ナチュラルなイキカタ

適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験しても、念願だったインドでのヨガを実現したサラリーマンが、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

風邪とワイの免疫力

木曜日に38.2℃の熱を出して、一応新型コロナウイルスの相談センターに電話しました。

朝だからか、意外とかかりました。

 

あのー、昨日から少し喉が痛くて、今日は体がだるくて、熱が38.2℃あるんですが・・・

 

「咳とか、息苦しさとかはないですか?」

 

それは全然ないです。

 

「新型コロナウイルスは呼吸器の症状がでますので、それでしたら、風邪のひき始めですね」

 

あ、そうなんですね。

 

というわけで、内科へ。

待つこと1時間。

処方された薬は、喉の炎症を和らげる薬と、抗生剤と、下熱剤。

 

ん?

 

抗生剤と?下熱剤?

 

もうろうとする頭で考えました。

抗生剤(抗生物質)って、風邪には意味ない、むしろ耐性菌を生み出すから、濫用はよくないってよく報道してなかったか。

スマホで調べましたが、やはりそうみたい。

下熱剤も、下痢止めと同じで、体がウイルスと戦うために熱を出しているのに、それを無闇に下げるものでもなかったような・・・。

もちろん、余りに苦しい場合は別でしょうが。

さらに待つこと1時間。薬剤師さんに聞いてみました。

 

抗生剤って、風邪には効かないと聞きますが?

 

「そうですね。

風邪の原因はウイルスで細菌ではないので、直接抗生剤は効きません。

免疫が弱って細菌に感染しないための予防的な意味合いですね」

 

それでは、飲まなくてもいいんですか?

 

「そうですね。

飲むなら出された量をしっかり飲み切ってください。中途半端に飲むと、今後この抗生剤が効かなくなってしまうので、飲まないなら一切飲まないでください。」

 

そこでワイは考えたわけや。

ほー。ええ機会やないか。

ワイの免疫細胞VS謎の風邪ウイルス(風邪の原因となるウイルスは数多ありすぎて通常特定しない)の、ガチンコバトルや!!

 

そんなわけで、ワイはトータル3時間弱かけて、葛根湯(どこにでも売ってる漢方)とポカリスエットを買ってさっそうと帰路についたわけや。

 

はたしてほぼ免疫の力だけでバトルしたら、どのくらいでワイの免疫細胞がウイルスに勝つんか。

試したくなったんよ。

本来のワイの力を。

 

それから、寝込むこと2日。

頭が痛いとのぅ、どんなハッピーなもんも、灰色に見えるわ。

まぁ、ワイは慣れとるけどのぅ。

がはは。

あひ。

 

土曜日には、喉の痛みと頭痛は残りつつも、見事36.5℃まで下がりおった!

たいしたもんやで!

ワイの免疫細胞!!

f:id:ketoraaa:20200307215818j:image

これが自然治癒力に感謝するワイや。

薬のみゃ当たり前のもんも、体の働きに任せると喜びもひとしおや。

自撮りやけどなwww

まぁ、その辺はナニや。

あんまり触れんとこか。

風邪薬飲むんと、あんま変わらんやんけ。

ってか、むしろ風邪薬ってなんやねんw

 

さ、えせ広島弁か関西弁かもこの辺で終わりや。

 

ぐっち