ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

お金の不安に翻弄される人に聞かせたいお金の話

こんにちは。ぐっちです。

さて、「仕事が辞められない」と始まったサンディースパの施術。

「お金は配給」というわたしの固定観念に対して、ユウスケさんが話し出したのは、熊手の話でした。

f:id:ketoraaa:20181222212553j:image

毎年11月の酉の市に売られる熊手。

これ、次の年は前年よりいいものを買う、というルールのある厄介な代物。

作りもチープだし、なんの役にも立ちません。

それなのに安くても数千円。高いものだと数十万円です。

そんな熊手を、5年以上買っているというユウスケさん。

それ、「役に立たないものにお金を使う」という体感を得るためだそうな。

どういうことかというと、

お金は、役に立つものに使われるわけではない

ということ。

ダイヤ、金、スピリチュアルなセッション、フェラーリ、高級ホテル、ブランドバック、どれも役に立つか立たないか、でいったら・・・立ちませんよね。

なくても困りません。

ところが、ものすごい強気の値段が付けられます。

一方で、ティッシュ、トイレットペーパー、卵、パソコンなどなど、どんどん値段が下がっていきます。

これらは、生活に必須の、「役に立つもの」です。

お金は、金属や紙の形をとっているので、物質的な、損得の象徴のようにわたしたちは思い込んでいますが、実はそうではないようです。

役に立たないものでお金を使う人たちは、役に立つからお金を出すのではない。

何とお金を交換しているか。

それは、楽しかった、ありがとう、満足した、心地よかった、というポジティブなエネルギー。

現代は、この「ポジティブなエネルギーの循環」と、「物質的なお金の循環」を別物だと切り離してしまい、物質的なお金の地位の方がはるかに高くなっています。

f:id:ketoraaa:20181221195256j:image

しかし、物質的なお金に執着すると・・・、支出を減らそう減らそうとして、人間性自体も小さくなっていきます。

なんとなくイメージできますか?

身近に、そういう方はいませんか?

いわゆる「ケチ」「せこい」ですね。

しかし、お金=エネルギーと考えれば、どうでしょう。

f:id:ketoraaa:20181221195316j:image

物質はいつか底をつきますが、ポジティブなエネルギーが底をつくことはありません。

使うことも、もらうこともハッピーです。

「ありがとう」「大好き」って言われたらうれしいですよね。

それと同じです。

それを、熊手で身をもって体感しているのが、ユウスケさんなのです。

つまり、熊手の購入は、お金のレッスンだったのです!

はーびっくり。

目から鱗。何枚も。落ちる。

自分が熊手を絶対に買わないと思っている人は、「熊手にお金を使う人なんかいない、バカだ」と思っています。

それでは、絶対に熊手で商売はできません。

スピリチュアルなセッションに2時間3万円も使うヤツはバカだと思っている人も、スピリチュアルなヒーラーにはなれないでしょう。

物質的なお金の循環の中にいるからです。

でも、世界にはそうでない循環がある。

むしろ、そっちのほうが多い。

それを、現実感をもって体感するのが、自らそこにお金を使うこと。

何か行動を起こすときも同じです。

物質的なお金とエネルギーを切り離し、お金中心で動けば、大金を貯めるか借金しないと動き出すことすらできない。

動き出すことはスタートラインにすぎないのに。

しかし、ポジティブなエネルギーと考えれば、大好きなもの、楽しいこと、心地いいことをシェアしていると、それがポジティブなエネルギー(=お金)の循環を生みます。

マネタイズ(お金化)と好きなことをやることは一体。

その最も手っ取り早い体感方法が、ユウスケさんにとっては「熊手」だったのです。

人間についても同じです。

「自分は役立たない」と悲観する人、多いですよね。

わたしもそうでした。

でも、これまで書いたように、役に立つか立たないか、ということは実はたいした意味はなかったのです。

自分に価値があるから、自分のしゃべる話が役に立つから、人は自分にお金を払うわけではない。

まったくの斬新な視点。

先日、サロンを立ち上げてみることにした背景には、このアドバイスがありました。

www.artofnaturalway.com

サロンに人は集まらないかもしれない。

それでも、世の中にポジティブなエネルギーを発信できたことは、貴重な体感です。

ユウスケさんの考えでは、お金を生み出すのに大切なことは3点。

好きなこと、得意なこと、世の中のニーズ

この3点がそろえば、十分に生業になるそうです。

つづきます。