ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標はうつ病の制圧でなく、魂が望む仕事"ソウルワーク"であることに気づく。うつ病をアップデートのサインと捉え直すだけで、これまでの世界観が変わり始める。行動のベースを「うつ病にならないこと」から穏やかに笑う理想の自分像に変えて、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分を生かすため、小さな変化の積み重ねにトライ中。

抗うつ薬レクサプロ減薬3日目。ほんの少し、聴覚過敏、中途覚醒っぽい症状。

こんにちは。ぐっちです。

レクサプロを10ミリから5ミリに減らして3日経ちました。

抗うつ薬や抗不安薬の離脱症状(正式には「中断症候群」というらしいです。)の出やすさはその薬の半減期によります。

半減期というのは、血液中の薬の成分が半分になるまでの時間。

半減期が短いほど、効果が現れるのも早いぶん、急激にカラダから抜けるため、離脱症状を起こしやすいという仕組み。

レクサプロは、半減期20時間以上(超有名睡眠薬ハルシオンの半減期は2〜4時間)で離脱症状が出にくいとは言われていますが、出るとしたら血中濃度がほぼゼロに近づく3日目あたり、そろそろかな・・・という感じです。

いまのところ、サインバルタの時に苦しんだめまい、シャンビリ感、下痢はまったくありません。

そこはちょっとほっとしてます。

どうかな、と思っているのが、

ちょっと音が気になる

深夜に一瞬目が覚める

というところ。

ただ、ここのところ確定申告やブログで夜遅くまでPCを使っていることも多く、色々新発見があった興奮で就寝時間も遅くなり気味なので、疲れからくる神経過敏もあるのかもしれません。

神経過敏については、意識しすぎるとそれはそれで神経を高ぶらせるため、何が原因なのかが分かりにくいです。

サインバルタの時は、2か月近くたってからの聴覚過敏(これも、離脱症状かストレスかは不明)だったので、長い目で様子を見ていきます。

軽い気持ちで~とは思いつつ、意外とドキドキなのでした。