ナチュラルなイキカタ

離婚と3回の休職を経験しても今が一番楽しいサラリーマンぐっちが、うつ病をきっかけにアップデートして、自然体で楽しく生きるためにあれこれトライするブログ。Twitter(@Naturalway_2019)で声かけてくれると喜びます♪

自分を変える方程式

ぼくは、シータヒーリングのセッションをきっかけに、3か月間、本心をベースにした行動をしてみて本来の自分が引き出されてきました。

 

実は、この「3か月」には根拠があるんです。

ある研究結果で、新しい習慣作りにかかる日数は平均66日だったそうです。

つまり、1か月単位で見ると、少なくとも3か月は必要ってこと。

 

ダイエット、勉強、早寝・・・

世間では数々の継続失敗談が語られる・・・

「三日坊主」

「継続は力なり」

という、習慣をテーマにした言葉は、大昔からある。

 

なんで習慣化ってこんなに大変なの?

 

答えは、脳の働き。

ぼくたちの人生を振り回すほどのスーパーパワーを持った感情「不安」の正体と同じで、生物としての人間に立ち返ると、答えが見えてきます。

関連記事:【自律神経】命を守る力「不安」 - ナチュラルなイキカタ

習慣を司っているのは、脳の中心部にある大脳基底核です。

f:id:ketoraaa:20191203164520j:image

この脳は、大きな変化を嫌がる特徴があります。

これまでと変わったことが起きると、身の危険が迫っているサインかもしれないと脳が認識するから。

人間は生物的に変化を嫌うってこと!

 

だから、この脳が抵抗しないくらいの「小さな行動目標」にして、新しい行動を受け入れさせることが習慣化のカギになるの!

まさに行動療法ですよ!

武田双雲さんは、1.01理論って言ってる。

いきなり10とか20じゃなくて、1.01だけの変化。

脳科学的にも、その方がやりやすい。

 

さらに、「習慣」が新しい物事を続けるのに影響する割合は、7割を超えて、「意思の力」は3割にも満たないということも分かっています。

要するに、「自分を変えるぞ」と強く願っても願っても、行動を超えることの半分以下の力しかない。

さらにこれが30歳を超えると、8割くらいは習慣で行動しているそうです。

 

ということは、

小さな行動を3か月積み重ねる

習慣が変わる

自分が変わる

というのが、実現の方程式っぽい。

 

これも、大昔の人はわかっていて、

「JUST DO IT」

「やっちゃえ日産」

という格言も残ってる。

 

・・・え?

大昔の格言じゃない??

あ、「案ずるより産むが易し」ですね。

 

これ、馴染みのある目標の立て方と逆ですよね。

よくやるのは、

大きな目標を立てる(10キロ減量!毎日3時間勉強!とか)

目標に向けて、毎日に必要な行動を決める

実際に行動する

でない?

 

これでいくと、大脳基底核が身の危険が迫っていると認識して、これまでの行動を続けようとする圧力がすごいはず。笑

これが、Tさんの言う「元カレ・元カノメール」というヤツや。

関連記事:Awakener Project「元カノからのメール」 - ナチュラルなイキカタ

 

これまでと同じパターンを繰り返しますか?

自分を変えたいですか?

あなたの0.01は何ですか?

 

あ、ぼくの主治医で、不安症・強迫症治療の第一人者の原井宏明先生が、クリニック開業1周年で2月8日に講演会やるみたいなので、詳細分かったらブログでも紹介します!

 

ぐつち