ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標は“うつ病の制圧”でなく、魂が望む仕事“ソウルワーク”をすることと気づく。うつ病か否かという二元論を超えて自然と調和して愛に溢れて過ごすために、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分の素直で無条件のパワーを引き出すため、小さな変化の積み重ねをトライ中。

Awakener Project「元カノからのメール」

Tさんの質問で、明確に、「ゼロに戻るイキカタ」が理想じゃないというわたしの言葉が出てきました。

もちろん、どこを理想とするかは人によります。

そこはジャッジするものではありません。

ただ、自分の言葉かどうか、が大事です。

わたしの場合、30代にして残りのエネルギー残量を数える日々。笑

「もうこういう味気ない生活は十分です!」と、そこから目覚めてAwakener Project に参加したわけですが、いまも色濃くわたしの選択に影響を与えようとする「他人の価値観を優先しなさい」という以前の意識。

この以前の意識に翻弄されない方法は?

「救いたい」「助けたい」じゃないマインドで伝える?

たくさん?マークをかかえたまま、Tさんとのセッションは続きます。

 

ぐっち

30年以上付き合ってきた考えなんで、まだときどき顔を出しますけど。

昨日とかも出てきそうになって、「おうおう出てきてるな」って感じでしたけど。

Tさん

よかった。俯瞰できてるんですね。それはね。

前は飲まれてたでしょ。

ぐっち

確かにそうかも。

Tさん

それ、すごい成長です。

脳って、安全安心が一番なのね。

前いた場所があって、別に「あ、わたしっここだ」ってビジョンが見えたとします。

普通に直進していけばいいんだけど、前のビジョンが影響してくるから、前のビジョンがちょいちょい「寄ってきなよ」って赤提灯とか出してくるわけ。

f:id:ketoraaa:20190413094755j:image

(Tさんの描いたイラスト)

自分として出て来る場合もあるし、母親とか他人の言葉で出てくる場合もある。

それを「出てくるもんだ」って俯瞰して思ってれば、理想のビジョンに集中できます。

毎回、自分で「どうなりたかったか」って思い出せばいいです。

前のビジョンの赤提灯って、元カノとか元カレみたいなもんですから。笑

ぐっち

元カノからのメールみたいな。笑

Tさん

そうそう、それです!

今幸せなんだけどなって。

ぐっち

それなのに、「ちょっと会わない」ってメールが来る。笑

長く付き合ってきた相手ほど情はありますからね。ちょっと心動きますよね。

Tさん

それと同じことをしています。

それを俯瞰して見えたら、理想のビジョンへの道を見失わないじゃない?

こういう道を進もうとしているけど、甘い言葉でちょいちょい誘いが来てるって俯瞰して見える。

ぐっち

そういうときに、良質な言葉を持ってるってことがすごく大事だなと思ったのが、Tさんから「自然と調和して愛にあふれる」って言葉をもらって、それをいつも自分の中心に置くようにしてるんです。

そうすると、何かあったときに、「自然と調和している自分だったらどうするかな?」って選択できる。

Tさん

それはもうマインドセットされてますよ。

ぐっち

でもやっぱり、うつ病っていう恐ろしいものを知っていると、「またああなったら・・・」って思わなくはないんですよ。

つづきます。

 

ぐっち