモットやマンダリン。芳ばしいシクラメンとジャスミンが彩りを加え、センシュアルかつ優美に香り立ちます。

とあります。

すごい。ワインを表現してるみたい・・・。

どうでしょ?

あー、あんな感じねって、想像できました?

わたしは、軽やかな甘さとさわやかさが気に入ってます。

優しい気持ちに包まれます。

ちょうど玄関とトイレのフレグランスが終わったので、通院のついでに新宿のアクタスに買いに行きました。

以前は、

リラックスするには?

眠るには?

集中するには?

と、理屈から入って香りを選んでました。

寝室には睡眠の定番ラベンダーのアロマが常備されてます。

でも、自分の心地よさをベースに行動する実験中。

関連記事:責任は、重いものじゃない。自分を生かすこと。シータヒーリングのセッションをやってきました。 - ナチュラルなイキカタ

香りはちょうどいい材料です。

いい香りって感じるものがその時の自分が求めてるものって、サンディースパの山口ユウスケさんからも、妻からも聞いてました。

だから、日によっても変わるみたいです。

人間は、毎日変化してるんですね。

変化している前提でいると、行動が変わる。

そこで、お店にあった15種類から、好きかどうかだけで選んでみました!

鼻だけを頼りに、直感で。

で、選んだのがこれ!

f:id:ketoraaa:20180922210845j:image

CULTI(クルティ)の、TESSUTO。

言葉で表すなら

・・・

 

ものすごいいい香りの防虫スプレーみたいな香りです。

 

・・・クルティさんスミマセン。

でも、超いい香りです。

補足に公式ページの説明を載せると、

軽やかな布をイメージした石鹸のような柔らかく優しい香り。

わたしは、ほんのり香る優しい香りが好きみたい。

キツすぎるのは苦手で、薬局とか雑貨屋さんにおいてあるものは、芳香剤です!って感じで、気持ち悪くなってきます。

柔軟剤にもエグい香りのものがありますよね。

化学成分が入ってるものは強いものが多いので、好みの香りを選んでいると自然と天然成分のものに行きつきました。

主治医も、

香りは花の粘膜に成分が付着して感じているので、それが自然のものか化学的なものかで、人体への影響は変わってくる。

と言ってました。

わたしに近いかもって方には、今回の2つがオススメですよ(*^▽^*)

現代が2500年前の言葉とシンクロする。孔子「論語」

こんにちは。ケトラーです。

シータヒーリングのTさんに2000年単位で男性性と女性性の時代が移り変わっていて、数年前に女性性の時代に移ったから「2000年以上前の考え方の方が参考になる」とアドバイスをもらいました。

関連記事:責任は、重いものじゃない。自分を生かすこと。シータヒーリングのセッションをやってきました。 - ナチュラルなイキカタ

それで、いままで興味もなかったいまから約2500年前の中国の思想家、孔子の「論語」を読んでみました。

f:id:ketoraaa:20180919115005j:image

孔子自身は本を残していなくて、孔子や弟子の言葉を、のちの時代にまとめたものが「論語」だそうです。

しかも、「自立とは依存先を増やすこと」の言葉で衝撃を受けた安冨歩さんの翻訳した論語の本がありました。

これは面白そう、と手にとってみました。

関連記事:八方美人が悩みの皆さん!安冨歩さんの「生きる技法」おススメです - ナチュラルなイキカタ

f:id:ketoraaa:20180919110443j:image

超訳論語。

超訳とは、古典を現代に通じるように翻訳し直したもの、らしいです。

ニーチェの超訳シリーズが知られてますね。

孔子の生きた2500年前って、日本はまだ縄文時代なんです。

読んで、驚きました。

現代に合うように翻訳し直しているという面はあるにしても、あまりにもナチュラルなイキカタとシンクロしている。

これほど昔に源流があったとは・・・。

論語の大事なコンセプトが君子(くんし)です。

現代で君子というとリーダーというイメージですし、論語も戦国時代に権力者のあり方を説いている側面はありますが、もっと広くとらえた方が面白く読めます。

f:id:ketoraaa:20180919165909j:image

(君子のイメージ)

これからお話しするのは、あくまで安冨歩さんの解釈であり、わたしの解釈ですが、古典に正解はないです。

だから、堂々ときもちよく誤読できる。

そういう、どの時代ともシンクロする寛容さが、古典の魅力だとも言えます。

ともかく、君子とは、単なるリーダーに留まらず、孔子が理想とする、学んだものをしっかりと自分のものにできている状態のことです。

学びがひらかれて、自分の体と響きあう・・・。

そのためには、そもそも自分の感覚を素直にキャッチできる必要がありますよね。

でなければ、他人の言葉や常識、世間体で、自分モドキを自分自身と思い込んで苦しくなるだけです。

このマインドフルネスじゃないですか!?

君子とは、まさにナチュラルなイキカタを実践している人のことみたいです。

「他人が自分をわかってくれない」なんてどうでもいいことだ、

「自分で自分をわかろうとしない」ことが問題なのだ。

さらに孔子は言います。

「知っている」よりは「好む」ほうが上だ。

「好む」よりは「楽しむ」ほうが上だ。

もう一度書きますが、2500年前ですよ!

ホリエモンの言葉じゃないですからね!

f:id:ketoraaa:20180919121747j:image

原文では、

子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者

君子は、困難を学ぶ機会と受け止めて、学習を通じて変化し、成長します。

「危害を加えず、求めもせねば、よからぬことなどありはせぬ」

孔子の弟子、子路は生涯これをモットーとしていた。

しかし孔子は言った。

「そういう方法では、よいとは言えない。よからぬことがなければ、成長しないではないか」

2500年後のカウンセリングですか!

関連記事:【認知行動療法】悩みはなくならなくていい。成長の余地だから。 - ナチュラルなイキカタ

こうして学び、変化し、成長していると、他人の過ちに寛容で、そこからの学びを促します。

逆に、知識を得ただけで自分のものとしていないことを、孔子は小人(しょうじん)と呼びます。

世間では、人間を型にはめようと圧力をかけてきます。それに負けて型にはまって止まってしまうと、もはや学ぶことがなくなり、小人となります。

自分自身を見失わず、心のままにあれば、進む道は自然と広がっているので、道を選択することもありません。その道を進めば、為すべきことが見えてきます。

自らの心のありさまと言葉とを一致させ、自らの進むべき道を進んでいる人の言葉は、必ず実現する。

一方で小人は、情報収集に余念がなく、保身を図ります。知識からは道が見えず、数多ある選択肢から選ぼうとするので惑い、最適かどうかおびえ、うまくいかないとひがんだりすねたりします。

君子は自分の考えを上に到達させる。

小人は自分の考えを下に押し付ける。

2500年前にもパワハラがあったのでしょうか・・・。

関連記事:【人間関係】すぐ大声で怒る課長の登場 - ナチュラルなイキカタ

ただ、このブログでも何度も書いてきたように、圧倒的な情報のなかで、自分の心に素直であることはとても難しい。

まるでそれを見透かしているように、孔子は言います。

その場の誰からも善人とされるような人こそは、徳を破壊する賊だ。

誰からも善人とされるということは、何かを誤魔化しているからだ。悪いやつからは嫌われなければ、善人とは言えない。

嫌われる勇気ですね。

じゃぁ、君子が善で優れており、小人が悪で劣っている、君子と小人は対立するという単純な話ではありません。

人間ですから、君子的な面もあるし、小人的な面もある。

学びを自分のものにできている(仁)かどうかは答えのない道です。

今日明日とか、一年でなるというものでもありません。

螺旋のように、グラデーションで君子、ナチュラルなイキカタに近づいていく。

いいのかどうか立ち止まってしまう私たちにも、孔子は言います。

仁は遠いものだろうか。いやそうではない。仁は態度のことなのだから、私が仁でありたい、と思ったなら、それはもはや仁がここにある、ということだ。

学びを自分のものにできているか疑問をもったら、立派な仁なのです。

最後に、孔子が示した君子になる四つの方法。

孔子は四つのことを教えられた。

言葉による表現と伝達の技法(文)

実践(行)

言動にあたっては、常に真心に従っていること(忠)

言葉と心が一致していること(信)

どうでしょうか?

わたしは、古臭い古典というイメージが覆り、時を超えて新たな地平が広がった気がします。

論語は、512の言葉からなります。

「超訳論語」に収録されているのは一部だそうです。

あなたの今の気持ちとシンクロする言葉を探してみてはいかがでしょうか。

紀元前の中国の言葉とわたしの心つながっているって、面白い感覚だと思います。

朝起きるのがつらいのと抗うつ薬。睡眠薬と睡眠時無呼吸症候群。

こんにちは。ケトラーです。

群馬の実家から東京に戻ってきて、朝起きるのがしんどくなりました。

f:id:ketoraaa:20180921100239j:image

8時頃には起きていたのが、11時に重だるい感じで起きるようになりました。

レクサプロの影響っぽい日中の眠気は3週間くらいで落ち着いてます。

関連記事:東京に戻ってきました。東京なりのラッキーを探して。 - ナチュラルなイキカタ

起きるのが11時ですと、朝日も浴びませんし、日中の活動量も減り、その流れで夜の寝つきも悪くなります。

寝つきが悪ければ睡眠薬の量も変わらず、これまでの経験から、わたしの場合翌日のコンディションに少なからず影響することがわかってます。

関連記事:【睡眠】自分に合わせた減薬で、睡眠薬が断薬できた!コンディションも快調。 - ナチュラルなイキカタ

やっぱり睡眠薬(いまはゾルピデム)を飲んでいると、頭がシャキッとせず会話のラリーについていきづらいぼーっとした感じになるんです。

トリアゾラム(ハルシオン)のときは結構ひどかったです。

あと、冷え性。

とりあえず素直な感覚で行動して、あとから帳尻を合わせる、という実験中ではありますが、抗うつ薬や睡眠薬を飲んでいると、そもそも自分の感覚とは違う部分があるので、素直な感覚の見極めが難しくなります(>_<)

その結果、薬の作用でしかない「自分は弱くなった」「自分は病気」というイメージを強くしてしまうことがあります。

だから、心の調子が悪いときは、あまり深く内省しないことですね。

それが、武田双雲さんが言う心の調子がよいときの良質な反省につながるんだと思います。

そんなときに、穂高養生園へ副交感神経優位旅行に行きました。

養生園では、朝7時に起きて、朝8時から90分のヨガもできました。

関連記事:究極のリラックスの宿!ホリスティック・リトリート穂高養生園に行ってきました。 - ナチュラルなイキカタ

あ、なんだ、できるじゃんオレ

と旅行で自信が得られました。

さすがに、旅行から帰ってきて、いきなり毎日7時に起きられるわけではありません。

ただ、この旅行をきっかけに、群馬の実家や旅行先だと朝起きられて、東京に戻ってきて起きられなくなった違いは、精神的なものとは別の可能性もあるのではないかと気付きました。

セルフモニタリングです。

何かあるかな?と生活スタイルを振り返ります。

あ、

抗うつ薬を飲むタイミングが違う!

いま、抗うつ薬レクサプロを夕食後10ミリ飲んでいます。

群馬の実家や旅行先では、夜7時前後の夕食後30分以内に飲んでいました。

夕食後と処方された薬は、夕食後30分に飲むことが目安とされます。

意外とこれが重要で、強い薬だから、夕食と一緒に消化させて胃腸への負担を減らすためらしいです。

f:id:ketoraaa:20180909105145j:image

抗うつ薬は胃腸の働きに影響することもあり、胃腸薬と一緒に処方されることも多いです。

抗うつ薬の副作用で下痢はよく知られてますね。

いま考えれば、以前の抗うつ薬サインバルタのときは、ずーっと軽い下痢でした。

逆に、漢方のように食前や食間服用と処方される薬は、空腹な状態でその薬だけ消化されることで、しっかりとした効き目を出させます。

漢方は食後に飲んでも7割くらい効き目はあるらしいので、飲み忘れても飲んでいいかどうかは薬剤師さんに確認を。

ともかく、そのレクサプロを、東京に戻ってからは生活環境の変化で、夜9時前後の、夕食後2時間くらいたってから読んでいました。

これだと、胃腸が空っぽで効きすぎていた可能性はあります。

群馬の実家にいた頃と、東京に戻ってからの違いは、これではないか、と養生園旅行から帰ってきて思い当たりました。

気づいたらまず行動です。

レクサプロを持ち歩き、夜7時前後、夕食後30分以内に飲むようにしました。

すると、次第に朝8時くらいには起きられるようになってきました。

もちろん、レクサプロの影響ではなく精神的に落ち着いてきた、逆にレクサプロの効き目が出てきた、ということも考えられますが、薬を飲むタイミングの調整も、試してみる価値はあると思います。

ちなみに、睡眠薬をルネスタからゾルピデムに変えて約1ヶ月半たちました。

妻がいうには、1ヶ月目あたりから、睡眠時無呼吸症候群の症状がみられるようです。

想定はしていたので、驚きはありません。

朝がしんどい日は、歯ぎしりか睡眠時無呼吸症候群のようです。

そういう日は、朝早くトイレに目が覚めます。

げ!うつ病で早朝覚醒だ(><)

と思っている方は、睡眠外来を試してみてもいいかもしれません。

睡眠薬と睡眠時無呼吸症候群の関係は、もっと広く知られるようになってほしいです。

理屈としては、睡眠薬の筋弛緩作用で、舌が垂れ下がり、喉に巻き込まれることで気道を塞ぎます。

無呼吸または低呼吸であれば、あたまに酸素が巡らず、深い催眠を得られないだけでなく、交感神経も休まりません。

ルネスタは筋弛緩作用がとても弱く睡眠薬です。

そのかわり、トリアゾラムやゾルピデムのように、気絶するようには眠れませんので、効かない!と感じる方が多いようです。

まぁ、すべてのことに同時に対処はできないので、問題を縦に並べてもの前のものから。

関連記事:【問題解決法】行動には「失敗」はない - ナチュラルなイキカタ

とりあえず睡眠のリズムが戻っていくことが優先です。

落ち着いてきて日中の活動が増えれば、自然と眠れるようになってくると思いますので、焦らずにその場その場のフィーリングでやっていきます。

薬剤師さんが言うには、長い目で減らすことが分かっていれば、あまり依存にはならないようです。

9月上旬から日中起きられるようになってきて、ゆっくりと半月かけて、ゾルピデム5ミリ2錠から、1錠、半錠と減らすことができました。

とらえ方を変えるだけで人生が変わる!武田双雲さんの「ポジティブの教科書」

こんにちは。ケトラーです。

シータヒーリングのTさんに刺激された小さな行動を続けてます。

関連記事:責任は、重いものじゃない。自分を生かすこと。シータヒーリングのセッションをやってきました。 - ナチュラルなイキカタ

ヒーリング後に、Tさんから「書道家の武田双雲さんのブログを読むと、参考になるかも」と連絡をもらいました。

f:id:ketoraaa:20180920103505j:image

そこでブログをサラサラっとみると、

おぉ、ものすごいポジティブに溢れている!

行間までポジティブではないですか!

しかも、ただ闇雲に前を向けって訳でもなさそう。

ある友人が言った「不眠になってしまって、、」
また別の友人が言った
「念願のショートスリーパーになれたんですよ。」

同じようで何かが違う言霊の世界。

事実は言霊で変わっていく。

大切なものを大切にするためのメリハリもあります。

僕は冷たい人間。

すべての人に
温度を保つのは無理だ。

辛い人の気持ちにすべて寄り添っていたら
自分が持たない。

だけど

そうやって冷たい部分
他人をほっておくことがあるからこそ

大切な時に
あったかくできる。

武田双雲さんのブログ:書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』Powered by Ameba

書道家としての一面しか知らなかった武田双雲さんに興味をもって、著者の「ポジティブの教科書」を読んでみました。

f:id:ketoraaa:20180910105703j:image

本からもポジティブが溢れ出ています。

ポジティブの食べすぎで、食あたりになりそう。ちょぼちょぼ読みました。

多分、食あたりになりそうに戸惑ったのは、わたしが理屈を入口(左脳型)にするのに対して、武田さんは感覚・直感を入口(右脳型)にしているからかもしれません。

理屈で理解するのが難しいことに、わたしの左脳が困惑したっぽいです。

でも、たどりつくところは同じ。

つながってますから。

電車か飛行機か、という違いだと思いました。

だから、マインドフルネスや認知行動療法という理屈のワードは出てこなくても、ものすごく共感しました。

励まされました。

サンディースパさんでもたくさんもらった、自分の感覚で行動しよう!自然に生きよう!という声が、これほど世の中にたくさんあったとは・・・。

アンテナの立て方が違うだけで、入ってくる情報が違うものなのですね・・・。

この本で冒頭に書かれるのが、ポジティブは思考じゃなくて技術だということ。

技術ですから、誰もが身につけることができるます。

わたしたちの常識では、ポジティブかネガティブかって二者択一ですよね。

AかBかどっちかって聞かれたら、必ずどちらかを選んでしまう。

A +Bを選んでもいいのに。

武田双雲さんは、ネガティブかポジティブかどちらか一方しか持てないのではなく、ネガティブな時間を短くして、円運動を描く感じでサラサラと流れるようにポジティブなイメージの時間を長くする練習によってポジティブな技術を身につけることができると体験してきたそうです。

円運動って面白いイメージですよね。

f:id:ketoraaa:20180910220112j:image

円運動なら、いったりきたりするのが自然で、ネガティブを払拭できない自分に振り回される必要はありません。

この本を通して一貫して書かれる最大のポジティブ技術が、とらえ方を変えれば人生が変わるです。

まさに認知療法!!

関連記事:【認知療法】認知療法とは何か - ナチュラルなイキカタ

わたしは認知療法を入口にして、このとらえ方の差に気づきましたが、多分「キングダム」風に言えば本能型の武田双雲さんは、長く徹底した実践によって導き出したんだと思います。

f:id:ketoraaa:20180913152237j:image

それにしても、認知療法って名前、なんとかしたいですね。

「療法」ってついてるし、漢字の羅列だし、かなりとっつきにくい印象を受けます。

ものすごく応用が効くし、生き方の土台にもなる常識を覆すレベルの技術にもかかわらず、イチ治療法にとどまってしまってもったいない。

ともかく、武田双雲さんは、幸せを感じながら生活する人と、不満、不安、不幸を感じながら生活している人との差は、性格でも運命でもなく、とらえ方だけだということに気づきました。

例えば、雨が降ったら「あいにくの雨」と思うか、「恵みの雨」と思うか。

f:id:ketoraaa:20180920101251j:image

このとらえ方の積み重ね。

小さな差。紙一枚の工夫。

物事の結果にだけ注目していると見逃してしまいますが、

大きな変化も、内実は小さな変化の積み重ね。日々の些細な出来事への思考を少しずつポジティブに変えていく。その積み重ねが結果としてでっかい変化になり、周りから「奇跡」と言われる。

わたしの体感とシンクロしました!

ではどうやってとらえ方を変えるのか?

このブログでも、まず自分のブロックを外すマインドフルネス、そして、とらえ方の選択肢を増やす認知療法、体験して体で納得する行動療法という方法を紹介してきました。

武田双雲さんは、それを見事にシンプルに言い表しています。

豊かな心と実行力。

・・・すごくしっくりきますね!

さすが言葉の達人。

天才です。

豊かな心と実行力の逆は、狭い心で何もしないで、です。

振り返ると、わたしはまさにその状態でした。

息苦しい狭い価値観の中でしか、生きていけないと思っていて、自分を責め続けて動きたくもなかった・・・。

そりゃもう、しんどい日々でした。

幸せと真逆の道を歩いていると、体から教わってやっと気づくことができました。

そこまでしなければ気付けないくらい、その狭い価値観は強いんです。

詳しくは本を読んでいただくとして、豊かな心に必要なのが、

書き出すこと

声に出すこと

良質な反省

休養という美しい余白

だそうです。

いやはや、めっちゃ分かります。

関連記事:【認知療法】コラム表をいちいちわざわざ手書きで書くと、思考の暴走を止めます - ナチュラルなイキカタ

関連記事:【働き方】「余裕ができたら休もう」では休めません!休息から段取りする働き方のススメ - ナチュラルなイキカタ

このなかで「声に出すこと」を例にすると、

あなたの声を一番聞いているのはあなた自身。潜在意識には主語がないから、他人に向けた不快な言葉も自分に返ってくる。他人をけなすほどに自己肯定感を下げる。人は自分の口癖には気づいていない。太りやすい、体調を崩しやすい、なかなか寝つけない。これらのよくある口癖を言った回数を数えたら、とんでもない回数になっている。そりゃ体もそちらに合っていく。

確かに、違和感に気付いたり、出来ない理由を探したり、直すべき点を見つけたり、できてることを過小評価するのは達人級でも、褒めたり、感謝したりしないって、わたしたちに染み付いた常識的な心がまえです。

美徳とすら言われる。

「いやいや、そんなことで変わるかよ!」と思われた方。

だからもう一つの大事なことが、実行力なんです。

失敗には何かの獲得があるから、失敗した時点で成功。成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと。エジソンは、「失敗とは思わない。うまくいかない方法を発見できた」と言っていた。だから、いかにして小さな失敗をしでかすか、失敗を楽しめるかがカギ。「いつか楽しいことをやる」のではなく、「今楽しいことをやる」の先に楽しいが続く。あれこれ実行してみること。やらないうちに悩んでいても、何の解決にも向かわない。向かわないどころか、脳内袋小路に入り込みドツボにはまってしまう。

わたし、30年以上ドツボにはまってましたわ。

とらえ方を変えようと考えても考えても一向に変わらない。

必要なのは実践、実行、行動だから。

まだその思考スパイラル続けますか?

関連記事:【認知療法】考えれば考えるほど物事が好転していった経験がありますか? - ナチュラルなイキカタ

先日セッションしたばかりのサンディースパさんとシンクロする話だらけでした。

なかでも引き寄せの法則は、とらえ方を変える技術に大きく関係してきます。

とらえ方を変えることって、言葉によって喚起されるイメージを変えることです。

そうすると、意志の力より想像の力の方が大きいから、関心を持ったものが膨らんでいき、イメージしたものが引き寄せられていく

これが、引き寄せの法則。

「バナナを想像しないでください」と言われると、必ずバナナを想像してしまいますよね。

想像の力を実感します。

想像は、現実よりも過酷です。

関連記事:【認知療法】想像は、現実よりも過酷です - ナチュラルなイキカタ

この法則から考えると、「病気を治したい!」と思うほど病気をイメージしてしまう。不安や体調不良に意識がいく。眠れないと焦って、眠れない自分に集中する。

イメージが繰り返されることで、ますます望まない自分に引き寄せられていく。

逆に健康体になっているイメージを抱くことができれば、体はもともと隠し持っている強烈な治癒能力を発揮する。

確かにわたしは、自然な生き方を目指しつつも、うつ病という枠のなかから出ることは困難でした。

「またうつ病になったらどうしよう」と、「うつ病というわたし」を何万回もイメージし続けていたからです。

逆に、うつ病と会社ではない自分をイメージしてみると、思い浮かばない・・・。

そりゃ、そっちに引き寄せられていくか・・・。

皆さんはどうですか?

ナチュラルな自分をイメージできますか?

武田双雲さんは、言葉によって喚起されるイメージをとても大切にされています。

ちょっとした言い方の工夫も本書にはたくさん出てきます。

ダカラコソデキルコトとか。

「うつ病だからこそできること」というと、うつ病が天からの贈り物っぽく変わりますよね。

「聖なるうつ病」とか。

イメージングの力を試してみるのは面白そうです。

かすみのような、うつ病と会社ではない自分のイメージを拾い集めて、はっきりしたものにしていきたいです。

本を読むのがしんどい、時間がないという方には、サンディースパの山口ユウスケさんに教えてもらったYouTubeの動画だけでもぜひ見ていただきたいです。

武田双雲さんと本田晃一さんのゆるーい対談で、武田双雲さんのエッセンスがつまってます。

武田双雲さんのはしゃぎっぷりが気持ちいい。

f:id:ketoraaa:20180920102155p:image

動画:武田双雲 本田晃一 トークセッション 旅祭2017 - YouTube

武田双雲さんは、子供の頃に学校の先生が巨人の勝敗で機嫌が決まるのを見て、「オレの機嫌はオレが決める。人に奪われたくない」と心がけてきたのだとか。

自分が上機嫌でいるために、

オレには未来も過去もない。今この瞬間のワクワクメガネだけで生きてる。だから、今目の前の人、今この瞬間が最高!

なんちゅーマインドフルネス(≧∀≦)

関連記事:【マインドフルネス】「いま・ここ」をありのままに受けとめて、過去(後悔)と未来(不安)に振り回されなくなる - ナチュラルなイキカタ

いやでも学校が、会社が、友達が・・・。

人の評価は超気まぐれでどうでもいい。人の評価ほど意味のないものはない。

そうは言っても・・・。

その考え方も天才!

 

職場から復職できそうか連絡がきました。

こんにちは。ケトラーです。

現在、神経衰弱状態と診断され、7月下旬から休職中です。

関連記事:とりあえず2週間、地元の群馬県館林市に帰って休みます。 - ナチュラルなイキカタ

診断書が9月末までとなっているので、診断書の期限を前にして、職場から連絡がありました。

内容は、

10月から復職できそうか?

10月も休むと新たな手続きが必要になる。

復帰するのも気分転換になるのではないか。

というもの。

いや、わたし、仕事大好きキャラだったかな・・・。

ま、わたしならこういう言い方はしません。

関連記事:復職して感じたうつ病への誤解 - ナチュラルなイキカタ

10月からの予定について、主治医はどのように言っているか?

とだけ連絡すると思います。

この方は本気で職場復帰が気分転換だと思っていて、親切心だとは思いますが。

これがわたしの会社だよなー。

起きることをリアルタイムに観察し続けるマインドフルネスであってはいけない。

全て見通しを立てなければならない。

こういう中でナチュラルにイキルって、「水の中で燃える」みたいなものだと思います。

水と炎のどちらが正しいか、という問題ではありません。

こういうものも含めて、全てを伝える資源として生かしていきたいです。

復職したら、とらえ方の千本ノックになりそう(・・;)

事前に決めないシアワセ

こんにちは。ケトラーです。

ここのところ、ご近所を中心に立て続けにカフェに行く機会がありました。

f:id:ketoraaa:20180919100818j:image

@カブトスカファ

アボカド、チーズ、牛乳のコラボ最高(*≧∀≦*)

f:id:ketoraaa:20180919100908j:image

f:id:ketoraaa:20180919100920j:image

@モンズカフェ

野菜たっぷりのサンドイッチおいしー(*≧∀≦*)

f:id:ketoraaa:20180919101205j:image

f:id:ketoraaa:20180919101216j:image

f:id:ketoraaa:20180919101228j:image

@ケイゴ

雰囲気いい、イスも座りやすい、味もおいしー(*≧∀≦*)

このカフェめぐり、ふらっとお店に立ち寄ってます。

事前に口コミとか調べない。

いくぞって計画もしない。

これ食べようって決心もない。

だから、店内が新鮮。

自分の感覚で味わえる。

メニューを決めるのが楽しい。

気ままに居られるのが心地よい。

これが、シアワセ。

たまにはドヘッってお店もありますが、それも含めて体験。

体験できることが、魂レベルのヨロコビ。

関連記事:【マインドフルネス】五感に豊かな生活と第六感で、日常に少しの新鮮さをもたらす - ナチュラルなイキカタ