ナチュラルなイキカタ

適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験しても、ひとりでインドにヨガをやりにいっちゃうサラリーマンが、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むと病気を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ大歓迎です!

ついに、あの人の、あの特集号が、発売されました

この一年、ぼくが最も影響を受けたと言っても過言ではない人。

うつ病の再発と回復にエネルギーを使い果たすスパイラルから抜け出すヒントをくれた人。

 

武田双雲さん

 

その武田双雲さんが、いま一番はどハマりしているのが、

 

現代アート

 

関連記事:ぐっち生まれて初めて現代アートを買う - ナチュラルなイキカタ

 

そして、その武田双雲×現代アートを、一冊まるごと特集した雑誌が!

12月6日に発売されました(≧∇≦)!!!

 

Discover Japan(ディスカバージャパン)2020年1月号です!

f:id:ketoraaa:20191208165128j:image

↑表紙

f:id:ketoraaa:20191208165203j:image

↑裏表紙。かぁーこっちまでしあわせになる笑顔。笑

 

いま世の中を元気にするのは、

この男しかいない

 

というすごいキャプション!

でも、実感したぼくには、あながち大げさな表現でもない。笑

 

武田双雲さんの書道家としての軌跡だけでなく、武田双雲さんが描いた200点もの現代アートがキャプション付きで網羅されてますので、武田双雲さんって?現代アートって?どんなもの描いてるの?がわかーりやすく書かれてます。

ぼくの買った作品も、154ページに掲載されてます☆

わーいわーい(*^^*)

f:id:ketoraaa:20191208165337j:image

個人蔵!笑

 

現代アートって、なんでわけのわからない素人が適当に描いたような絵が、何十億で買われるの?

そこには、現代の生を豊かにするヒントがあるような気がします。

昔は「わかる」ことに価値があったけど、現代は、「わからない」ことにも価値を見出した。

作品に触れ、日常に置くことでしか味わえない体感があるかもしれませんね。

 

ぐっち