ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂が喜ぶこと”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

インド一人旅1日目!復職から7ヶ月で初海外一人旅にトライ!

今日から、史上初の10連休を利用した7泊8日、初の海外一人旅について書いていきます!

決断の経緯はこちら:今年のゴールデンウィークはインドにヨガやりに行ってきます! - ナチュラルなイキカタ

初の海外一人旅、しかもインド。

仕事に復職してからまだ7ヶ月。

3度目の休職でしたし、セオリーから言えば、送りバントのように慎重に過ごす時期です。

ですがわたしは、病気ベースじゃない自分、本心ベースの自分で、心が動いたことなら素直に何でもやってみる実験中☆

「無理してる」とか「やらなきゃ」という感じはありません。

「いつか」の楽しさじゃなくて、「今」の楽しさの先に楽しさが続く

という武田双雲さんの言葉に背中を押されて、4月28日10時40分成田発デリー行の日本航空で旅立ちました。

f:id:ketoraaa:20190511095340j:image
f:id:ketoraaa:20190511095336j:image

日本航空なので、機内はまだまだ日本人ばかりで安心。

席のお隣はインド人でした。

この方、デリーに着くまで一度もトイレに立たず!

GWで滑走路が激混みなのか、フライト体制になってから待つこと1時間。

ようやく飛び立ちました。

わたしは3度目の海外ですが、機内で観る最新の映画も楽しみ。

f:id:ketoraaa:20190511095410j:image

グリーンバブック

ボヘミヤンラプソディ

クレイジーリッチ

ファンタスティックビースト

などなど、さすがの日本航空の充実度。

どれをみようかワクワク(´∀`)

枕やひざ掛けも用意されていて、エコノミーでもなかなか快適です。

f:id:ketoraaa:20190511095520j:image

搭乗してすぐ機内食。機内食ってなぜかテンション上がります。笑

f:id:ketoraaa:20190511095619j:image

ふつうにおいしい。メインの選択肢も3つあって豊富!

食事を済ませた後は、ファンタスティックビーストを観たり、クレイジーリッチを観たり、地球の歩き方を読んだりして過ごしました。

デリー までは約9時間。

日本とインドの時差が3時間半なので、デリー に着くのは現地時間の17時前くらいになります。

日本では20時半くらいですね。

到着前に軽食も出ました。

f:id:ketoraaa:20190511095709j:image

出されてので食べましたが、この軽食の意味ってなんなんでしょうね?笑

さすが日本航空、快適でした。

買っておいたネックピローのおかげで、首も疲れず!

邪魔だったけどもってきておいて良かった(^^)

映画「クレイジーリッチ」に意外に泣きそうになった自分に驚きながら、デリーに着きました。

ロビーの有名なモニュメントに、

f:id:ketoraaa:20190511095848j:image

写真の美男美女で表示される噂の空港のトイレ。

f:id:ketoraaa:20190511100029j:image

ほほほー。

ほんとにきたよインドに!!!笑

まずは入国審査から。

f:id:ketoraaa:20190511100129j:image

さあ、ここからはいよいよ英語です。笑

以前のわたしだったら、日本でちょっとは英語を準備をしたでしょうが、あえてのいきあたりばったり!

入国審査で指紋を取られるのですが、審査官の指示がわからずオロオロする日本人もチラホラ。

わたしは、入国カードに書いたゲストハウスについて

「どこにあるゲストハウスだ?」

と聞かれて、

リシケシ

と答えたところ、

リシケシも書け

と言われて、スペルを調べていたら、めんどくさそうに審査官が書き足してくれました。笑

日本で買った海外用SIM(8日間4GBで1500円!)も無事使えています(^^)

税関は完全自己申告制なのか、書類すら書くことなく完全スルー。

とりあえず空港で当面の活動費用を両替です。

f:id:ketoraaa:20190511100241j:image

どのガイドにも書いてありますが、空港の両替レートはかなり悪いらしく、空港では初日分くらいの両替に留めて、街の両替所やホテルで両替した方がよいとのこと。

とりあえず4000円だけルピーに変えました。

たいていの記事に、1万円以上じゃないと受け付けてもらえないよ、と書いてあったのですが、大丈夫でした。

そして、ターミナルの外へ!

f:id:ketoraaa:20190511100327j:image
f:id:ketoraaa:20190511100331j:image

野良犬が暑そうに寝ています。

そりゃそうか、43℃だもんね。

あぁ、本当にインドってあったんだ。

いや、そりゃあるんですけどね。笑

なんとなくずーっとテレビの箱の中でだけ見てきましたので、現実感はなかったです。

それが、人の喧騒と、この灼熱と、埃っぽい空気で、はじめて生命感を持って目の前に現れました。

地球って広いんだなぁ。

さて、デリー空港は、市内から離れているので、みなさん何らかの移動手段で移動することになり、ここで日本人のみなさんともお別れ。

さあ一人だぞ。

この移動が、ぼったくりと詐欺の宝庫らしいので、事前に宿に送迎をお願いしておきました。

6番出口を出たとこにいる、ということになっていたのですが、待てど暮らせどいない。

その間にも、

どこに行きたいんだいあんちゃん?

みたいな感じで話しかけられます。

いやいや、予約しているから

と断りつつ。

しばらくして、もしかして、違う出口のとこにいるのかも、と探してみると、

いました。笑

5番出口にわたしの名前の紙を掲げた初老の男性が。

無事合流できたので、宿に向かいます。

f:id:ketoraaa:20190511101254j:image

ちなみにこの送迎、1300ルピーで、1ルピー1.7円くらいですが、2200円くらい。

インドにしちゃかなり高いですが、この辺は多分安全を買ったほうがいいです。

安く済ませる!がテーマの旅行なら別ですが。

デリーは暑いだろ、今日は43度だぜ!

日本から来たのか!日本は何度なんだ?

みたいなことを言ってたような気がします。

両替をしたいんだけど、両替所に行ってくれ

とお願いしたのですが、

この辺に両替所はないよ

と困った顔。

まあ、ついたら宿の人に聞けばいいか。それにしても、噂通り、インド人はクラクション鳴らしまくりです。笑

車線はあってないようなもの。

抜かしたり抜かされたり。

その際に注意でクラクションを鳴らすので、そこかしこでクラクションが鳴ってます。

多分、「気を付けて」くらいのニュアンスで「危ない」とか「邪魔」というニュアンスではないようです。

空港から30分くらいして、住宅街に入ると、本日の宿、Colonel's Retreat At The Airportに着きました。

こちらは1泊4000円くらいの、まあまあの値段の宿です。

インドの宿は本当にピンキリで、ハイクラスのホテルは日本と変わらない値段ですが、安いところは圧倒的に安いです。

宿で無事両替もできました。

f:id:ketoraaa:20190511102022j:image

f:id:ketoraaa:20190511102127j:image

確かに、空港のレートよりよいレートで両替してくれました。

ルピー札は不思議で、1000ルピー札がなくて、500ルピー札と2000ルピー札なので、支払う時の計算がちょっと面倒です。200ルピー札もありましたが、100ルピー札があるのでいらなくね?とも思いました。

なんでなんでしょう?

夕食はどうするか聞かれたので、この辺においしいレストランはないか聞いたところ、この辺にレストランはなくて、宿で食べられるということでしたので、250ルピー(400円)でお願いしました。

部屋に入ると、

エアコンがある!

ミネラルウォーターがある!

バスタオルもある!

トイレットペーパーもある!

シーツもキレイ!

お湯が出る!

wi-fiもある!

ベッドでかい!笑

f:id:ketoraaa:20190511101959j:image
f:id:ketoraaa:20190511102002j:image
f:id:ketoraaa:20190511102007j:image
f:id:ketoraaa:20190511101950j:image
f:id:ketoraaa:20190511101955j:image

いや、安い宿だとシーツが汚くて眠れないくらいに聞いてましたが、ここは大丈夫でした。

想像していたよりかなり綺麗です。

ちなみにこの宿は、Booking.comで口コミのいいところを予約しました。

荷物を置いて、街を散策。

f:id:ketoraaa:20190511102242j:image
f:id:ketoraaa:20190511102248j:image
f:id:ketoraaa:20190511102252j:image
f:id:ketoraaa:20190511102238j:image
f:id:ketoraaa:20190511102235j:image

いや、空気がけむい!笑

すごいほこりっぽいというか土っぽいというか。

スマホの天気予報にも、「重度の汚染」という見たことのない表示が出てます。笑

あ、車道を牛が悠々と歩いている。

ん~インドっぽい。

そして、なんかわかんないけど人がめちゃめちゃいる!笑

ん~インドっぽいです。

インドの結婚式が盛大だというのはテレビで見てましたが、たまたま宿の近くで金婚式のお祝いをやってました。

最初結婚式なのかと間違うくらいの盛大さ。

f:id:ketoraaa:20190511102459j:image
f:id:ketoraaa:20190511102504j:image

宿のある住宅街は、ゲートで区切られてました。

この辺も格差なんですかね。

f:id:ketoraaa:20190511102605j:image

部屋に戻って、宿が用意してくれた夕食です。

f:id:ketoraaa:20190511102634j:image

あ、これこれ、という感じ。

ちなみに、実はインドではナンはあまり食べられないようです。

ましてや、日本で食べる甘めのナンは、ネパール人が日本人好みにアレンジしたものらしく、こちらのナンは素朴な味です。

カレーはスパイシーですが、具材のだしの深みのようなものはありません。

まあ、この辺も好みでしょう。

よく分からなかったのが、付け合わせの生野菜。

キュウリと何かをスライスしたものなんですが、これはサラダ的なものなのかどうか・・・。

とりあえず、辛さを紛らわせるために食べました。

後で知ったのですが、インドでは生野菜はNG!!笑

生野菜を洗う水が危険だからです。同じ理由で、カットフルーツもNGらしいです。

いやぁ、バクバク食っちまっただ。

食事を終えた時間は、日本時間だと既に寝る時間ですが、時差ぼけ防止で眠気をこらえてインド時間の就寝時間になるのを待ちます。

試しに、日本とLINE電話してみましたが、ちょっとタイムラグはあるものの、けっこう普通に会話できました(≧▽≦)

国際電話がこれだけクリアに無料でできるって、感動です(T ^ T)!!!

そんなこんなで、インド初日の夜は更けていったのでした。

つづきます。

 

ぐっち