ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂が喜ぶこと”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

我が家は家事を外注するという選択をしました。

こんにちは。ぐっちです。

昨年末から、さまざまな事情があって、生活スタイルに変化がありました。

まず、去年夏に神経過敏であきらめた犬との同居を再びはじました。

真冬のいまは、犬と人間のリズムが合わせやすく、とりあえずスムーズにいってます。

もう一つの変化が、食事を妻の実家に頼っていたのを、自炊することになったことです。

2018年前半は、わたしが全て担っていましたが、さまざまな負担と重なり、三度目の休職となりました。

その経験も踏まえ、今回は家事代行をお願いすることになりました。

この話をすると、「えー金持ち!」「そのお金があったら別のことに使う」という定型的でやや非難めいたリアクションを、既にだいぶいただくこととなりました。

しかし、「自分を上機嫌にしておくということに、わたしたちは責任がある」と考えるといかがでしょうか?

まず一つ考えておきたいのが、フルタイムの共働きで家事を完璧にこなすというのは、不可能に近いということです。

我が家には当てはまりませんが、ましてそこに育児が入ってくるとなると、ほぼミッションインポッシブル。

いま風に言うと、無理ゲー。

「でも、世の中の大半の人はやってるじゃないか」と言われそうです。

それを成し遂げているのは、「ガマン」や「忍耐」に他なりません。

THE昭和。

男性性の時代。

もし、炊事をやらなくていい状況になっても楽しいから炊事をやる、というのであれば、それはいいと思います。

わたしも、小さな楽しさは見出していました。

でも、ほとんどの人は「自分の時間」を削って、「みんなやっているから」と言い聞かせて、耐えてこなしているのではないでしょうか。

さらに、日本が泥沼の不景気にハマるにしたがって、このガマンや忍耐の程度も上がっていきました。

家事は人が生きていく上でどうしても必要なことなのですが、すべての家事に真摯にむきあっていると、時間が追いつきません。

すると、余裕がなくなる。

余裕がなくなると、不機嫌になる。

不機嫌になると、嫌なこと探しを始める。

嫌なこと探しをはじめると、すべてがうまくいかない、ように感じる。

我が家でも、家事を自前でやってやれなくはないです。

実際2018年前半はわたしが毎日作ってました。

でも、それは余裕を失わせる。

わたしの神経は気づくとだいぶすり減っていました。

もし朝食作りや子育てもあるとしたら、ぞっとします。

炊事、洗濯、掃除の三大家事のなかで、特にウェイトが大きいのは、どう考えても炊事です。

炊事というとワンワードで、さも洗濯や掃除と同レベルに見えますが、実はその中に、

  • 献立を考える。
  • 買い物に行く。
  • 料理を作る。
  • 食器を洗う。

という4つの作業が含まれているから。

これをトータルすると、ゆうに一日仕事になります。

そういう意味では、洗濯も、

  • 洗濯する。
  • 干す。
  • たたむ。
  • アイロンがけ。
  • 収納する。

という5つの作業が含まれており、なかなかです。

掃除はロボット掃除機で、洗濯は乾燥機やクリーニングでそれなりに省力化しているので、わたしたちは炊事の家事代行をお願いすることにしました。

お願いしたのはタスカジさん。

3時間で1週間分の作り置きを作ってくれます。

費用はお願いする相手によりますが、3時間8,000円前後です。

これで、丸一日分の作業から解放されて、おいしい料理が食べられて、上機嫌でいられるなら、わたしはその価値があると思います。

ちなみに、「えー金持ち!」「そのお金があったら別のことに使う」と言った人たちは、飲みに行くのが大好き。

実は、週に1回飲みに行くのとほぼ同じ費用なんです。家事代行。

2人分の飲み代と考えると、家事代行の方が安いかも。

まあ、何に価値を見出すか、カレーライスが好きかライスカレーが好きかの差です。

良し悪しではありません。

武田双雲さんの話では、ベトナムでは家政婦やベビーシッターは当たり前で、親が家事をやったり子育てをすることはまずないそうです。

子育てでも、かわいい一場面だけを接して、あとはベビーシッターに任せる。

だから、親はいつも上機嫌。

金切り声で子供を怒鳴ることもない。

「いやいや、子育てのつらさもひっくるめて向き合うからこそ、親の義務を果たしてるんでしょ。そんなんじゃ子供は愛情不足でひねくれるよ!」と、なんとなくもやもやしましたか?

わかります。そうですよね。

でも、2017年度の児童虐待対応件数は、135,000件です。

13万件ですよ。

なんででしょう?

親がますます頑張るべきでしょうか。

わたしはそうは思いません。

実は「子供が生き生きと成長する」ことが目的だったものが、「子育てのつらさを味わう」にいつの間にかすり替わっているからです。

こういうこと、ものすごくたくさんあります。

仕事で必要な形式的なルールも、ほとんどそうです。

時間に追われている。お金に追われている。

そんな時に限って、子供がグズる。

なかなか歩かない。買って買ってとうるさい。

爆発しますよ。

そりゃそーですよ。

自分ができそこないの親だからじゃないです。

わたしたちの親世代が子育てをした30年前、40年前は、まだ日本は好景気だし、専業主婦が当たり前だし、国際競争もITもなくて世の中はのんびりしてました。

その時代と同じようにやろうとして、同じようにいかないのは自然なことです。

話がそれましたが、そんなわけで今週からタスカジさんにお願いしてます。

3時間でタスカジさんが作ってくれたのが、

ででーん!

f:id:ketoraaa:20190107202933j:image

わたしにはとても3時間で作れません!

すごい!!!

そして、びっくりするくらいうまい(*≧∀≦*)

脱帽です。