ナチュラルなイキカタ

宣伝ゼロで10万PVを超えたポジティブ技術実験ブログ。何度もうつ病の再発を経験しながら、自分の理想は“うつ病の完治”でなく、“魂が喜ぶこと”と気づく。うつ病か否かという二元論を超えて、自然と調和して愛に溢れて過ごすために、向精神薬の断薬・減薬、認知行動療法、ヨガ、旅、スピリチュアルまで、自分のありのままで無条件のパワーを引き出す小さな変化を楽しんでます♪

一日6時間労働、週3日勤務で十分。そんな地域が作れないかな。

そういうことを夢想している追い詰められているketoraaaです。

たぶん、タイトルみたいなことを考えてる人って、日本だけでも数百万人はいると思ってるのですが、どうでしょう。

その人がその人らしく生きるために必要な条件は、最低週5日勤務、一日8時間労働じゃないですよね。

それが最適な人は、それが自然なのでなんの問題もないんですが、それがしんどい人には、しんどすぎますよ。

私たちの自治体はそうです!という差別化した自治体があれば、移住したい。。。

十二分に経済圏としては成立するニーズはあると思います。

要は、同調が大前提の暮らしが息苦しくて仕方ないんです、わたし。

でも、潜在的に刷り込まれた固定観念があるから、同調できなければできないで、恐ろしい、寂しい、自分ダメって感覚にも苛まれます。

日本って、こういう国を目指してたんですかね。