ナチュラルなイキカタ

適応障害、うつ病、自律神経失調症で3度の休職を経験しても、ひとりでインドにヨガをやりにいっちゃうサラリーマンが、試行錯誤の中で気づけた「素の自分を引き出して楽しく生きるヒント」について書いてます。最初から読むと病気を前向きに受け入れていく変化が分かって面白いので、よかったらじっくり読んでみてくださいね。コメント&Twitterメッセージ大歓迎です!

一日6時間労働、週3日勤務で十分。そんな地域が作れないかな。

そういうことを夢想している追い詰められているketoraaaです。

たぶん、タイトルみたいなことを考えてる人って、日本だけでも数百万人はいると思ってるのですが、どうでしょう。

その人がその人らしく生きるために必要な条件は、最低週5日勤務、一日8時間労働じゃないですよね。

それが最適な人は、それが自然なのでなんの問題もないんですが、それがしんどい人には、しんどすぎますよ。

私たちの自治体はそうです!という差別化した自治体があれば、移住したい。。。

十二分に経済圏としては成立するニーズはあると思います。

要は、同調が大前提の暮らしが息苦しくて仕方ないんです、わたし。

でも、潜在的に刷り込まれた固定観念があるから、同調できなければできないで、恐ろしい、寂しい、自分ダメって感覚にも苛まれます。

日本って、こういう国を目指してたんですかね。