ナチュラルなイキカタ

うつ病生活6年目の36歳サラリーマン。多くの人にナチュラルな生き方の心地よさを知ってほしい。精神科の薬の断薬・減薬、認知行動療法からスピリチュアルまで小さな行動の積み重ねをトライ中。つらい思いで苦しむ人の心が少しでも軽くなるように体験をシェア。ゆるりと更新中。

冷え性の原因は睡眠薬??

こんにちは。ketoraaaです。

やっとの思いで断薬した5年飲んだ睡眠薬と抗うつ薬。

関連記事:【睡眠】自分に合わせた減薬で、睡眠薬が断薬できた!コンディションも快調。 - ナチュラルなイキカタ

関連記事:抗うつ薬の断薬ができた小さな工夫 - ナチュラルなイキカタ

3度目の休職に入り、いまはどちらも再開してます。

内訳は、変わりました。

以前は、

抗うつ薬:サインバルタ

睡眠薬:トリアゾラム(ハルシオン)

漢方薬:半夏厚朴湯

だったのが、

抗うつ薬:レクサプロ

睡眠薬:ゾルピデム(マイスリー)

漢方薬:半夏瀉心湯

に変わりました。

f:id:ketoraaa:20180831101830j:image

変更は、自分から主治医に提案しました。

サインバルタは離脱症状が長かったことと、ハルシオンはQOLに関わる症状が複数あったことから変えました。

睡眠薬は、休職当初、自分的にQOLに影響が少なかったルネスタで試しましたが、寝付きには効果が薄く、消去法でマイスリーにしました。

関連記事:寝つけない。不眠。もしかして。 - ナチュラルなイキカタ

抗不安薬のジアゼパムは、休職中で神経疲労が少なく、突発的な不安に襲われることがないため飲んでいません。

再び睡眠薬を飲むようなって、確信したことがあります。

わたしの場合、睡眠薬で冷え性になっているということです。

f:id:ketoraaa:20180831101021j:image

以前冷え性に悩んだことは書きました。

関連記事:【自律神経】その頭痛、めまい、ダルさ、疲れ、天気病かもしれません - ナチュラルなイキカタ

冷え性克服のために様々なことを試しましたが、最終的には睡眠薬の断薬でウソのように冷え性が消えました。

それが、睡眠薬を飲み始めることによって再び冷え性になりました。

それから、首がカチカチにこってます。

血流が悪くなってるのかな?とも思いました。

特徴的なのが、足はヒエヒエなのに、膝裏や手、頭は汗ばんでいること。

特に夜が強いです。

血流ではなさそう。

更年期障害の症状に近いです。

多分、自律神経のバランスとかホルモンバランスの乱れによる症状と思われます。

マイスリーやハルシオンの処方上の副作用には書かれてませんが、わたしの中ではほぼ確信です。

薬剤師さんは、精神的なコンディションの影響で血流が悪くなっているのではないか?といっていましたが。

ですが、だから睡眠薬を飲むとダメだとは思いません。

優先順位です。

何時間も眠れずに毎日モンモンとするのは、心がすり減る日々です。

それであれば、無理してさらに心をすり減らして重症化させるよりは、まず薬の力を使って最優先の課題に対処していくのは立派な決断です。

そして薬の力を使っている間に、行動を工夫して自然なペースで眠る力を取り戻し、次第に減薬していければ十分です。

薬を飲むことに悲観的になりすぎて、挫折感を味わっても、経験上何も生まれません。

ただし!漫然とした長期服用や多剤処方については、主治医とよく話し合う必要があると思います。

あるがままの自分を大切にして、いまこの一瞬を味わい、リアルタイムで起きたことに対処していきます!

関連記事:うつ病の最終的な再発予防は、リアルタイムで起きたことに対処していくこと。 - ナチュラルなイキカタ