ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。たくさんの人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

Awakener Project「小さなことに感謝するゲーム」

自分の前にオレンジジュースが出てくることを奇跡って思ったことあります?

まぁ、わたしはなかったです。笑

でも、そういう「視点」から見たら、確かに、奇跡なんですよね☆

地球がある、土がある、雨が降る。

世界の誰かがオレンジを作っている。

それを、運ぶ人がいる。

ジュースを作る人がいる。

それを、コップに入れてわたしの前に持ってくる人がいる。

たかだか、ジュース一杯がわたしの前に置かれるのに、なんていう手間でしょうか!!

ここに意識を向けて、自分自身のデフォルト(初期設定)を感謝にしていくと、「自分はこういうポジションに居るから」とか「自分はこういう場所に居るから」という条件付きでないところで、自分が保てるようになる。

なるほど。武田双雲さんやTさんといった、直感的にわたしが惹かれる方たちみなさんに共通するパーソナリティかもしれません。

わたしの中の何かが書き換えられていくセッションは続きます。

 

ぐっち

自分の前にオレンジジュースが出てくる奇跡。笑

そこが、武田双雲さんの考え方でも、自分にはフィードバックできないステージなんですよ。

すごすぎて。

理屈はそうだけど、実際に湧いてこないしなって。

習慣がないからなんですかね。

Tさん

そうそう。

習慣化していったらすごい面白いわけ。

もうゲームと思って考える。

シータヒーリングにあるんだけど、今日ご飯食べるとしますよね。

食べる前に、「これがここに出てくるまでの全てに感謝してください」って言われたの。

牛ってことは草もだし、草生えてるってことは太陽とか地球も!って。笑

虫完全に受粉してるよねって。笑

ぐっち

そこまでイメージすることってないですもんね。

試したことないのに、なぜか意味ないって決めてつけてしまう。

スペシャルなことがないと感謝って生まれないものだと思ってましたけど。

Tさん

小さなことに感謝できてる人って、すでにスペシャルじゃない?

ぐっち

武田双雲さん、そうでした。

Tさん

Udemyのジミーさんもそうだし、わたしが会った色んな人みんなそうなの。

そしたら、自分もそうなっちゃえばいいじゃん。

ぐっち

そういう人は先天的にそういう人なんだと思ってました。

Tさん

違う違う。

3週間続けてもらえばデフォルトになります。

で、そのタイミングで脳が元カノを出してくるわけよ。笑

3ヶ月やれば、もはやここが普通になっていくわけ。

ぐっち

やりながら、俺バカなんじゃないって思ってる自分が想像できますもん。笑

Tさん

自然って移り変わってるわけじゃない?

だから、移り変わらないほうが辛いわけよ。

ぐっち

ほんの最近のことなんですけど、般若心経を紹介してもらって、移り変わることが本質なんだって思って、すごくシンクロしますね。

関連記事:現代とシンクロする般若心経 - ナチュラルなイキカタ

Tさん

その時代の人達も悩んでたんですよね。

自然と調和しない権力が出てきて。

だからもう答えを持った人はたくさんいるわけだから、スペシャルじゃないじゃん。

どの時代にもいるし、別にそれでいいわけじゃん。

ぐっち

そっか。別にスペシャルにならなくていい。

Tさん

みんながそうで、気づくっていうスイッチを押してると思ったらいいです。

それ楽しんだらよくない?

双雲さんみたいな人になろうってしなくていい。

ぐっち

誰かになろうとしちゃうんですよね。

Tさん

そう。なろうとしないことです。

それすごいわかるんだけど、そうするとまた違う自分像を作り出しただけじゃん。

だから、前のやり方と同じことなんです。

「自分を出さないように」ってさっき言ってくれたんだけど、そういう自分像を作ってたわけね。

それで苦しかったじゃん。

また違う自分像を作って、「なれないよー」ってなるじゃん。

そしたらまたうつ病になるから。

このパターンを繰り返してはいけません。

「なれないよー」の自分も認めちゃうし、自分の中のオリジナルで行くのが楽しいじゃんってことです。

ぐっち

自分のオリジナルにそんなに価値あるのってよく話してます。笑

つづきます。

 

ぐっち