Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験したからこそ、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

GoTo屋久島〜「いつか」を「今」に

こんにちは!

人生を自然で豊かにするヒントを紹介していくブログ「Restart with True Engine」のぐっちです!

 

屋久島に行ってきましたー☆

 

10月5日から10日まで。

最初は3泊4日の予定が、台風で5泊6日に。

それはそれで楽しかった。

 

1997年に「もののけ姫」が公開してから実に27年!

念願だった屋久島です。

「いつか」を「今」にできたよろこびに浸ってます。

もうこれは体感なんで、言葉では言い表しようがない!

 

ボクの経験では、自己肯定感は、

何か目標を達成したから上がるもの

ではなくて、

魂のキャッチャーミットにストライクが入ると、勝手に上がってくもの

という気がしてます。

 

そんなわけで、今日から何回かに分けて、GoTo屋久島の旅をレポ。

 

縄文杉トレッキングでクタクタになったり、台風に足止めをくらったり、思いがけない出逢いに恵まれたり、今回の旅も色々ありました。

結論から言うと、

 

屋久島めちゃいいところ

 

にしても、今後2度とないであろう税金による旅行補助「GoToトラベル」はすごすぎる。

ぜひみなさんもご活用ください。

延長されるっぽいので。

予算の状況から言うと。3ヶ月から半年くらい延長だけど、来年度予算にも組み込まれたら少し息の長い政策になるかも。

 

さて、屋久島です。

屋久島は有名だけど、実は鹿児島県にあります。

小笠原が東京にあるようなもの。・・・なのか?笑

日本地図的にはこのあたり。

f:id:ketoraaa:20201012150332j:image

 

屋久島に空港はあるのですが、東京から直行便がありません。

大阪と福岡からのみ。

なので、東京のボクは鹿児島まで出て、そこから飛行機を乗り継ぐか高速船に乗り換えます。

鹿児島空港と屋久島空港を結ぶのはJACのみのため、移動に時間とお金がかかって、台湾・韓国などの気軽な海外よりもちょっとハードルがある。

その分、GoToキャンペーンが背中を押してくれました。

 

鹿児島までは、ボクの旅のお約束LCCのPeach。

時期にもよりますが、鹿児島まで片道8000円と破格です。

7ヶ月ぶりの成田第3ターミナルは、国際線が休業のため実質Peachのみでガラガラ。

f:id:ketoraaa:20201012150407j:image

新型コロナウイルスの影響を痛感します。

 

鹿児島までは2時間余りの空の旅。

普段の成田・鹿児島便の様子が分からないですが、GoToという破格の旅行補助がある割にはガラガラな気がします。

 

「等伯」という小説を読んでいたら、あっという間に初鹿児島!

あったかいです!

ここで、今回の旅のバディの沖縄のEちゃんと合流。

関連記事:BEACH SESSION ON SESOKO ! - Restart with True Engine

 

まずは空港で鹿児島名物黒豚で腹ごしらえ。

f:id:ketoraaa:20201012150533j:image

そのあと屋久島行きの飛行機に時間があるので、観光案内所で周辺観光情報を聞きます。

以前の僕ならこういう空き時間も緻密に計画を立ててましたが、こういうところはノープランが楽しい。

空港から徒歩圏内には何もなく、空港と鹿児島市内は離れているし、電車もないので難しいかと思ったのですが、空港と鹿児島市内を結ぶバスが20分に1本出ているということで鹿児島市内へ。

鹿児島中央駅まで40分のバス。

バスの道すがら、鹿児島市内の観光情報を調べます。

 

鹿児島中央駅周辺は思った以上に都会。

f:id:ketoraaa:20201012150601j:image

ん〜いい天気です。

市電も走ってます。

f:id:ketoraaa:20201012150627j:image

市電に乗って、まずは天文館へ。

多分、市内一の繁華街っぽい。

ここで、鹿児島名物「白くま」を食べることにしました。

途中有名な大久保利通像にも遭遇。

f:id:ketoraaa:20201012150702j:image

↑見えますか?笑

 

f:id:ketoraaa:20201012150658j:image

天文館についたら、さっそくぐぐって、元祖白くまと言われるお店へ。

f:id:ketoraaa:20201012150722j:image

たしか、バナナマンのせっかくグルメでみたことある気がする!

 

白くまって、練乳たっぷりかき氷なんですね。

大きかったです。

f:id:ketoraaa:20201012150748j:image

 

その足で、桜島がよく見えるという城山展望台へ。

気軽に登れるかと思ったら、意外にしんどくて、明日の縄文杉チャレンジを前にして、Eちゃんはすでにバテバテ。笑

おいおい大丈夫か。笑

あと何分とか看板が欲しい。

 

展望台からは、市内と桜島が一望。

f:id:ketoraaa:20201012150810j:image

しかし、二人とも汗だくで、帰りのバスの時間が迫っており、味わう余裕が・・・。笑

ほとんどの人が車できていたので、鹿児島市内は歩いて観光するにはむかないかも。

展望台に行くのに思いの外時間がかかり、屋久島空港からの飛行機に間に合うバスに乗る時刻が迫ってました・・・

あわててタクシーをつかまえて、ギリセーフ。

 

鹿児島から屋久島は小型機で30分ほど。

あっという間です。

飛行機にプロペラついてます。

f:id:ketoraaa:20201012203825j:image

片道1万なので、東京・鹿児島より高い。笑

地元の人が言うには、レーダーとか付いていなくて目視で着陸するので、雨などで視界が悪いと飛ばなくなるのが特徴だそうです。

途中、上空からの桜島。

山が生きていることを実感する圧巻の桜島に目を奪われます。

f:id:ketoraaa:20201012150906j:image

実は、桜島を見るには空の上からが最高なのかもしれません。笑

 

屋久島までは高速船もメジャーな移動手段です。

僕の場合は、高速船が片道8000円で所要時間が2時間、さらに空港から港まで1時間でトータル3時間。

飛行機は時期にもよりますが片道1万円で所要時間が30分とういうことで、飛行機を選択。

トレッキングに向けて少しでも体力を温存しておきたいという戦略です。

 

30分は、飛び立ったと思ったら到着。 

ついに、念願の屋久島上陸です!

f:id:ketoraaa:20201012150947j:image

 

さて、屋久島に着いたらレンタカーを借ります。

町内はバスもあるしタクシーもありますが、1周3時間と意外と大きい島なんです、屋久島。

宿は空港や縄文杉の登山口から離れたところにあることが多く、車移動となることも多いのでタクシーを使っていると費用がかかることから、ほとんどの人がレンタカーを借ります。

僕はレンタカーナビという空港からすぐ近くのことろで借りて、3泊4日で1万3千円と激安。

ちょうどそのレンタカー屋さんに教えてもらったのが、

屋久島満喫商品券!

市内色々なところ(ホテルや飲食、ガイド代など)で使える1万円の商品券が、4千円で買えるという超お得な商品券です。(2泊以上の場合)

知らなかった・・・

ラッキー^ - ^!

空港すぐ近くの観光案内所で2名分2万円の商品券を、8千円でゲット。

GoToもあるし、すごい。

来年の3月末まであるようです。

満喫商品券:屋久島町観光消費型プレミアム付商品券事業を開始します|人と自然と。世界自然遺産屋久島

 

その後、翌日のトレッキングのためのザックや登山靴のレンタル。

町内には登山用品レンタルがたくさんあるので、用意する必要はありません。

 

日も暮れた頃、この日から3泊お世話になる、JRホテル屋久島へ。

f:id:ketoraaa:20201012151012j:image

通常だと泊まるのを躊躇する島内でもお高いホテルですが、GoToがあるので3泊で一人4万ちょっとで手の届く範囲に。

さらに地域クーポンも8千円分もしっかりもらいました。

 

部屋もとってもきれい。

f:id:ketoraaa:20201012151041j:image

ヨガをやったり色々使えそうな畳スペースも。
f:id:ketoraaa:20201012151037j:image

バストイレは別にして欲しいけど。

食事は会席。

屋久島の素材をふんだんに使い、大満足。

f:id:ketoraaa:20201012151111j:image
f:id:ketoraaa:20201012151128j:image
f:id:ketoraaa:20201012151123j:image
f:id:ketoraaa:20201012151119j:image
f:id:ketoraaa:20201012151115j:image

温泉はとろっとろ。

星空も美しく、肉眼で天の川が見えました。