私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

大企業で働くことに翻弄されて消耗し、うつ病で2回の休職と復職を経験したketoraaaです。私がうつ病の治療で出会って感動した、肩の力が抜け、足りているものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心を持った自分に近づくための小さな工夫をご紹介します!【毎週末更新】

【自律神経】そのめまい・頭痛、自律神経の不調かもしれません

こんにちは!

ketoraaaです。

さて、何日かにわたって掲載してきている自律神経について、参考になる記事がありましたのでご紹介します。

記事:めまい、頭痛…心療内科医が教える自律神経不調のケア|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

こちらの記事もありますが、めまい、頭痛、吐き気、動悸、暑くもないのに汗が出るといった身体症状で、耳鼻科などを受診しても原因が分からないものは、ストレスによる自律神経失調(昔の言い方で言う神経衰弱)の影響が考えられます。

また、身体症状まで現れた時は、既に限界を迎えた時のSOSサインです。

まさに私が体験した、電話の音にも耐えられない神経過敏は当てはまっています。

このブログでもお伝えしているように、こういう症状が出たから「自分は弱い」とうことはありません。

理屈や他人の評価・評判でがんじがらめになって見失ってしまった、自分を知るきっかけです。

関連記事:うつ病予防の工夫に共通するのは、人間は自然な生き物という人間観だった - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

この記事でも、深呼吸など、だいそれた最新技術ではなく、地道な暮らしのコツが紹介されています。

私も、言われれば当たり前だけれど実際に実践はされていないくらいのことしか紹介していません。

繰り返しになりますが、なぜなら、実体験として自律神経を整えることに効果的だったのは、そのような方法を、「いちいちわざわざ」やることだったからです。

そのためにも、いま息苦しさを感じている方は、身体の発するサインをキャッチして、まずは実践!(行動に失敗はありません。)

なにからでもいいです。

深呼吸でも、マインドフルネス瞑想法でも、スリーグッドシングスでも、半身浴でも、一日10分の家事でも。

ご自分が興味をもったものから。まず一つ。

大きな結果は大きな行動の先にあるのではなく、小さな些細な行動の集まりです。

そして、ご自分の変化を丁寧に観察してみてください。

ほんの少しでも、身体が軽くなった、気持ちが楽になった、いい感じがする、という変化があれば(できれば10段階で数値化するとより分かりやすいです)、それは自分にとって大事な道しるべになってくれます。

関連記事:したいことしてますか?それは、しなければならないことではないですか? - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

最初からお読みいただける場合はこちら↓

関連記事:紙一枚分の厚さの工夫を積み重ねることで、生きる力になる - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫