ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標はうつ病の制圧でなく、魂が望む仕事"ソウルワーク"であることに気づく。うつ病をアップデートのサインと捉え直すだけで、これまでの世界観が変わり始める。行動のベースを「うつ病にならないこと」から穏やかに笑う理想の自分像に変えて、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分を生かすため、小さな変化の積み重ねにトライ中。

抗うつ薬レクサプロ減薬6日目。少しのめまいと頻便。

こんにちは。ぐっちです。

タイトルのとおりです。

耐えられないほどじゃないですが、めまいあります。

あと、便の頻度が増えてます。

一日3回くらい。

抗うつ薬の神経への作用が弱まり、カラダが薬がない状態での動きを模索しだしている感じがしますね。

やっぱりサインバルタ減薬時ほどのシャンビリ感、めまい、下痢はないです。

サインバルタの時は1日7回便が出たこともあります。

聴覚過敏は減薬を始めた時ほどではないようです。

それだけでも大分違います。

眠りは、浅めな日が続いてますが、減薬の影響というよりも、シータヒーリングとSandySPAのブログを書くのに夢中になって、夜遅くまでPCを使ってるからだと思います。

それだけPCは神経を過敏にするってことですね。

やはり、わたしのように眠りが安定しない方は、PCは眠る3時間前くらいまでにしておいたほうがよさそうです。

いずれにしろ、「明らかな悪化」というようなものは出ていません。

脳は3週間で変化しだすと言いますから、まずは3週間。3月23日あたりまでにどうかですね。

無条件、無目的、無計画は、あり方としては大事ですが、減薬・断薬のように目的がはっきりしたものの場合は、計画的にやります。

でも、カラダの変化はおもしろがりたいですね。

こうしてサインバルタとの違いを発信できてますし(^^)