ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標は“うつ病の制圧”でなく、魂が望む仕事“ソウルワーク”をすることと気づく。うつ病か否かという二元論を超えて自然と調和して愛に溢れて過ごすために、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分の素直で無条件のパワーを引き出すため、小さな変化の積み重ねをトライ中。

目覚めるスピリチュアル「Awakener Project」に参加♪

こんにちは。ぐっちです。

妻が昨年から行っているシータヒーリングTさんの長期セッション「Awakener Project」。

Tさんのように、魂が望む生き方に目覚めさせる人を育てるためのプロジェクトです。

なんと、先日の単発セッションの後、Tさんからわたしにも声がかかりました。

いやー。

悩みました。

なんといってもこれまで使ったことのないような高額。

しかも、何か形になる物を買う訳ではない。

1年前の自分なら、「ちょっと頭がおかしい」と思っていた行動。

できない理由がいくらでも出てきました。

でも、これまで使ってきた、なりたい自分になるための常識的なセオリーでは、わたしは苦しくなっていく一方でした。

例えば、

  • 努力は報われる。
  • 因果応報。
  • 働かざるもの食うべからず。
  • 浮かれていると足元をすくわれる。
  • 他人からどう見られているかを考えて行動する。
  • 苦しみを工夫で乗り越えた先に、成長がある。
  • 友達がたくさんいることが人間の魅力。
  • 謙虚は美徳。
  • 自分の短所を改善すると理想の自分に近づける。
  • 目標を定めて達成することが行動力。
  • 任されたことは責任をもって全うする。

などなど。

ということは、こうしたセオリーとは別のセオリーに、わたしが楽しく優しく豊かな人生を送るためのヒントがある可能性が高い。

いや、可能性しかない。

いままでやってきたものと同じことで、やってきたこととは別のセオリーを学ぶことは、豆腐屋でスペイン料理を学ぶようなもの。

だから、いままでやってなかったこと、タブーがスペイン料理屋なのかもしれない。

できない理由が出てきたときこそ、あえてそこに踏み出してみよう。

SandySPAさんで聞いたお金の話も、タブーの話も背中を押しました。

関連記事:お金の不安に翻弄される人に聞かせたいお金の話 - ナチュラルなイキカタ

関連記事:人生が変わるマッサージ「タブーの中に答えがある」 - ナチュラルなイキカタ

最後には、Tさんからのメッセージが決め手に。

Awakenerとは、『目覚めさせる人、覚醒させる人』という意味があります。

この魂の人は、自分が「新しい形のリーダー」であることで、

自分自身がますます活かされることを、知っておいて下さい。

全ては愛から始まって、愛のエネルギーが循環しています。

何かを発信したい!もっと自分らしく行きたい!と思うときに、

まず大切なことは、「自分を知ること」

そして「自分を愛で満たしてあげること」です。

自分の身体は一つ、大切な命、エネルギーを使って、

ソウルワーク=魂の決めてきた仕事を、成し遂げるには、取捨選択が必須です。

今、無意識にしている選択を、本来魂の望むものに変える為に、私の視点をアイデアの一つとして、どんどん使って下さい。

ぐっちさんは、癒される側から、

自然と調和して、自らが癒す側、エネルギーや愛を与える人になることが、このプランのゴールです。

「自然と調和して、自らが癒す側、エネルギーや愛を与える人になる」に、心が動きました。

実際にズズズって音を立てて動いたような気がします。笑

なりたい!って心が即レスしたんです。

さて、3月から7ヶ月のセッションが始まります。

まずTさんから出された「今を味わいきるワーク」を始めます。

いま目の前に見えるもの(パソコンなど)、いま感じていること(この仕事早く終わったなーなど)を、書き出していくワークです。

さあ、何がはじまるのか。

休職中はあれほどもう不可能性しかない存在と思っていたわたしという存在が、可能性に開き始めています♪