ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。たくさんの人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

なんでうつ病から復職して3ヶ月で旅行にいけるの?疲れないの??

こんにちは。ぐっちです。

いま、裏磐梯に向かうバスのなか。

これから5時間のバス旅です。

先に行ってる妻たちの犬旅に合流です。

うちの犬は、ピレネー山脈起源の犬種なので、寒いとこ大好き(^^)雪大好き(^^)なんです。

f:id:ketoraaa:20190119083143j:image

そんなわけで、雪のシーズンは豪雪地帯裏磐梯の定宿でお世話になるのが定番。

このブログを継続して読んでいただいてる方はご存知のとおり、去年の8月頃は実家と図書館、レンタルコミック店の往復だけの日々でした。

関連記事:手探りで、ささやくような身体の声を聞いています - ナチュラルなイキカタ

それが、穂高へリラックス旅、鵠沼海岸へマッサージに、群馬県渋川市に友人に会いに、沖縄ひとり旅、御殿場でスピリチュアル映画会、鎌倉ゲストハウス旅、島根で武田双雲セミナー合宿、沖縄スピリチュアル旅。そしていま裏磐梯へ。

どうしたぐっち!?!?

別人のようだぞ!笑笑

無理してないか?反動がくるぞ?

なんなんでしょ。もう楽しくて楽しくて(^^)

サンディースパの山口ユウスケさんの言っていた、エネルギーの絶対値ということと、わたしのいまの体感は見事にリンクします。

関連記事:心と体をゆるめて自然な生き方を引き出す唯一無二のマッサージサロン!サンディースパに行ってきました! - ナチュラルなイキカタ

悲しみが10の人は喜びも10。1の人は1。プラスもマイナスも同じ幅。

それが絶対値。

だから、関心、注意の向け方を変えることができれば、プラスに大きく振れる。

普通だったら復職してしばらくは、安全運転最優先の日々が必要です。

2回目の復職の時は、そういう過ごし方でした。

関連記事:「一生懸命がんばる」だけでない仕事の仕方 - ナチュラルなイキカタ

もちろん、この過ごし方もとても大切です。

治療という視点から言えば、体調によっては必ず必要な時期でもあります。

この時期がなければ、わたしのいまの気づきもなかったと思います。

それでは、この時といまでは何が違うのでしょう?

それは、間違いなく行動のエネルギー源です。

以前の行動のベースは、不安でした。

病気にならないように。

嫌われないように。

お金を減らさないように。

思い当たる方、多いのではないでしょうか?

ただ、そこに気づけていれば変化は早いです。

今の行動のベースは、本心です。

目的はわからないけどやりたい!

楽しい!気持ちいい!おいしい!

これを、分岐点となった8月下旬のTさんとのセッションで、

3ヶ月だけやってみて

と言われたのも大きかったです。

いきなり、あなたはこう変わる必要があるって言われたら、目の前の変化の壁にフォーカスして変われなかったと思います。

それが、「3ヶ月本心から行動すること」だけに集中できました。

もう6年闘病していたので、3ヶ月くらいなら力まず始められました。

そこで小さな小さな体感から積み重ねてみたところ、気づくと周りから別人と言われるようになっていました。

体感が、心のブロックを外していったんです。

自分の心のブロックは、自分しか外せない。

逆に言えば、自分なら外すことができる。

ほかの誰にもできないことが。

それは、復職から3ヶ月たったころでした。

それまでは、もうわたしのエネルギーの残量が少ないのだから、節約してなんとかガス欠にならないように配分していこうと思ってました。

ところが、自分のカラダにはまだちゃんとエネルギーはあったんです!

6年闘病して、その前から何度も何度も自己否定で傷つけていたにもかかわらず!

ほんとうに自分のカラダに感謝です。

いつかくるこの日のために、ひっそりと持っといてくれて。

人間のカラダって不思議です。

でも、そういう力があるんです。

もう一つ以前といまで違うのは、薬との付き合い方ですね。

その辺は、サロンでお話ししましょー(^^)

参加受付中です!→ナチュラルオープンサロン申し込み