ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

やりたいことは今やってみる!沖縄気ままにぽかーん旅(5日目)

こんにちは。ケトラーです。

本来は東京に帰る沖縄旅5日目をむかえました。

今日は不幸に咲く幸運と出会えました。

f:id:ketoraaa:20180929085723j:image

この日の昼過ぎの便で帰るはずでしたが、前日夜になって、欠航の連絡がありました。

雨男ならぬ、嵐を呼ぶ男の面目躍如。

カンボジアでは、恵のスコールを降らせたこともあります。

このままいくと、嵐とともに東京に帰る予定。

今日明日欠航となると、帰れるのは明後日、30日の日曜以降。

読谷から那覇まではバスで90分。

動きやすいように那覇にいっておくか、読谷に止まるか。

そもそも抗うつ薬の調達をどうするか。

飛行機を払い戻すか振り替えるか。

振り替えるとしても、台風は東京に向かうから、いつの便に振り替えるか。

1日から復職だけど、あきらめて休んでゆっくり帰るか。

それでも1日も東京はどうなるかわからないから、3日から復職になる?それはさすがにしょっぱなからどうだろう。

考えることがたくさんあって、どれから手をつけてよいものやら・・・。

そんなときミツヨさんが、

復職しなくていいよー
薬もやめたらいいさー
って、神様が言ってるんですよ。
どうしよう、じゃなくてこれでまた新しい体験ができるって考えましょ。

って笑顔で言ってくれて、少し冷静さを取り戻しました。

少なくとも、もう今日明日は飛行機は飛びません。

どうあがこうとも、沖縄滞在を伸ばすしかありません。

そこをもんもんとしても、エネルギーの浪費です。

それを前提に、

まずは、飛行機です。

飛ぶ可能性のある便はみんなどんどんとっていくはず。

飛ぶかどうかは別として、押さえるだけ押さえておかないと。

さっそくバニラエアでフライト変更を申し込もうとすると、

f:id:ketoraaa:20180929084435j:image

すでに満席・・・。

ANAも満席。残っているのは夜遅い便だけ。

それはさすがに翌日しんどい。

JALは、1席だけ空いてる!

バニラエアの倍額だけど、体験するエネルギー注入!!

お金って言わないで、体験するエネルギーと言い換えると、使うときに罪悪感ないかもしれません。

関連記事:責任は、重いものじゃない。自分を生かすこと。シータヒーリングのセッションをやってきました。 - ナチュラルなイキカタ

人知は尽くしたので、あとは天命を待つのみ。

天候はわたしのコントロール外のことです。

関連記事:【問題解決法】目標を立てては挫折を繰り返している皆さん!目標設定の3つのコツがあるんです! - ナチュラルなイキカタ

バニラエアの払い戻しの手続きをして、これでとりあえず一つ問題が片付きました。

次は、宿です。薬を手配するにも、読谷の病院にあたるか、那覇の病院にあたるか。

那覇に移動するバスが止まると困ると思ってましたが、バスは暴風域じゃないと止まらないとのこと。

バスが止まった時は飛行機も飛ぶはずないってことです。

念のため那覇の宿を調べてみるも、これといって条件のいい宿は残ってません。

それであれば、無理に移動しないで、居心地のよいここに引き続きお世話になろう。

延泊の了解をとって、さて薬です。

ガクさんに聞いたら、近くに村の診療所があるとのこと。

ただし内科です。

とりあえず電話して事情を話したところ、抗うつ薬の処方OKとのこと。

f:id:ketoraaa:20180929090545j:image

さっそくOKしてくれた読谷診療所に向かい、診察を受けます。

お医者さんは親切で、台風について色々教えてくれました。

世間話できるとは、流れ作業の東京の病院とはだいぶ違います。

まさか沖縄で病院にお世話になるとは、人生は面白い。

処方箋をもらい、今度は抗うつ薬レクサプロを扱っている薬局を探します。

すると、なんと1軒目、診療所のとなりの薬局で扱ってるとのこと!

いやー、ラッキーが続きます。

f:id:ketoraaa:20180929090903j:image

沖縄で無事レクサプロゲットです!

飲まなくても大丈夫なのかもしれませんが、復職を前にしたここで中断症状を起こすかもしれない選択をするタイミングではないと思いました。

関連記事:抗うつ薬の減薬に挑戦中!! - ナチュラルなイキカタ

これで、飛行機、宿、薬の問題が片付きました。

一安心です。

薬剤師さんも優しく、

台風前は、みんなおにぎりとかパンとかストックするから、早く買いにいった方がいいよ

と教えてくれました。

急いでスーパーに向かうと、

f:id:ketoraaa:20180929091428j:image

おぉ!おにぎり完売間近です。

f:id:ketoraaa:20180929091522j:image

レジにも行列が!

聞いといてよかったー。

台風で欠航になっても、台風が運んできた縁はあるし、ラッキーは続くし、感謝がたくさんあります。

翌日こもれるだけの食料を買い、宿に戻り、もうすぐチェックアウトの昨日話したミナミさんと、ミツヨさんガクさんで記念写真。

f:id:ketoraaa:20180929092130j:image

右がミナミさん。

家庭の外での人との交わりが苦痛だったのがウソのようなわたし。

そういう不思議な安心感に満たされて過ごしてます。

宿選びに迷っていたところ、妻から直感だよと言われて、最初に気になったリトリートハウスAcha-neに決めてよかった。

読谷にきてよかった。

わたしは、うつ病であることも、休職中であることも包み隠さずオーナーのお二人に話しました。

でも、何も肩身の狭い思いをすることはありませんでした。

のびのびとした自分でいられました。

写真の表情を見ていただけば分かると思います。

ちなみに、2日目にあったジェイジェイの飼い主さんは、ミツヨさんガクさんの知り合いであることが判明!

古着屋さんを営む読谷のオシャレ番長だとか。

さらに、この日はミツヨさんの誕生日!!

2018年9月28日って、8がたくさんあってなんとなく節目にはいい誕生日です。

おめでとう!

さて、バニラエア予約の際になんとなく加入した保険に、欠航保障があって、JALに変更した追加費用ほどではないですが、宿の延泊代にはなりそう。

f:id:ketoraaa:20180929092414p:image

人生プラマイゼロってわたしの妻の口癖です。

安心したわたしは、沖縄の天ぷらが食べられるという近くの都屋漁港にある「海人食堂」へ。

風は強いですが、雨が降るまで楽しみます。

f:id:ketoraaa:20180929092000j:image
f:id:ketoraaa:20180929091957j:image

天ぷらはもずくと魚。

衣がもちもちして、ほんのりスナック的な味が付いてておいしい。

f:id:ketoraaa:20180929093653j:image

さすがに観光客もほとんどいません。

お腹も満たされて宿に帰りながら、近くに気になったパンケーキ屋があることを思い出します。

午後から明日いっぱい宿におこもりする予定なので、デザートにパンケーキいっちゃおう(*≧∀≦*)

f:id:ketoraaa:20180929093629j:image

そして、「ヤッケブース」へ。

軍関係っぽい外国のお客さんも多かったです。

食べられないと思っていたパンケーキまで食べられて、台風さまさま。

宿に帰り、午前中のバタバタからか、いつのまにか眠りの世界へ。

f:id:ketoraaa:20180929093935j:image

夕食は、ミツヨさんたちが炊いてくれたご飯を、ガクさんの地元長野の胡椒唐辛子みそで食べます。

これが甘辛くてめちゃウマ(*≧∀≦*)

ご飯によく合います。

夜は台風でたまたまこちらに泊まることになった方からイリオモテヤマネコの話を聞いたりしました。

ガクさんの話では、沖縄の人は、台風がくると休みになるから、前日は遅くまでお酒を飲んで楽しむそうです。

沖縄で台風で亡くなった人はいないとか。

宿にアリンコが増えてきたなーと思ったら、台風前はアリンコも建物に避難してくるのだとか。

自然の流れに逆らわずに生きてます。

大雪でも台風でも、満員電車で通勤通学しようと大行列を作る生活と、あまりにも対照的です。

このゆとりが、豊かな心を育てているのかな。

自然と同じで、一度失うと、取り戻すのは容易ではありません。

あちゃーね!