ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

安近短でどのくらい旅行気分は盛り上がる!?週末鎌倉プチタビで実験!

こんにちは。ぐっちです。

復職して1カ月半たちました。

意味を感じない仕事、理不尽好き勝手な同僚に、日々何かが削られている気がします。

この時間に耐える代価として、お金を得ている。

まさにその最中です。

心が動く方向にまっすぐに進むようにして2カ月半。

ここ数年感じたことのない痛快なフィーリングではありましたが、シータヒーリングのTさんから「復職すると、以前の価値観からの同調圧力がすごい」と言われていたとおり、復職して感じる居心地の悪さは、それと拮抗するか上回る消耗です。

www.artofnaturalway.com

わたしに燃えだした、瞬間瞬間にふくらむ感覚を消したくないと、復職してからも食事会にいったり、マインドフルネスリトリートに行ったり、脱毛に行ったり、自分の声を基にした体感を大切にしてきました。

1月には9月以来の沖縄一人旅、2月にはバリ島旅行に行くつもりです。

それでも、一日の大半を職場で過ごす生活は、1月の沖縄旅までに心の回路を鈍くするような気がしました。

簡単に言うと、「それまで待てない!」と。

とはいっても、有休は限られている。

3年前に半年休職したことでチャラになった有休は、綱渡り状態が続いています。

かといって近場の温泉の一人旅だと侘しさが際立つだけのような気がしました。

そうこうして何日か頭の片隅でころがしていると、「鎌倉」というキーワードが浮かびました。

そういえば、鎌倉のゲストハウスに宿泊したらどのくらい旅行気分が味わえるんだろうって、いつか試してみたいと思ってました。

「いつか」がでてきたらチャンスです。

鎌倉なら1泊2日でも気軽に足を運べるし、ゲストハウスなら、移動費と宿泊費あわせた旅行代が6,000円くらいで、気軽に試せます。

沖縄の「海でぽかーんとしたい!」のような、鎌倉で何か!という目的があるわけではありません。

ただ「鎌倉」というキーワードを拾っただけの旅行。

どういう体感があるのか、未知数でドキドキします。

予約したのは、鎌倉で圧倒的な人気の「鎌倉ゲストハウス」

通称「カマゲス」

f:id:ketoraaa:20181119215153j:image

囲炉裏もある古民家ゲストハウスです。

土日を利用した1泊2日のプチタビのはじまりです。

つづきます。