ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂の決めてきた仕事”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

目覚めのスピリチュアルセッション「今いる世界は、もう満ち足りている」

こんにちはぐっちです。

あれほど苦しかった世界が、とんこつラーメンだったという衝撃の展開。

シータヒーリングのTさんとのセッションはつづきます。

ぐっち:

ブログも、ある程度の方に読んでいただくようになって、それはそれでうれしくて、読者の方と関わりを持っていこうというトライもはじめているのですが、なかなか膨らみそうにありません。

Tさん:

自分が渡すもの、アイデアが大事です。

エネルギーは先出しなんです。

だから、まず自分がどんな世界に住みたいかが見えてくる必要があります。

でないと、そのエネルギーが乗っからない。

そこが漠然としていると、相手に伝わるものも漠然として、ごく少数には伝わるかもしれないけど、多くの人には届かないですよ。

本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」という本に、こういうエピソードが出てきます。

1000人の署名を集める話です。

ただお願いするだけでは、もちろん集まらない。

1000人集めないと終わらないと同情を引いても、集まらない。

ところが、署名してくれたら折り鶴をあげるようにすると、行列ができてすぐ集まります。

これは、折り鶴を先出ししているからですよね。

ぐっち:

なんとなく自分の理想の世界は見えていると思ってたんですが。

見えたとしても、どうしてもリアルな現実のエネルギーが乗ってしまう。

Tさん:

ぐっちさん、世界ってどういう風になってますか?

ぐっち:

え?

それは、素の自分を出して楽しい世界と、苦しい世界があって、自分の理想は楽しい世界です。

Tさん:

うけるー!爆笑

世界を二元論でとらえてますよね。

二元論は苦しいって知ってますよね。

理想の世界が「今ここ」とは別にあって、そこを目指すのだったら、それは修行ですよ。

ぐっちさん修行が好きだからなー。

去年「犬か自分か」って苦しくなったのも同じですね。

どっちかって二元論の世界で苦しくなっている。

どっちかじゃないんです。

自分も犬も愛で満たすんです。

犬も奥さんも、みんな一緒にハグするんです(^^)

世界だって同じです。

もう、この素の自分を出して楽しい世界で生きていることを味わうんです。

全員が素の自分を出して楽しむ可能性を持っている世界です。

f:id:ketoraaa:20190307120928j:image

そういう世界だったらどんな自分か。

現象があって自分が作られるんじゃないです。

自分の内面が現象として起きてくるんです。

自分の内面と世界には、明確な境界はなくて、グラデーションなんですよ。

ぐっち:

えっ!??

そうなんですか?

明確な境界を引いて、ノイズから自分を守らないとと思ってましたが。

Tさん:

守ろうとすると、固くなりますね。

それは、ぐっちさんが目指している自分ですか?

ノイズと感じるかどうかは自分次第です。

明確な境界があるんじゃなくて、相互作用なんですよ。

影響されることをわざわざ自分で選択しているんです。

されない選択もあります。

怒鳴る、キレる。

それは起こること、と認めます。

それこそが、世界の自然状態なんです。

ブラジルで雨が降ったら、フランスで雨が降ったら異常ですか?

それは世界の自然状態ですよね。

誰かが怒るのは、ブラジルで雨が降るのと同じです。

誰かが怒ることと、素の自分が輝く理想の世界とはイコールです。

誰の中にも喜怒哀楽がある。雨や雪があるように。

そして、自分の中にも同じように喜怒哀楽がある。

それが、「命がある」ということです。

感情を味わい、喜怒哀楽を楽しむための、命なんです。

だから人の喜怒哀楽が起きることは、その人がその感情を味わっているという、とても自然な状態なんです。

怒っている人は、怒っている状態を味わっている。

哀しさを3年味わうか1日味わうかは、その人の選択次第です。

喜ぶも哀しむも感情の深度は同じです。同じように大切に味わえます。

だからぐっちさんは、とにかく俯瞰することです。

守らなくていいんです。

「素の自分を出して楽しむ」というアイデアがあるということは、自分の中にそれがあるということです。

自分の中にあるものをエネルギーに乗せて、先出しする。

それは、「愛で満ち足りて素を出して楽しんでいる世界で自分がどうするか」ということです。

「苦しい世界で自分がどうするか」ということではありません。

エネルギーはシャンパンタワーと同じように流れていきます。

まず自分が満ち満ちて、自分のグラスを超えた分が身近な人に、それを超えた分がもう少し広がって、と流れます。

だから、一番近い人に、一番丁寧に接してください。

ヨガの教えに「家では清掃しろ。外ではリラックスしろ」というものがあります。

一番遠い人に一番エネルギーを注いでも、エネルギーの流れ滞ります。

まずは奥さんに毎日ハグして、奥さんの素晴らしいことをどんどん言葉に乗せてください(^^)

 

ひえー、すごいボリュームになりました。

俯瞰して、とは思ってましたが、そこまでとはって感じです。

何度も、全体像を。俯瞰して。と言われました。

つい、具体的な方法は?って枝葉のことを聞きたくなり、実際に聞いてますが(笑)、そういうことじゃないんですね。

朝起きたらもうカラダ中が愛で満たされている。

想像もしてなかったけど、それ最高に惹かれます。

でも、いきなりそこに変化するわけじゃないです。

そこは、スモールステップなのはこれまでのノウハウと一緒。

まず感覚を解放する。

そして解放された感覚を掘り下げて、自分を知る。

自分を知って見えてきた理想の世界で、自分を満たす(その世界の自分ならどうするか)。

満ちた自分から、身近な人にエネルギーを注ぐ。

本当の幸せな世界に近づいていく流れが、はじめて少しだけ俯瞰して見えたような気がします。

少なくとも、このステージには立ったことがない。

ということは、何が見えるのか知らない。

それは、試す価値ありってこと☆