Restart with True Engine

スーパーマンと言われたサラリーマンが、適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験して、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むとうつになった自分を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ&質問大歓迎です!!

(一部の人には)不都合な法則

“うまくいく”って魔性の響きですよね。

うまくいくために、努力し、頑張り、切磋琢磨し、克己し、我慢する。

 

学校では、まさにこの形の「うまくいく法則」を学んできました。

究極形態が今がシーズンの“受験”

 

ところが。

社会人になって幸せそうな人たちに会うと

(成功している人たちではない!)

どうもその法則を使っていない!

 

幸せそうな人たちに共通するのは、

 

うまくいかせる

のではなく

勝手にうまくいってる

 

というところ。

これは、今までの形で権威を得てる人には、不都合な法則です。笑

友人に勧められて読んだ奥平亜美衣さんの「宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則」にも、うまくいっちゃう法則が書かれていました。

f:id:ketoraaa:20200130212509j:image

 

たぶん、みんななんとなく気付いているとおり、

ゴールにこだわらなくなると、望んでいたゴールを引き寄せる

という矛盾が起きてることが多くあります。

結婚にこだわらない人の方が結婚してる、とか。

 

メンタルブロックも関係してると思いますが、

この本によると、

 

ある出来事が起こる(起きない)。

→自分にとって一番都合のいい考え方を探す。

→機嫌が悪い状態を短くできる。

→波動が上がる(楽しいもの、心地よいものとつながりやすくなる)。

→望みが叶うことが多くなる。

 

という流れによってそうなってる、と。

f:id:ketoraaa:20200130212227p:plain

 

そうなんですよね。

ポジティブな人って、要するに自分に都合のいい考え方をするのがうまい。笑

「あ、そういうとらえ方すんのねー」って、驚かされません?笑

都合のいい考え方=アイデアは繰り返されれば強化されるし、使わなければ錆びていく。

そうしていると、何かの形にこだわるんじゃなくて、

勝手にうまくいく状態でいる

ことにエネルギーを投下できちゃう。

逆に言うと、「うまくいかない状態でいること」へのエネルギーの浪費は最小限にできる。

 

この本にも書いてある通り、

他人の言動や起こる出来事は、サーフィンの波のようなものだと思ってください。

波は、あなたにコントロールすることができません。あなたの選択肢は、その波に乗るか乗らないか、乗るならどんな乗り方をするかです。

波が起こった原因を考えても意味がないし、どんな波が来るかは、あなたの責任の範囲ではないのです。

 

この辺が、深刻でどんより腰が重いと、しなやかに乗ったり乗らなかったりできないです。

だから

波動をよい状態に保つには、ある程度の軽さ=気楽さと明るさが必要

ですよね!

より気楽なぐっちへ。

 

ぐっち

セッション受付中♪

docs.google.com