ナチュラルなイキカタ

離婚と3回の休職を経験しても今が一番楽しいサラリーマンぐっちが、うつ病をきっかけにアップデートして、自然体で楽しく生きるためにあれこれトライするブログ。Twitter(@Naturalway_2019)で声かけてくれると喜びます♪

沖縄でセンタリング中(≧▽≦)

大好きな沖縄に来てます☆

f:id:ketoraaa:20190609090508j:image

f:id:ketoraaa:20190608225154j:image

ほんと、大好きなんでよね~(≧▽≦)

空気、時間の流れ方、景色、料理、そして人。

特に人ですね(*^^*)

ま、いまは梅雨なんで雨ですが。笑

自分の中の沖縄は、なんとなくセンタリングに来ているイメージです。

もちろん、サッカーをやりに来ているわけではありません。

f:id:ketoraaa:20190609090051j:image

https://sports-life-1.com/soccer-centering/

「センタリング」って、シータヒーリングのTさんとのセッションでも良く出てくるワードなんですが、みなさんどういうイメージですか?

わたしは、「自分の中心軸」とか「精神的なバランス・調和」という意味だと思ってます。

これ、どういうことかというと、

例えば自分の中心軸に「うつ病のわたし」を置いていたとします。

すると、ほんの少し心が動く夜のイベントがあったとしても、「『うつ病のわたし』だから、休養を最優先にしよう」と、小さな選択を積み重ねていくことになります。

「うつ病のわたし」という選択が積み重なれば、「うつ病のわたし」は自然と強化されていきますよね。

では、自分の中心軸を「自然と調和して愛に溢れたわたし」にしてみます。

同じような選択肢が目の前にあったとして、「自然と調和して愛に溢れたわたし」だったらどう選択するでしょうか?

「自然と調和して愛に溢れたわたし」がする選択を積み重ねていけば、何が強化されるでしょう?

これが、自分の中心軸のパワーです。

自分をセンタリングすることの大切さです。

ですが、日常的なルーティーン、例えば

満員電車での通勤

書類の作成や会議の調整などの事務作業

理不尽な社員や顧客からの横暴な要求への対応

時間の浪費の会議

などを繰り返すうちに、自分の中心軸は、「自然と調和して愛に溢れたわたし」から無意識に「抗えないルールの中で疲弊するわたし」へと書き換わっていきます。

そして意識することなく、いつの間にか「抗えないルールの中で疲弊するわたし」として選択するようになります。

これを、「自然と調和して愛に溢れたわたし」という理想の中心軸に調整する作業が、センタリングだと思っています。

自家発電で、場所は関係なくセンタリングできることが理想ですが、わたしがやろうとしているのは環境を変えたり、行動を変えることでのセンタリングです。

映画論だと「カタルシス」と言ったりしますが、日常的なルーティーンをいったんカッコに入れて、距離をとる、というイメージです。

すると、「あ、中心軸がだいぶ偏ってる」って気付けるような気がするんです。

自分から見えている視界だけではなかなか気づけないので、環境を変えて自分の上にドローンを飛ばし、上空から中心軸の偏りを俯瞰してみる感じでしょうか。

わたしにとっては、ヨガもそういう存在です。

 

でも、沖縄でも例の条件性情動反応出ましたけどねΣ(・□・;)

場所だけじゃないのかなぁ。

慌てずに、新しい治療を試していきたいです。

関連記事:あなたは断薬できません!向精神薬断薬のスペシャリストに会いに行く。 - ナチュラルなイキカタ

 

ぐっち