ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂が喜ぶこと”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

出会いは最高のよろこび

こんにちは。ぐっちです。

沖縄スピリチュアル旅3日目。

4日目は朝7時半!の飛行機で帰るので、実質最終日。

f:id:ketoraaa:20190113214608j:image

宿からすぐの海から、少しだけ朝日がのぞきました。

この日はガンガラーの谷に行って、那覇に戻り、安宿で早朝の飛行機に備える以外はノープラン。

ガンガラーの谷までバスを乗り継いで行くつもりが、オーナーに送ってもらえました(^^)

宿オーナーがノープランのわたしに勧めたのが、那覇にある護国寺参拝。

沖縄の人は干支をとても大切にしていて、それぞれの干支には守り本尊と言われる仏様がついており、その仏様にお参りするのがスタンダードらしいです。

で、すべての干支の守り本尊を祀っているのが、護国寺。

護国寺で、わたしの干支である戌年の本尊、阿弥陀如来にお参りしてくるといいよー。

とオーナー。

おお!それはナイスアイデア!

この旅のしめくくりにとてもふさわしいです。

ただ、本来は、首里城の周りに別々の干支の守り本尊を祀る寺が5つあって、その自分の干支のところにお参りできるといいね、と。

ほほー!そういうところがあるとはますますおもしろいです(^^)

そんなこんなでガンガラーの谷。

f:id:ketoraaa:20190113220228j:image

f:id:ketoraaa:20190113220526j:image
f:id:ketoraaa:20190113220530j:image
f:id:ketoraaa:20190113220533j:image
f:id:ketoraaa:20190113220522j:image

ここは、もともと洞窟だったのが、屋根が落ちて出現した谷。

巨大なガジュマルなど、幻想的な光景がひろがります。

沖縄の方は自然の造形に霊性を見出すのか、数百年前のお墓もたくさんあります。

それは数万年前かららしく、港川人という原始人もここで発掘されました。

f:id:ketoraaa:20190113220845j:image

ここが発掘された場所。

周りが石で囲まれています。

少し旅の疲れもあり、那覇へのバスは爆睡。

f:id:ketoraaa:20190113221025j:image
f:id:ketoraaa:20190113221052j:image

那覇について、感性のままハンバーグ&パンケーキランチ(^^)

時間があったので、護国寺ではなく首里城の方に行くことにしました。

実は、首里城も初めてです。

わたしの干支、戌年の場合、達磨寺というところが該当するようでしたので、首里城近くの達磨寺へ。

f:id:ketoraaa:20190113221259j:image

f:id:ketoraaa:20190114055650j:image

まだ初詣で賑わってました。

東京の初詣だと年齢層高めなイメージですが、沖縄はみなさん若いです。

そして、みんなこぞって御守りを買ってます!

見た感じとても信心深いようには見えない方もたくさん。

それだけ身近な存在なんですね。

オーナーに言われていた通り、自分の住所と名前だけでなく、両親の住所と名前、自分の干支も伝えてお祈り。

御守りも、干支ごとにあるみたいで、おもしろいのでわたしも買いました。

f:id:ketoraaa:20190113221536j:image

こんな感じです。

その足で、首里城へ。

f:id:ketoraaa:20190113221847j:image
f:id:ketoraaa:20190113221851j:image
f:id:ketoraaa:20190113221854j:image
f:id:ketoraaa:20190113221857j:image

普段こういう建物は、ふーんと思うことが多いのですが、グスクに入ってるんだ・・・という実感が湧いてきて、昔の光景に思いを馳せておもしろかったです。

f:id:ketoraaa:20190113222011j:image

夕食は沖縄名物ステーキ!!

有名だという88という店。

まったく期待してなかったのですが、注文したテンダーロインステーキは、赤身肉で柔らかくさっぱりとしてかなりおいしい(^^)

ちなみに、寝るだけのこの日の宿はこんな感じ。

f:id:ketoraaa:20190113222146j:image

こういうところに泊まるのも初めてでしたが、ま、不便でした。笑

でも2,000円なのでオッケー!

スピリチュアル旅、まさか「本心からの行動」を強く後押しされる旅となりました。

不思議だし、つながるって本当におもしろい。

どれほど優れた建物よりも、美しい自然よりも、人と人とのつながり、出会いというものは、わたしにとってこの上ないよろこびなんだと、じんわりと実感しました。

昔、被災地で働いていたときに親友になったOくんから言われた言葉を思い出しました。

ぐっちさんは、ほんとうに人間が好きなんですね。

そっか。

人間が好きなんだ。

でも恐れてた。

ネガティブなつながりにエネルギーを使いすぎてすり減ってた。

それが、本心からの行動を始めてポジティブなエネルギーのつながりを感じて、少しずつ溶けていく。

今回の旅で出会ったすべての方に感謝です。