私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

大企業で働くことに翻弄されて消耗し、うつ病で2回の休職と復職を経験したketoraaaです。私がうつ病の治療で出会って感動した、肩の力が抜け、足りているものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心を持った自分に近づくための小さな工夫をご紹介します!【毎週末更新】

【認知療法】羽生結弦選手の認知療法的考え方に感動

こんにちは!

ketoraaaです。

ピョンチャンオリンピックみてますか??

羽生結弦選手の劇的な復活、震えました。

ところで、私はインタビューから垣間見える羽生選手の物事の捉え方が、とても認知療法的なことに感動しています。

オリンピックは、とてつもない注目、期待、四年に一回という開催間隔から、魔物に囚われる選手が多く、それがまたドラマを生み出しています。

そうした周囲からの期待について羽生選手は、上からくるものと考えれば押しつぶされるが、後ろからくるものと考えれば、背中を後押ししてくれると言っていました。

また、逆境も自分を成長させる糧になるので好きだとも言っていました。

まさに認知療法!

物事にある複数の見方のバランスを見事にとっています。

羽生選手は、小さな思考の分岐点を、一つ一つ金メダルという大きな目標に向かって選択したのだと思います。

金メダルという結果は特別なものですが、こうした思考の一つ一つは、私たちも実践することができます。

関連記事:【認知療法】認知療法とは何か - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

まして、それを23歳という年齢で身につけている羽生結弦選手は、本当にすごい。

いまの教育のあり方のなかで、この考え方を身につけるのは容易ではありません。

関連記事:【認知療法】学校が息苦しい皆さん!大丈夫!正しいか正しくないかという旧時代の二元論からの脱却して、自然にいきましょう - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

羽生選手が認知療法を意識しているかどうかはわかりませんが、連覇という偉業を成し遂げた選手が認知療法的考え方を持っていることに勇気付けられますね!

こうした、物事を複眼的な視点からみる考え方が、もっと広く知られて、多くの人が自分を縛るものに気づいてくれたら、と思います。

最初からお読みいただける場合は、こちら↓

関連記事:紙一枚分の厚さの工夫を積み重ねることで、生きる力になる - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫