ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。たくさんの人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

時代を超えるサンディースパ

こんにちは。ぐっちです。

なんちゅー濃密な3日間だったんでしょう。

15、16日が双雲塾セミナー合宿。

17日がサンディースパ。

気づきが多すぎて、ブログ化が追いつきません笑

少しずつアップして行きますので、しばしお待ちを。

とりあえず昨日の妻と行ったサンディースパで一つ言えるのは、

サンディーにはそのステージステージに合わせた気づきがある

ってこと。

山口夫妻、おそるべし笑

うつ病真っ只中でも、生き方を見直す気づきのはじまりでも、その後の下降期でも、一通り本心からの行動を経験した後でも、その時のサンディースパが現れてきます。

だから、いまは行くタイミングじゃないかも、というような躊躇、心配は無用です。

まるで、すぐれた芸術作品のようです。

良質な小説や映画は、見るとき見るときの自分の背景に合わせて、その姿を変えます。

だから、時代も超える。

今回の領収書メッセージは、こちら。

f:id:ketoraaa:20181217232729j:image

ゲスくてもいい。

詳しくは、後日アップします!

今回も、5時間近くのセッションを記憶だけで振り返りますので、どうなることか笑

みなさまには、録音をおすすめします!

とりあえず、妻も、おもちのようになった肩を体感してました。

いや、ニワちゃんの言ってることもぐっちの言ってることも、そんなことないだろーと思ってた笑

と。

それが体感の力強さ。

体感したものは有無を言わせません。

このゆるぎない体感が、背中を押すエネルギーになります。