ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂が喜ぶこと”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

感動の中国料理店が、小田原にあります。

こんにちは。ぐっちです。

JRの広告のようなタイトルでスミマセン。

シェアしたくなるレストランがあります。

このおいしさを、たくさんの方に味わってほしくて、つい話したくなるレストランがあります。

これも、ポジティブなエネルギーの循環なのかも。

おいしいね。うん、おいしい。

ポジティブなエネルギーの循環って、言葉は難しいですが、「よろこびの共感」なのかもしれません。

小田原にある「歩歩路(プープールー)」は、まさにそういうレストランです。

f:id:ketoraaa:20181225212132j:image

わたしたち夫婦は、節目節目に訪れています。

もう5回目くらいになるでしょうか。

以前は築地にありましたが、小田原に移転して1年になります。

結婚前の両家の顔合わせもここでやりました。

誕生日もお祝いしました。

「歩歩路」さんの中華を食べて、中華に対するイメージがガラッと変わり、結婚式に中華を選びました。

今回は、12月24日、クリスマスディナーにやってきました。

「え?わざわざ小田原まで食事だけにいくの!?」と思われるかもしれませんが、小田原まで行くのが楽しみで仕方ない、そういうレストランなんです。

中国料理ですが、大皿でドンと出てきて取り分けるのではなく、少量多種をお箸で食べるのが特徴です。

今回は、季節限定の上海ガニのコースをいただきました。

レストランは、小田原駅から歩いて5分くらいのところにあります。

究極、至高、絶品、極上、至福。。。

どの言葉を尽くしても、しっくりきません。

一番しっくりくる言葉は、「感動」

一品一品に込められた愛情が、おいしさとなり、体内に吸収されて化学変化を起こし、幸せとなってカラダ中を巡ります。

春菊と牡蠣などの意外な組み合わせが、昔からの定番であったように相性抜群で、口の中が新鮮な刺激で満ち溢れます。

一品口に運ぶたびに、眼を見開いて夫婦で顔を見合わせました。笑

そして一言。

ん~おいしい(≧▽≦)!!!

f:id:ketoraaa:20181225212044j:image

自家製フルーツシロップソーダからいただきました。

f:id:ketoraaa:20181225212210j:image

上海ガニを紹興酒につけたもの。

蟹味噌が苦手なわたしでも、深い味わいでめっちゃおいしい!

f:id:ketoraaa:20181225212350j:image

名物!前菜の盛り合わせー(*≧∀≦*)!!!

見てくださいこの彩り!

それぞれが個性的で最高にうまいんです!

地元の食材もふんだんに使われてます。

手間が味に出てます。

f:id:ketoraaa:20181225212725j:image

ハーブを混ぜた烏龍茶。

すごくさっぱりして中華にぴったり。

f:id:ketoraaa:20181225212907j:image

ホタテに上海ガニのソースをあえたもの。

優しい奥深くて味でこのタイミングに最適。

ソースも絶品ですから、これで白米食べたいくらい。

f:id:ketoraaa:20181225213106j:image

メインの牛肉は、なぜこれほど程よい弾力に仕上がるのか不思議。

f:id:ketoraaa:20181225213201j:image

そしてー!!!

フカヒレの姿煮!に、上海ガニのソース。笑

なんて贅沢なコンビネーション(≧∀≦)

もちろん白米もついてますよ。

テンションあがりまくりです。

f:id:ketoraaa:20181225213430j:image

お腹に余裕があれば、麺も追加でお願いできます。

シンプルイズベスト。

鶏出汁ラーメン。

スープも飲み干したくなります。

f:id:ketoraaa:20181225213710j:image

デザートにも手抜きはありません。

あーーーみなさんにも味わってほしい!!!

これが、幸せがはじけそうな状態なのでしょうか!?

1回の食事でそこにもってくる「歩歩路」さん、すごすぎます。

ご夫妻のお人柄も大好きです!

季節ごとに訪れたいです。

f:id:ketoraaa:20181225213924j:image

ちなみに、奥さんに紹介していただいた小田原の雑貨屋さん「sent.」さんも最高でした。

わたしは、高級ホテルでも恥ずかしくないブックカバーを買いました。

pu-pu-ru.com