私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

大企業で働くことに翻弄されて消耗し、うつ病で2回の休職と復職を経験したketoraaaです。私がうつ病の治療で出会って感動した、肩の力が抜け、足りているものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心を持った自分に近づくための小さな工夫をご紹介します!【毎週末更新】

手探りで、ささやくような身体の声を聞いています

こんにちは。

ketoraaaです。

いまは、仕事を休職し、東京都江東区を離れ、地元の群馬県館林市にいます。

ただ横になっていたいのですが、それだけだと思考の迷走のやりたい放題ですし、生活のリズムを崩しすぎたくもないので、聞こえるか聞こえないかくらいの身体の声を聞いて、できる範囲のことだけはやります。

いまは、なんとなく「ワンピース」を読んでいます。

この時期、身体が受け入れるものは、千人いれば千通りあり、手探りで自分に合った方法、自分の神経が休まる道を探します。

つわりの時に何が食べられるか、と似ているかもしれません。

散歩なのか、読者なのか、土いじりなのか、音楽なのか、掃除なのか、睡眠なのか、会話なのか、テレビなのか。

無理は禁物です

「やらなきゃ」と思ったことはやりません。

なんとなく「いまやってもいいかな」と思ったことだけ、軽く触ってみます。

それで、「ワンピース」を読んでいます。

空島編まで読みました。

わたしの兄は逆に、「人が頑張っているマンガを読むのがつらかった」と言っていましたので、これも千差万別です。

兄のオススメは「高校アフロ田中」シリーズだそうです。

夕方、散歩もかねてレンタルコミックを返しに歩いていきます。

群馬県民にしか分からないと思いますが、最初の休職時はファミリーブックだったレンタル屋が、ゲオになっていました。

コミック10冊500円なのがありがたいです。

群馬県は車社会なので、歩いている人はほとんどいません。

たまに高校生らしき自転車が通るくらいです。

そして、空き地ばっかりです。

東京では、サラリーマンがどう頑張っても築40年の中古マンションを買うのが精一杯だというのに。

みんなおかしいって分かってますよね。

f:id:ketoraaa:20180731182702j:image

わたしの影がながいです。

レンタルコミックを持ってたたずむ36歳の影って不思議な気がします。

でも、それも人生ですかね。

正解はないし、全員違うし、こういう瞬間があるもの、人生でしょうか。

意外と他人は自分が意識するほど他人を見ていない、と多くの人から言われます。

そうなんでしょうね。

マインドフルネスに、往復30分くらいの散歩です。