ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂が喜ぶこと”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

インド一人旅最終日その2。帰国。

トゥクトゥクで無事、カーンマーケットへ到着しました。

f:id:ketoraaa:20190519174037j:image

マーケットは休みのはずなく、もちろんやってました。普通に。笑

とりあえず喉乾いたなーと思っていると、スタバ発見!!

f:id:ketoraaa:20190519173743j:image

インドのスタバに突撃です。

店内は日本と同じ雰囲気。

値段もほぼ日本と同じです。

ということは、インドでは相当な高級店と言えます。

違うのは、フードがめちゃめちゃ充実していて、どれもおいしそうです。

f:id:ketoraaa:20190519173810j:image
f:id:ketoraaa:20190519173805j:image

うー、胃の調子が良ければ・・・。

まてよ。これも、なんでもおもしろがっちゃう自分だったらどうするかな?

こうやって、何かの決断の時は、惰性で決めないで、理想の自分像をベース選択することが大事にしてます。

それなら、食べちゃうよね。

ということで、マンゴーフラペチーノと赤いケーキを注文。

全然喉の渇きも潤わないし、胃を刺激しそうですが、ガマンしない決断というのは気持ちがいいものです。

マンゴーフラペチーノはさすが本場、とてもおいしい。

f:id:ketoraaa:20190519173849j:image

フラペチーノがすっかり飲み終わった頃にやっと出てきたケーキはココナッツが掛かっていて、やはり砂糖は使わないのかとても素朴な味でした。

なんのケーキだったかは忘れました。

f:id:ketoraaa:20190519173908j:image

さて、マーケット内をぶらぶら。

目的地は、インドの2大最高級アーユルヴェーダコスメブランドのKAMAとフォレストエッセンシャルズ。

どちらも天然素材にこだわり、インドセレブ御用達らしいです。

まずKAMAに入ると、日本語のパンフレットが用意してありました。

f:id:ketoraaa:20190519174007j:image

店員はみな多分中国系で、ガムを噛みながら出迎えてくれました。

こういう店のあるあるなのですが、おしゃれなんだけど、実際には使いどころがあんまりないような化粧品が多くないですか?

ハンドクリームとかリップクリームに比べて、ボディオイルとか、ヘアクリームって、あんまり使わないですよね。

とりあえずKAMAは退店。

フォレストエッセンシャルズは、自然な香りのものが多い印象。

f:id:ketoraaa:20190519174112j:image

お土産として人気なのはローズウォーターらしく、店員も激推ししてくるのですが、

化粧水でもないのに、いつ使うのそれ?

と思って買わず。使えそうなお土産をいくつかピックアップして大切な人たちに買いました。

さすが有名なマーケットなので、久しぶりにたくさんの日本人を見ました。

買い物も済ませて、さあまた駅まで帰るぞ、とトゥクトゥクを探すと、すぐ発見。

駅までいくら?と聞くと、

150だよ

と。

100超えてるのでぼったくりなんでしょうが、来た時よりも安いじゃねーか。笑

相当ふっかけてたな、来た時のやつ。笑

150でOKして駅まで向かっていると、

どこからきたんだい。カレーはおいしかったかい?香辛料は好きなのかい?

みたいなことを聞いてきます。

適当に、

ああ、インドはいい国だね。香辛料は好きだよ。

みたいなことを答えていると、

いい香辛料の店を知ってるんだ。ここの近くなんだよ。

みたいなことを言ってます。おや雲行きがあやしくなってきた。

ノーノー。Go to station !

で寄り道せず駅まで。

トゥクトゥクとメトロを乗り継ぎ、無事デリー空港までたどり着きました。

事前情報によると、飛行機の時間の3時間前にならないと空港に入れないとのことでしたが、それだと20時まで外で待つことになります。

それは勘弁してほしいので、この時18時でしたが、試しに入口の警備員に予約控えとパスポートを見せると、入れてくれました。

残ったルピーを円に両替しようとしましたが、3000ルピー以上じゃないと両替しないと言われて、両替機できず。

1500くらい余りました。

帰りは、JALの共同運航のマレーシア航空です。

クアラルンプールで乗り換えがあります。

23時に出て、朝方クアラルンプールに着き、そこから成田へ。成田には18時頃着きます。

だいたい15時間のフライトです。

無事チェックインも済ませ、長時間のフライトの前にシャワーを浴びたかったので、有料ラウンジを利用しました。f:id:ketoraaa:20190519174239j:image
f:id:ketoraaa:20190519174232j:image

2時間で3000円なので、けっこう高級です。

そのかわり、食事も食べ放題。

入場時にシャワーの予約をして、夕食にします。

f:id:ketoraaa:20190519174326j:image

実は、ここで食べたカレーが一番おいしかった。笑

シャワー室も、シャンプー、ボディソープ、歯ブラシ、ドライヤーもあって万全。

f:id:ketoraaa:20190519174359j:image
f:id:ketoraaa:20190519174356j:image
f:id:ketoraaa:20190519174351j:image

すっきりして、長時間フライトを迎えられました。

f:id:ketoraaa:20190519174506j:image

飛行機に乗ってすぐ、さあ寝ようと寝ていると、いきなり機内食になって起こされました。笑

いやいや、深夜0時だよ!

みんな食べてましたが、わたしは断って寝ました。

クアラルンプールでの乗り継ぎも無事済ませ(トイレのジェットタオルがダイソン!)、クアラルンプールから成田はさすがにほとんど日本人。

映画でもみようかな、と思いましたが、映画の種類も少ないし、日本語字幕もないしで断念。

f:id:ketoraaa:20190519174538j:image

JALってすばらしかったのね。笑

機内食も微妙な日本食でした。

f:id:ketoraaa:20190519174607j:image

残りはほとんど寝てました。

寝ても寝ても、いくらでも寝れました。

旅の途上では邪魔者だったネックピローが大活躍。

おかげでまったく首が痛くなりませんでした。

無事に成田に到着!

いやー、生きて帰ってきたよ。

日本のトイレは芸術品だなと、感動。

先日記事にしたように、GW明けに病院に行って、下痢の原因はO111(O157の仲間)だったことが判明したのでした。

日本って、ほんと、野菜のおいしい国です。

生野菜がバクバク食べられる。

f:id:ketoraaa:20190519174642j:image

ハエもいないし、お粥も薬もすぐ買えるし、ちゃんとした病院がたくさんあるし、クラクション鳴らさないから静かだし、東京ですら空気がきれいだし、ぼったくられることもまずないし、ご飯はおいしいし。

だからこそ逆に、日本人の幸福度が低いのって、ほんの小さな初期設定の違いなのかも、と思います。

99の幸福を見ないで、1の不幸だけ見てる習慣。

1の不幸だけ見ていれば、世界はすべて不幸ですから。

インドに一人旅に行けた自分にも驚きました。

飛行機と宿だけは手配してましたが、はっきり言ってそれ以外は無計画でした。

それでどうなるかって試してみたわけですが、なんとかできたじゃん自分。

ぐっちやるじゃん。という感じです。

なんか、けっこう大雑把に生きてもいい気がしました。

その方が、楽しいんですよね。

 

ぐっち