ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標は“うつ病の制圧”でなく、魂が望む仕事“ソウルワーク”をすることと気づく。うつ病か否かという二元論を超えて自然と調和して愛に溢れて過ごすために、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分の素直で無条件のパワーを引き出すため、小さな変化の積み重ねをトライ中。

Awakener Project鋭意記事化中☆笑

こんにちは。ぐっちです。

シータヒーリングのTさんが行う目覚めさせる人を育てるプロジェクト。

Awakener Project

第1回目が3月30日土曜日、芝のセレスティンホテルでありました。

読者のみなさんにわたしの感じた新鮮な世界観をシェアしたいと、記事化を進めていますが、内容が非常に濃ゆいのと、会社が年度初めの混乱期で時間がとれないため、いまも鋭意執筆中です!

ここまで書いてる感じだと、10記事は超えそうな予感・・・笑

乞うご期待ください(^^)

3月のセッションの後も、「ありのままの自分を癒すこと」「怒りという感情と向き合うこと」「自分史を書くこと」という3大テーマでLINEセッションを続けてます。

これまで、あえて何かを眠らせることで、わたしの認識した世界との均衡を保ってきました。

本当の世界の豊かさとは無関係に。

ただ、その均衡はカリソメ。

わたしも、他人のフィルターで何層にも濾されたコーヒーみたいな「わたし」。

世界も、宇宙の中の地球の中のジャパンの中の小さな学校や会社を、これが「世界」だと思っていただけ。

爆発するような瞬間瞬間の喜びという感情も眠らせてしまいました。

それをカラダが、何度もサインを出して知らせてくれました。

おーーーい。はにまるくん。それは望んでいる生き方なのかい?って。

←元ネタ分かる人はいるかな。笑

Tさんが言うには、ぐっちさんは癒す側になると思うけど、それにはまず自分をしっかりと癒す必要があるとのことでした。

そのための、本当の自分と向き合う時間が、これからはじまります。

苦さも噛みしめますが、生きてるなーって感じてます。

それをシェアしていくのが楽しみです(≧▽≦)