私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

大企業で働くことに翻弄されて消耗し、うつ病で2回の休職と復職を経験したketoraaaです。私がうつ病の治療で出会って感動した、肩の力が抜け、足りているものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心を持った自分に近づくための小さな工夫をご紹介します!【毎週末更新】

【睡眠】不眠に悩む皆さん!寝室がリビング代わりになってませんか?

こんにちは!

ketoraaaです。

前回までは、自律神経を整えるシンプルな習慣を紹介していきました。

今回からは、私の体調にとって最も大事な睡眠についてお話ししていきます。

睡眠は、人生の三分の一を占める人間にとって大切な時間です。

よく言われる例えですが、人生70年として、20万時間弱を布団の上で過ごしていることになります。

意識がないので軽視されがちですが、20万時間というと、私たちの生活の質への影響は少なくはありません。

私はうつ病になる前から、睡眠に悩みを抱えていました。私に限らず、日本人は睡眠に悩みを抱える人の割合が多く、平成27年の厚生労働省の調査では、「日中、眠気を感じた」という人が男女ともに3割を超えていました。

私の場合、どうにも頭が熱を持って寝付けず、そのまま布団で横になっているうちに翌日の仕事のことを考えてより頭が熱を持ってきて、そのことに焦ってますます眠れない、というパターンでした。

大学生までは、何をどうしても眠ってしまったのに、つくづく人間の体質というのは変わっていくものだと思います。

睡眠薬を飲み始めてからも、寝つきにはとてもムラがありました。朝の4時や5時に目が覚めることもよくありました。

これまでに書いてきたようなことを色々試してみても、そこだけは変わりませんでした。

ですが、復職から1年余りたった12月、主治医のシンプルなアドバイスによって次第に改善してきています。

それは、朝早く目が覚めてしまい、しかもその時には、なんとなく手元に置いてあるスマホを始めて目が冴えてしまうと相談しているときの「スマホを寝室に持ち込まないようにしてみては?」というアドバイスでした。

スマホは、見ている内容はもとより、そのライトが脳を覚醒させ、睡眠薬の効果を減じてしまうそうです。

手元にあると使ってしまうので、寝室に持ち込まないように物理的に遠ざけるか、チャイルドロックするか、ガラケーに変えてしまえばよいということでした。

ここでも「物理的な区切り」が出てきました。

関連記事:【自律神経】掃除が面倒な皆さん!継続する習慣のコツは一日10分です - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

このアドバイスで、理由なく「スマホは常に自分の近くに置いておかなければいけない」という固定観念に縛られていたことに気付くことが出来ました。

これも、コロンブスの卵でした。

このスマホを寝室に持ち込まないというルールが私には馴染んで、だんだん習慣になっていきました。

もし、なかなかそのルールが守れないということであれば、ガラケーにしてしまうのも手だと思います。

それ以前から、先に書いたようなメールを見ないことや、他にも、寝室をぼんやりとした暖色系の明りに変え、寝る前の読書、アロマといった習慣を続けていましたので、これらと相まって、このアドバイスから半年くらいで、4年くらい悩んでいた寝つきはかなり改善しました。

最初からお読みいただける場合は、こちら↓

関連記事:紙一枚分の厚さの工夫を積み重ねることで、生きる力になる - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫