ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標は“うつ病の制圧”でなく、魂が望む仕事“ソウルワーク”をすることと気づく。うつ病か否かという二元論を超えて自然と調和して愛に溢れて過ごすために、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分の素直で無条件のパワーを引き出すため、小さな変化の積み重ねをトライ中。

シュリシュリ先生の知恵「スピリチュアルって何?」

わたしが長期セッションを受けているシータヒーリングのTさんのヨガの先生の先生であり、インドの政府からヨガ・シロマニ(悟りに達した崇高なる教師)にも認定され、NGO団体「アート・オブ・リビング(生きる知恵)」代表でもあるシュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカールさん。

f:id:ketoraaa:20190611221151j:image

http://lava-instructor.seesaa.net/article/414154922.html?amp=1

いま、そのシュリシュリさんの本を読んでいます。

魂に触れる言葉に感動したので、言葉の一部を折に触れて紹介していきたいと思います。

今回は、スピリチュアリティについてです。 

知恵のある人は、地球を大切な恋人のように思っています。地球が揺れようが、壊れようが、それはあなたにとって大切なものです。あなたはいつも地球からの恵みを受けています。その恩恵の中で生きています。

しかし、空間以外の四大要素、すなわち風や火や水や土は、ときに自然災害のような激動を起こします。あなたが救いを求めると、それらはあなたを揺さぶり、心を空っぽの状態に導いてくれるのです。あなたの中に空っぽのスペースができると、そこに神が存在できるようになります。外の世界でなく、自分の内なる空間に安心感を見い出すことが、スピリチュアリティというものです。

スピリチュアリティとは儀式のような何かを行うことではありません。それは喜びに満ち、高められた状態のことであり、この世界全体がスピリット、つまり意識であるということを知ることなのです。

 

ぐっち