ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。たくさんの人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

2018年は、変化の年になりました。

こんにちは。ぐっちです。

2018年、みなさんはどんな年になったでしょうか。

実は、年の初めに、わたしは4つの目標を立ててました。

  1. マインドフルネスワークショップ参加
  2. オンライン英会話の講座2週間受ける
  3. 一度サーフィンにいく
  4. 睡眠薬なしを2週間試す

ところが、実際の2018年はこういう年でした。

  1. マンション売却、引越し
  2. 3度目の休職
  3. シータヒーリングをきっかけに「本心からくる行動」をはじめる
  4. 沖縄一人旅
  5. 武田双雲オープンセミナー合宿参加

どれ一つ、1月には計画もイメージもしていませんでした。

比較してみると、当初のイメージの方が、だいぶこじんまりとしています。

現実は、計画を超えます。

ただそのとらえ方で、超えたときの心地は正反対です。

もし、わたしのようにガチガチに計画していれば、そこから外れていく現実に不満と不安が高まるでしょう。

ですが、何が起きるんだろうと、マインドフルネスに、眼の前の感覚に関心を持っていると、イメージ以上の現実に驚くことになります。

武田双雲さんのセミナーに出て、一番刺激を受けた発想です。

www.artofnaturalway.com

未来に向けて「理想のイメージ」という小さな点を設定しても、最上級に良くてその小さな点にしかならない。

それどころか、思い通りいかないことにイライラ、ムカムカ。

2018年の前半は、そういう年でした。

だったら、小さなことを転がしながら、目の前のことを楽しむ、おもしろがるほうが、その一年は楽しくなる。

2018年の後半はそういう年でした。

「いつか楽しいことをやる」のではなく、「今楽しいことをやる」の先に楽しいが続く。

シータヒーリングをきっかけに武田双雲さんや山口ユウスケさんの言葉に背中を押されて、見違えるように世界が輝きだしました。

自分のイメージを超えることが起き出しました。

わたしは、こっちで行きたいと強く思いました。

2019年は、「戦うを止めてゆるめること」をテーマに1年実験してみたいと思います。

まずは、2月17日のナチュラルオープンサロンです!

みなさまの申込みお待ちしています(^^♪

docs.google.com