ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の37歳サラリーマン。何度もうつ病の再発を経験し治療に取り組みながら、自分の目標は“うつ病の制圧”でなく、魂が望む仕事“ソウルワーク”をすることと気づく。うつ病か否かという二元論を超えて自然と調和して愛に溢れて過ごすために、精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、ありのままの自分の素直で無条件のパワーを引き出すため、小さな変化の積み重ねをトライ中。

ここ数年の願い叶う!サーフィン初体験!

こんにちは。ぐっちです。

ここ数年、やりたいと思い続けてきたサーフィンを、ついに体験できました(≧▽≦)!!!

f:id:ketoraaa:20181127222223j:image

去年、「サーフィンを1回やる」を年間の目標の一つにしてたくらい、サーフィンに興味ありました。(去年は結局できず)

ヨガをやっている人でサーフィンをやる人が多いこと。自然と調和してはじめて成り立つところ。

が興味が沸いたポイント。

もちろん、スポーツのおもしろさには自分の能力を高める面もあると思いますが、自然との調和が必要なものは、自分だけではままならない奥深さがあります。

サーフィンもそうだし、乗馬(一昨年北海道で経験)もそうかもしれません。

一体感を得た瞬間のよろこびは、代え難い爆発力があります。

なんとなく新しいことをはじめるのって、勢いが必要です。

3つのキ。「元気、勇気、時」

見逃しがちなのが、時。タイミング。

これが整わないと、いくらがんばってもどうにもならないときがあります。

どれかが整わず、サーフィンを「いつか」って先延ばしにすること数年。

「いつかを今に」というフィーリングになって、会社の友人と話していたら、友人もサーフィンに興味ありました。

それだったらぜひ一緒に!と勢いもついて、2人がOKな日程もあって、3つのキが整いました。

場所は、初心者にちょうどいいという鵠沼海岸。

奇遇にもサンディースパと同じ場所です。

朝5時半に起きて、新しい体感にトキメキながら鵠沼海岸へ向かいます。

つづきます。