私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫

大企業で働くことに翻弄されて消耗し、うつ病で2回の休職と復職を経験したketoraaaです。私がうつ病の治療で出会って感動した、肩の力が抜け、足りているものに満足し、小さなことを楽しむ、しなやかで強い心を持った自分に近づくための小さな工夫をご紹介します!【毎週末更新】

【人間関係】周りに当たり散らす人を人と思うとしんどい

こんにちは!

ketoraaaです。

今日も面白い記事?を見つけたので、ちょっとインターミッションです。

人間関係については後で詳しく書こうと思ってます。私たちのストレスの大半は人間関係からですから。

辛い仕事でも人間関係がうまくいっていれば、なんとか乗り切れたりしますが、その逆は、、、乗り切るのはとても難しいです。

そんな時は、ちょっと視点をズラして物事を見ることで、ふっと自分を縛る固定観念・強迫観念から自由になれたりします。

その環境から逃れることもとても大事ですが、その問題を人間関係という枠組から外してしまう、例えば、こんな見方はどうでしょうか。

 

tweet : Twitter発。誰かにとって心に響く『有益な助言』ツイート - NAVER まとめ

 

tweet : Twitter発。誰かにとって心に響く『有益な助言』ツイート - NAVER まとめ

 

私は、あ、面白いと思いました。

これで急に全てが好転するわけではありませんし、当たり散らされてすぐこう思うことは難しいと思います。

ですが、人間関係の悩みは相手への期待や自分への反省がもとですから、それらをやめてしまうと、答えのないぐるぐる思考から、早めに自分を守ることができます。

こういった視点を自然と取れるのも、紙一枚分の練習の地道な積み重ねです。

最初からお読みいただける場合は、こちら↓

関連記事:紙一枚分の厚さの工夫を積み重ねることで、生きる力になる - 私の自然な生き方に近づく紙一枚の工夫