ナチュラルなイキカタ

うつ病生活7年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

やりたいことは今やってみる!沖縄気ままにぽかーん旅(4日目)

こんにちは!ケトラーです。

ぽかーんとしてきた沖縄旅も、4日目を迎えました。

翌日は移動日ですから、実質ラストぽかーんデイです。

f:id:ketoraaa:20180928223446j:image

この日はゼロから形になっていくことのワクワクに触れる日になりました。

朝は電車の定刻も何もないのでよんなーよんなー(ゆっくり、まったり)に過ごします。

お昼より少し早い時間に、パン好きのケトラーさんに超オススメというパン屋の「水円」に向かいます。

昨日かなり自転車をこいだので、今日はほどほどにしておきます。

他にも行ってみたいパン屋があって、カフェにパン屋に、読谷おそるべし!

f:id:ketoraaa:20180928224424j:image

水円のためならえーんやこら

と、汗をかきかき急な坂を登り続けます。

f:id:ketoraaa:20180928224516j:image

写真では分かりにくいですが、風がかなり強くなってきました。

強い台風24号が近づいてます。

風にもめげず水円を目指します。

f:id:ketoraaa:20180928224649j:image

ついたー!!!

あれ?クローズ?

マンガのタイトルかな?

まさかの臨時休業でした笑

気ままな旅の醍醐味です。

わざわざ中からスタッフらしき人が出てきて、丁寧に説明してくれました。

お店の雰囲気最高です。

f:id:ketoraaa:20180928224833j:image

水円さんで飼われているロバにあいさつ。

f:id:ketoraaa:20180928224913j:image

開店していると、こういうパンが食べられるみたいです。

おいしそう。

で、急遽行き先を近くのやちむんの里へ変更。

思わぬ遠出となりました。

さらに坂を登り。

f:id:ketoraaa:20180928225110j:image
f:id:ketoraaa:20180928225113j:image

やってきましたやちむんの里。

ガクさんが修行していたところ。

里の中心には登り窯。

工房が連なります。

びびっとくるやちむんを妻へのプレゼントにしようと、情報なしのフィーリングで探します。

ギャラリー囍屋ってところの青いやちむんがすごくステキなんですが、多分売り切れで棚はスカスカ。

偶然にも、サンディースパの山口ユウスケさんもここのやちむんが気に入っていたみたい。

サンディースパのブログ:【沖縄読谷村】一生モノのうつわを探しに「やちむんの里」へ行ってきました。(ギャラリー囍屋) | 心と体が感動するスウェディッシュマッサージ 鵠沼海岸の邸宅サロン

ついでに里の人に、この辺でオススメの食事処を聞きます。

すると、近くにある「ゆいまーる」が、地元でも人気の沖縄料理のお店という話が。

しかも、併設された共同販売センターで、たくさんやちむんを販売しているそうです。

これはぜひそこへ!と、さらに自転車を走らせます。

この間、一台も自転車を見かけません。

f:id:ketoraaa:20180928225743j:image

f:id:ketoraaa:20180928225643j:image

ゆいまーるに着くと、ワンコの熱烈歓迎を受けました。

看板犬かな?

なんか、ワンコと縁があります。

ん、あれ?ゆいまーる暗くない?・・・。

まさか×2の定休日でした笑笑

やちむん販売センターもお休み。

今回の旅ではやちむんとは縁がなさそうです。

こうなったらそこにこだわっても仕方ありません。

関連記事:コンクリートジャングルをサバイバルするための、あきらめ力 - ナチュラルなイキカタ

f:id:ketoraaa:20180928230145j:image

開店していると、こんな郷土料理が食べられるみたいです。

だんだん散歩番組みたいになってきました笑

そういえば、淡路島から来た方が、やちむんの里の近くに行きたいカフェがあるって話をされてました。

f:id:ketoraaa:20180928230259j:image

3軒目にしてブランチを食べられたのは、「群青」。

濃厚なピザでした。スムージーおいしかった。

結局片道5キロと、昨日と勝るとも劣らない道程に。

帰り道、さっきの犬を見かけます。

f:id:ketoraaa:20180928231955j:image
f:id:ketoraaa:20180928231957j:image

看板犬じゃなくて、野良犬だったみたい。

人懐っこそうに笑っているのに・・・

帰りは下りで楽チンです。

f:id:ketoraaa:20180928230542j:image

で、一旦宿に戻って、ミツヨさんとガクさんに連れて行ってもらったのは、建設中の新しい宿!!

f:id:ketoraaa:20180928230722j:image

f:id:ketoraaa:20180928230743j:image

全ての部屋から海が望め、木々に囲まれた最高のロケーション(*≧∀≦*)

f:id:ketoraaa:20180928230832j:image

ミツヨさんが手作業で塗っているワラの漆喰。

手作業の温もりが良い味だしてます。

f:id:ketoraaa:20180928230929j:image

洗面台にはやちむん!

完成したらどんな宿になるんだろう、とワクワク。ときめいてきます。

すごく良い気が流れそう。

新しい宿の名前は「ムチョスビエントス」

スペイン語で、たくさんの風って意味。

風が集まって、心や何かを動かしていく。

アーユルヴェーダの風です。

名前の話をするときの、ミツヨさんのキラキラした瞳がすごく印象的でした。

f:id:ketoraaa:20180929081220j:image

宿から見える景色をバックに3ショット。

二人の顔の小ささが際立ちます。

宿に送ってもらい、夜までまだ間があったので、気に入ったユーバンタ浜に向かうことにしました。

向かいながら、さっき濃厚ピザを食べたからか、アイスが食べたくなりました。

f:id:ketoraaa:20180928231513j:image
f:id:ketoraaa:20180928231516j:image

で、ちょっと寄り道して「ジェラートカフェイソラ」へ。

店員のお姉さんと、ほんとはビーチでジェラート食べたかったんですよー、なんて話していると、

もめんばるビーチがわたしも大好きなすごくきれいなビーチだから、ぜひ行ってみてほしいです

って。なんと。

それは行きたい。

また宿からちょっと離れて高低差もあるけど、お尻はかなり痛くなってきたけど、見てみたい!!

f:id:ketoraaa:20180928231804j:image

お姉さんありがとー!

f:id:ketoraaa:20180928232249j:image

米軍施設を横目にもめんばるビーチへ。

実は、ユーバンタ浜ともめんばるビーチは、一続きの海岸なんです。

でも、その間には巨大な米軍施設があるので、海岸づたいにお互いの浜を行き来することはできません。

f:id:ketoraaa:20180928232837j:image

f:id:ketoraaa:20180928233035j:image

写真奥のけもの道をおりるとビーチです。

もめんばるビーチをお姉さんがオススメしたのは、ビーチの両端に大きな岩があって、天然の高台になっているから。

f:id:ketoraaa:20180928233033j:image
ビーチも海も見渡せます。

このビーチはかなり広いです。

見ての通り、ここもほぼマイプライベートビーチ状態!!

ここから夕陽をみたら、さぞ美しいでしょう。

お姉さんに見せてもらった動画は息を飲むような夕陽でした。

f:id:ketoraaa:20180928233150j:image
f:id:ketoraaa:20180928233153j:image

f:id:ketoraaa:20180930204254j:image

そして、お約束の犬の歓迎笑

あまりに懐いているので、飼い主と勘違いされました笑

シートをひろげて、ぽかーん。

今日は瞑想をしてみました。

前に穂高の養生園でやった、鼻の感覚に集中する瞑想です。

他のことに意識が飛んだら、また鼻に戻す、を繰り返します。

ふと目を開けると、

f:id:ketoraaa:20180928233524j:image

ひかりの道がわたしのところまで。

曇りながらも太陽がつながりを届けてくれました。

ちょうど帰ろうと思った頃に雨が降り出してきたので、宿に帰ります。

夜は最後のアーユルヴェーダと、チベット医学に基づくマッサージ。

はじめての経験でしたが、トントンと規則正しいリズムで背中、手、足を優しく叩いていきます。

すると、次第に体の緊張がすーっとほぐれてきます。

自律神経が整うのを感じます。

これって、古代のタッピングタッチでは!?

関連記事:【自律神経】最も簡単なセルフマッサージ「タッピングタッチ」 - ナチュラルなイキカタ

ミツヨさんも、お母さんが子供を寝かしつけるときにトントンと背中をたたくのと同じことって言ってて、なるほどそういえばそうだなと思いました。

これこそ知識じゃなくて知恵の結晶ですね。

f:id:ketoraaa:20180928234505j:image
f:id:ketoraaa:20180928234500j:image
f:id:ketoraaa:20180928234502j:image

沖縄の豚肉のうまさを知ったわたしは、夕食に「ぶたや黒将」で豚肉を堪能。

ここはかなりの人気店とのことで、開店と同時に電話して予約しておきました。

旨みがすごい!

しゃぶしゃぶも食べたかったー!

二人前からなので断念しました。

f:id:ketoraaa:20180929001340j:image

賞状やトロフィーがたくさん飾ってあったので、よほど質のいい豚肉なのだろうと思ってみたら、すべてバレーボールでした笑

帰ると、横浜から泊まりにいらしたミナミさんとタイミングが合い、お話しでききました。

台風が近づいているので宿泊を一日早めたってことで、台風が運んでくれた縁です。

沖縄の話から始まって、気づけばわたしのうつ病の話もすっかり打ち明けてました。

ミナミさんのこれまでの出会いの話はとっても多彩で、話がつきません。

昨日も偶然お互いが笑いかけたオーストラリア人と一緒にご飯を食べにいったそう。

一日500万の稼ぎをいとも簡単に捨てた友達の話

沖縄でのお茶専門店開業を目指して東京で修行した友達の話

面白い理念をもつカメラマンの話

シアトルの礼拝の話

野草ジュースの話

どれも聞いたことないような世界の話で、話の引き出しに目を丸くするばかりです。

そうした強い個性を持った友達に憧れて、自分にはこれってものがない、いかに凡人かを嘆いてらっしゃいましたが、わたしはこうした豊かな友達との出会いを引き寄せるミナミさんの力に非凡さを感じぜずにいられません。

そもそもこの宿に来たのも、ガクさんとの偶然の出会いから始まってるそうです。

そういう不思議な魅力を持たれてるし、本当の凡人は自分のことを凡人って思わない人だと思います。

すごくいい素材はたくさん集まってるから、あとはタイミングだし、いまの楽しさの先に、これってものは形になるって武田双雲さんの話をしました。

関連記事:とらえ方を変えるだけで人生が変わる!武田双雲さんの「ポジティブの教科書」 - ナチュラルなイキカタ

20代中盤で「実行」の大切さに気づいているのはすごい!

気づけばもう寝る時間。

あー、ステキな一日だった。

 

と思いきや、ハプニング発生!!

f:id:ketoraaa:20180929000510j:image

翌日の復路便欠航のお知らせが届きました(TT)

28日までは大丈夫だとタカをくくっていたのですが。

ついに直撃することになったようです。

まてまて。

抗うつ薬は今日までの分しかない。

10月1日の月曜からは復職。

帰宅するはずだった明日の翌日の通院はどうする?

30日には飛ぶのか?いや、列島縦断だから、沖縄を越えても東京の飛行場がダメだろ。

28日飛ぶって言ってる早い時間の便はもうみんな満席。

こういうとき飛行機どうすんの?

宿は??

旅の醍醐味、ハプニングがはじまりました。

この日は遅いので、とりあえず寝ることにします。

あちゃーね。